オフィスで仕事中のロングヘアーの女性

これから派遣エンジニアとして働くことを考えている方は、時給が気になるものですよね。

一般的な派遣の仕事と比べて派遣エンジニアは高給だと耳にしたことがある方も多いでしょう。

とはいえ具体的な金額を把握しておかないと、今の仕事より収入が減ってしまうリスクもあります。

そこで今回は、派遣エンジニアの時給相場や平均年収について詳しくご紹介します。

これから派遣エンジニアを目指している方はもちろん、現在派遣エンジニアとして活躍している人も是非参考にしていただければと思います。

派遣エンジニアの時給相場は約2,000円

お財布を持って喜んでいる女性

派遣エンジニアの時給相場は約2,000円となっています。

お住いの地域によっても差はありますが、時給2,000円を軽く越えている案件も多く、比較的高給といえます。

また、ひとことで派遣エンジニアといっても、より専門的な知識が求められるシステムエンジニアやプログラマー、サーバー構築では時給3,000円以上の案件も少なくありません。

反対にヘルプデスクなど、専門知識を求められない案件の場合は、時給1,500円前後の案件もあります。

派遣エンジニアの中では時給が低めに設定されているヘルプデスク業務でも、一般的なオフィスワークと比べれば高い時給であることは間違いありません。

ヘルプデスクの仕事内容については、以下の記事をご覧いただけるとわかりやすいですよ。

ヤッター

スキルや経験が求められるものの、時給3,000円を超える案件はどう考えても魅力的ですよね。

同世代の平均年収を越えられる人も多い

派遣社員として働くことに抵抗を感じる人も少なくありません。

派遣だと年収が下がってしまうのでは…?と心配されがちですが、派遣エンジニアであれば同世代の平均年収を超えられることも多いです。

平均年収を超えられる要因としては以下の2つがあります。

  • 時給単価が良い
  • 労働時間が長い

それぞれの理由を詳しく解説していきます。

時給単価が良い

先ほどもご説明した通り、派遣エンジニアの中でも専門知識が求められる職種は派遣エンジニアの平均時給と比較して2倍以上の時給になることも少なくありません。

案件によっては正社員のエンジニアと比較しても、時給換算した場合であれば派遣エンジニアの方が遥かに高い報酬を得ていることもあります。

一般的な事務派遣やオフィスワークの場合、時給がそこまで高くないことやボーナスの支給がないこともあり、同世代の平均年収を越えられないことも多いです。

その点、経験のある派遣エンジニアであれば、ボーナスの支給がなかったとしても正社員時代の年収を越えることも不可能ではありません。

うーん

正社員として働いていると、スキルはあるのに年功序列の会社で年収が上がらない…といった壁にぶつかることも。

労働時間が長い

時給単価の高さに加えて、エンジニアの特徴としてよく挙げられる労働時間の長さも年収が高くなる理由のひとつです。

システムエンジニアやプログラマーの場合、繁忙期であれば一ヶ月の残業時間が100時間に到達することもあります。

他の職種と比べて36協定を意識しないといけない職種です。

労働基準法は労働時間・休日について、1日8時間、1週40時間及び週1回の休日の原則を定め、これに対して同法第36条は「労使協定をし、行政官庁に届け出た場合においては、その協定に定めるところによって労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。

三六協定の基礎知識 – 労務安全情報センター

基本的には座ったままの作業なので、肉体的疲労は少ない仕事といえます。

エンジニアの仕事が好きな人であれば、プライベートの時間は減るものの、楽しみながら働けるでしょう。

また、派遣エンジニアは基本的に残業代が全額支給となっていることも大きなメリットです。

正社員として働いていると、みなし残業として実質的なサービス残業を強いられていることも少なくないのです。

ダメー!

エンジニアの世界に限らず、サービス残業が常態化している企業は多いです。派遣ならサービス残業はありえませんよ。

派遣エンジニアとして経験を積めば独立も可能

自宅でパソコンを操作している男性

派遣エンジニアとして経験を積むことで、将来いくつかの選択肢がでてきます。

主な選択肢は以下のようなものがあります。

  • 派遣エンジニアを続ける
  • 正社員として転職する
  • 起業して独立する

派遣エンジニアで経験を積んでから正社員として転職したり、フリーランスとして独立する方は多いですね。

いずれも専門スキルと豊富な経験が必要ですので、派遣エンジニアとして働きながら、自主的に勉強するなどの努力は必須です。

正社員になると雇用や収入は安定しますが、年収は下がってしまうこともあるため、よく考えて判断しましょう。

テヘペロ

大手企業にエンジニアとして派遣されて、そのまま社員登用されることはよくある話ですね。

派遣から独立すれば年収1,000万以上も

個人的におすすめなのは独立することです。

個人事業主としてフリーランスエンジニアになったり、法人化して社長になる人もいます。

派遣エンジニアとして経験を積み人脈を作ることで、より高収入を得ることも可能になります。

エンジニアとして独立した方の中には、年収1,000万円を超える方も少なくありません。

独立後は自分で仕事を取ってくる必要があるため、積極的に行動をしなければ安定した収入は得られません。

今はフリーランスエンジニア向けのサービスも豊富ですし、派遣会社からも業務委託という形で案件を紹介してもらうこともできます。

外部のサービスや人脈をうまく活用して、自分の強みを発揮できる案件を取っていけば、年収はどんどん上がっていきます。

派遣エンジニアとして経験を積んで自信ができた方は、将来の選択肢のひとつとして独立を検討してみてはいかがでしょうか。

コチラ

派遣エンジニアで複数のプロジェクトを経験できれば、自然に人脈が増えていきますよ。

派遣エンジニアで実績を積んで高収入を実現

窓際に置かれたパソコンとコーヒー

正社員として転職することや、フリーランスとして独立することは、経験を積んだ派遣エンジニアの選択肢のひとつ。

複数のプロジェクトを経験したり、1つの案件でも高度なスキルを身につけて派遣先にアピールすることができれば、時給を上げてもらえることもあります。

未経験から派遣エンジニアになったときは時給1,500円だった方も、数年後には時給2,000円以上にアップしていたり。

最初は募集条件を満たすことができなかった高額時給の案件も、経験を積むことで派遣エンジニアとして応募できるようになります。

高額時給の案件や時給アップを狙うのであれば、自分の努力も必要ですが、案件選びも重要です。

働きながらスキルアップできる派遣先や、実績を積める案件を多く抱える派遣会社を選ぶことも大事です。

少なくともエンジニア派遣大手のリクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフには、登録しておいて損はありません。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

エンジニアの仕事は、必ずしも正社員が優位な職種ではありません。

収入の面でも派遣エンジニアの年収が正社員を上回ることはよくある話です。

エンジニアとして高収入を目指したい方は、まず派遣エンジニアとして高額案件に応募できる実力と実績を積んでから、転職や独立することを考えてみてはいかがでしょうか。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国