屋外でパソコンを操作している若い男性

エンジニアにとって経験やスキルは非常に重要です。

エンジニアの中でも、システムエンジニアやプログラマーと言った専門知識が必要な職種は、新卒や第二新卒でなければ未経験から正社員で雇用されることは稀です。

エンジニアになることを目指して、まずは正社員よりも仕事を見つけやすい派遣社員としてエンジニアになる方も少なくありません。

しかしながら、「派遣社員のままでは将来が不安・・・」と感じている人が多いのも事実。

そこで今回は、派遣エンジニアとして働く場合、将来どのような選択肢があるかについてご紹介していきます。

またこれからエンジニア・派遣エンジニアを目指している方にも参考にしていただければと思います。

派遣エンジニアの将来は自分次第

仕事帰りにタクシーを探す女性

派遣エンジニアとして働いていると、仕事を通じて将来役立つスキルや経験を得られることが多いです。

一朝一夕で身につくものではありませんが、スキルや経験を積み重ねていくほど、将来の選択肢はどんどん広がっていきます。

大きく分けて以下の3つが、派遣エンジニアから進んでいける主な選択肢です。

  • 派遣先で正社員に登用
  • フリーランスとして独立
  • 派遣エンジニアを継続する

それぞれの選択肢について、詳しく解説をしていきます。

派遣先で正社員に登用

派遣エンジニアで経験を積むと、派遣先にもよりますが、正社員として雇用したいという誘いを受けることも少なくありません。

前提条件として、派遣契約から正社員雇用への目的としている案件でなければ、余程努力を行って正社員として採用したい!と派遣先に思わせる必要があります。

しかしIT業界はどこも人手不足な状態が多く、また派遣法の改正により派遣エンジニアを正社員雇用しようとする企業も増えています。

派遣エンジニアから正社員になるのは、将来安定した収入を得たい方におすすめの選択肢になります。

ヤッター

大手企業で派遣エンジニアとして働いて、そのまま正社員登用された人は少なくありません。チャンスはたくさんありますよ。

フリーランスとして独立する

資料の上に置かれた黒縁メガネ

派遣エンジニアで得た経験やスキルを利用して、フリーランスとして独立する選択肢もあります。

エンジニアを必要とする案件は非常に多く、インターネット上でフリーランス向けの案件を募集していることも少なくありません。

エンジニアとして必要なスキルがあれば、後はパソコンとインターネット環境さえあれば、収入を得て生活をして行くことも十分可能です。

自分のペースで仕事をしたい方、また高額収入を得たい方はフリーランスとして独立するのがおすすめです。

しかしフリーランスとして起業するのは正社員として雇用して貰うのに比べて、収入の安定性は下がってしまうため、意欲的に活動できる方でないとおすすめできない一面もあります。

うーん

ひとりではサボってしまいがちな人はフリーランスには向いていません。向き不向きがありますので、じっくり考えましょう。

派遣エンジニアを継続する

少し前までは派遣エンジニアとして継続して収入を得るのもおすすめの選択肢の1つだったのですが、現在は生涯派遣エンジニアになるのはあまりおすすめできません。

おすすめできない理由としては、派遣法の改正により3年以上は同一の派遣先に勤務ができなくなったのが理由です。

エンジニアの職種にもよりますが、システムエンジニアやプログラマーは基礎技術こそ同じですが、どうしても派遣先が受け持つ業種に依存する知識も多くあります。

3年ごとに経験の一部がリセットされてしまうと、年齢を重ねるほど仕事探しが難しくなっていきます。

しかし未経験の方が希望のエンジニア職種になるために、派遣先を数回転々と変わりながらスキルアップを行って正社員登用を目指したり、フリーランスとして独立する前提で働くのであればおすすめできます。

ポイント!

派遣エンジニアとして働くのであれば、3年後、5年後のキャリアを見据えた上で案件を選んでいきましょう。

派遣エンジニアのキャリアの描き方

大きなオフィスビルを歩く社会人たち

エンジニアは他の職種よりも経験や技術力が優先される世界です。

年を重ねただけでは、決して良いポジションに就くことはできません。

そこで派遣エンジニアの方がキャリアを積み重ねていくためには、大きく3つの方法があります。

  • 大きいプロジェクトにアサインされる
  • 幅広い案件で経験値を増やす
  • 自己学習でスキルアップする

それぞれについてご説明します。

ビッグプロジェクトで経験を積む

今まで大きなプロジェクトにアサインされた経験はありますか?

プロジェクトの規模が大きいほど任される仕事も大変になりますが、困難を乗り越えた経験はあなたの財産になります。

今後、正社員として転職を目指すときや、フリーランスとして独立を考えるときも、あなた自身のアピール材料になりますよ。

派遣エンジニアとして大きなプロジェクトに関わりたいなら、できるだけ大手の派遣会社に登録しましょう。

すでに派遣会社に登録していて、紹介される案件に不満を感じている方も、派遣会社の切り替えを考えることをおすすめします。

エンジニア向けの派遣会社として有名なのは、パーソルテクノロジースタッフやリクルートスタッフィングですね。

どちらも人材ビジネス大手が運営する派遣事業なので、案件の豊富さは折り紙付きですし、サポート体制も充実しています。

将来につながる経験を積みたいなら、登録しておいて損はないでしょう。

空き時間で幅広く案件をこなす

派遣エンジニアとして働くことのデメリットのひとつに、待機期間の存在が挙げられます。

ひとつのプロジェクトが終わったとき、次のプロジェクトにアサインされるまで1〜2週間空いてしまうことも。

派遣エンジニアは時給制ですから、待機期間が長引くほど収入も減るということです。

「少しでも収入を増やしたい」

「小さい案件を幅広くこなしたい」

という方には、派遣エンジニアとして働きながらクラウドソーシングで副業を探してみることをおすすめします。

ビッグプロジェクトの経験も貴重ですが、幅広い案件をこなすことも、あなたのエンジニアとしての価値を高めることにつながりますよ。

クラウドソーシングに興味がある方は、まずは有名どころの2社をチェックしてみてください。

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは案件数も多く、プログラミングからライティングなど案件の種類も豊富です。

在宅案件や現場作業の案件など、幅広い案件が募集されていることからも、多くのフリーランスエンジニア方が活用しています。

ただし、システム手数料の高さはきちんと把握しておきましょう

クラウドワークスのシステム手数料は以下になります。

  • 報酬額20万円超え:5%
  • 報酬額10万円超え20万円以下:10%
  • 報酬額10万円以下:20%

10万円の案件であれば、2万円がシステム手数料として引かれ、フリーランスエンジニアには8万円だけが支払われます。

またクラウドワークスから自身の口座に報酬を振り込む場合も手数料が発生する場合があります。

ランサーズ

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと同様に、フリーランスエンジニアがよく利用しているサービスです。

ランサーズも案件数が多く、案件の種類だけで言えばランサーズの方がクラウドワークスよりも多いです。

ただし、クラウドワークスと同じくシステム手数料は高めです

システム手数料は以下になります。

  • 報酬額20万円超え:5%
  • 報酬額10万円超え20万円以下:10%
  • 報酬額10万円以下:20%

現時点ではクラウドワークスとまったく同じになっていますが、今後変動する可能性もあるため、定期的に確認することをおすすめします。

特にこだわりがなければ、クラウドワークスとランサーズの両方に登録しておくとよいでしょう。

自己学習でスキルアップを目指す

大手の派遣会社に登録したとしても、ビッグプロジェクトにアサインされる保証はありません。

派遣会社の保有する案件は日々変動していますし、派遣会社としてもできるだけ優秀なスタッフを現場に派遣したいのが本音です。

あなたより経験豊富なエンジニアが見つかったとき、派遣会社として取るべき行動はどちらだと思いますか?

希望するプロジェクトにアサインされるためには、仕事時間外の自己学習は必須。

とくに派遣エンジニアとして働く場合、スキルアップは年収アップに直結します。

正社員として雇われていれば、定期的な昇給も期待できますが、派遣エンジニアは実力で勝ち取る以外に道がありません。

ビッグプロジェクトで経験を積みたいなら、まずはアサインされるだけのスキルを身に着けましょう。

機械学習のスキルを身につける

「今よりたくさん稼げるようにスキルアップしたい」

「これから新しい言語を学ぶならどれがいいだろう」

と考えているなら、機械学習のスキルを磨くことをおすすめします。

日本国内においてAIエンジニアはまだまだ不足しているため、今のうちにスキルを身に着けておけば自ずとあなたの市場価値は上がっていきます。

「機械学習は環境構築が大変だからなぁ・・・」

という方には環境構築不要で学べるAidemyがおすすめ。

Aidemy

Aidemyはテキストベースのeラーニングで、受講できるコースも11種類とそれ程多くはありませんが、無料で基礎知識を身につけられます。

また、有料コースのプレミアムプランなら、8週間のマンツーマンサポートを受けられて、最先端のAIエンジニアを目指すことも可能。

エンジニアとして長く活躍していきたいなら、今のうちに機械学習のスキルを身に着けておきましょう。

派遣エンジニアで理想のキャリアを

オフィスの中心でポーズを決める男性

エンジニアとしてのスキルや経験がないと、中途採用で正社員として雇用されることはまずありません。

まずは派遣エンジニアとして様々な経験を積んで、自分にあった専門のエンジニアの経験と知識をつけながら、将来のキャリアを考えていくことをおすすめします。

派遣エンジニアとして経験を積んできたなら、特定分野に特化した中堅派遣会社を活用してみるのもいいですね。

専門的なスキルを磨くことができれば、あなたのエンジニアとしての市場価値はますます上がっていきますよ。

コツコツ実績を積み重ねていけば、派遣エンジニアとして月収40万円以上を稼ぐことも決して不可能ではありません。

理想のキャリアを描けるように、今できることを一歩ずつ進めていきましょう。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国