パソコンを見ている女性

通勤ラッシュも気にせず、好きなときに自宅で仕事ができる在宅エンジニアとして働くことに憧れる方は多いです。

しかしながら、在宅エンジニアの稼ぎだけで生活していけるだろうか…という不安も付きまといます。

確かにスキルも経験もない方がいきなり在宅エンジニアとして生計を立てることは困難です。

それでもスキルをしっかりと身につけて経験を積むことができれば、在宅エンジニアとして生計を立てることは難しくありません。

今回は在宅エンジニアとして稼ぐために必要なスキルや経験について詳しく解説します。

在宅エンジニアで稼ぐために必要なスキル

在宅エンジニアとして生計を立てられるようになるには、とにもかくにもスキルが必要です。

ひとことで在宅エンジニアといっても、プログラマーやネットワークエンジニア、システムエンジニアなど多くの種類があります。

今回は在宅で働ける案件が比較的多く、身につけることで稼ぎやすくなるスキルをご紹介します。

在宅エンジニアを目指す人におすすめのスキルは以下の3つです。

  • HTML・CSS
  • WordPress
  • Web系プログラミング言語

それぞれのスキルについて、詳しく解説していきます。

HTML・CSS

自宅でパソコン作業中の女性

在宅案件で圧倒的に多いのがWeb関係の仕事です。

Webサイトの立ち上げや、毎月の運用管理など、Webの案件を受注するためにはHTMLとCSSのスキルが必須。

HTMLとCSSは、Webサイトを作る上で使用するマークアップ言語です。

HTMLとは、Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、Webページを作るための最も基本的なマークアップ言語のひとつです。

今さら聞けない!HTMLとは【初心者向け】 | TechAcademyマガジン

スキルの習得はそれほど難しくありませんが、HTMLとCSSの基礎的なスキルだけで生活できるほど稼ぐことは難しいです。

しかしHTMLやCSSの知識や技術を身につけておくことは、在宅エンジニアとしての基礎を固めることになるため、習得を目指すことをおすすめします。

ヤッター

HTMLとCSSを理解すれば、簡単なホームページなら自分で作れるようになりますよ。

WordPress

WordPressに関わる仕事も、在宅で働ける案件として人気があります。

WordPressは、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している。単なるブログではなくコンテンツ管理システム としてもしばしば利用されている。

WordPress – ウィキペディア

元々はブログ作成用のシステムでしたが、最近では小規模なサイトだけでなく大規模なサイトでも使用されています。

WordPressは、Webサイトの作成やカスタマイズが簡易に行えるという特徴があります。

オープンソースなので無料で使用することができ、公開されているプラグインを使用することでプログラミングの知識がなくても運用できるところが魅力です。

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングのサイトでも、WordPressを用いたサイト作成やカスタマイズ案件がたくさん見つかります。

ポイント!

WordPressは実際に操作してみるのが一番。安いサーバーなら月数百円で借りられるので、試しにサイトを立ち上げてみましょう。

Web系プログラミング言語

在宅で仕事中のエンジニア

在宅エンジニアとして高額収入を得るには、Web系のプログラミング言語を習得することが一番おすすめです。

プログラミング言語といっても非常に多くの種類があります。

Web系の言語だけでもたくさんの言語がありますが、あえて1つあげるとするとPHPです。

PHPはここ数年で需要が伸びてきており、先ほどご紹介したWordPressもPHPで構成されています。

WordPressの本格的なカスタマイズを行う場合も、PHPは必須のプログラミング言語といえます。

モリモリ

HTMLとCSS、PHPをマスターすれば、在宅エンジニアとしてもそこそこ稼げるようになっていきますよ。

在宅エンジニアになるために経験すべきこと

在宅エンジニアとして生活できるほど稼げるようになるためには、スキルだけではなく実務経験も必要です。

在宅エンジニアとして仕事を請ける場合、請負契約になることがほとんど。

何かミスがあったときにはすべての責任が自分に伸し掛かってきます。

PHPの基本的なスキルを習得していたとしても、実務経験がないと、いざ仕事を請けたときにどのように開発を進めていくべきか迷ってしまうことも多くなります。

継続的に仕事を依頼されるようになるためにも、エンジニアとしての経験値を高めることは必須です。

在宅エンジニアとして仕事をスタートする前に、できるだけ多くのプロジェクトを経験しておくことをおすすめします。

コチラ

どんな仕事も経験に勝るものはありません。在宅エンジニアを目指す上でも、複数の開発現場での経験はとても大切ですよ。

派遣エンジニアなら複数の現場を経験できる

広くて明るい開発現場

在宅エンジニアを目指す上でおすすめなのが、派遣エンジニアとして経験を積むこと。

正社員として働いていれば、収入は安定しますが、関われる案件を自由に選べなかったり、特定の経験しか積めないというデメリットがあります。

その点、派遣エンジニアであれば数ヶ月単位で複数の案件を経験できますし、身につけたいスキルに合わせて案件を選ぶこともできます。

スキルと経験が身についてくれば大手企業の案件で働けるようにもなります。

幅広い現場で積み重ねた経験は、在宅で働くときに大いに役立ちます。

人脈経由で仕事を依頼されることもある

派遣エンジニアとして複数の開発現場を経験しておけば、必然的にエンジニア同士のつながりも増えていきます。

派遣先で自分の実力を認めてもらえていれば、人脈経由で仕事を依頼されることにもつながります。

クラウドワークスやランサーズなどのサイトで在宅で働ける案件を探すこともひとつですが、希望に合った仕事がスムーズに見つからないこともあります。

当然のことながら、仕事を受注できなければ収入はゼロです。

派遣エンジニア時代に一緒に働いた仲間であれば、身構えることなく仕事を請けられるというメリットもあります。

テヘペロ

顔の見えない相手から依頼される仕事より、信頼できる相手からの仕事の方が安心して働けますよね。

派遣求人を探すなら大手派遣会社に登録

コーヒーを飲みながら電話中のエンジニア

派遣エンジニアとして経験を積もうと考えるなら、派遣会社選びも重要です。

経験が浅くても挑戦できる案件や、働きながらスキルアップできる案件など、幅広い求人を抱える派遣会社を選びましょう。

少なくともエンジニア派遣大手のリクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフには、登録しておいて損はありません。

大手派遣会社ほどサポート体制も充実しているので、実務経験の浅い方ほどおすすめです。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

ただし、派遣求人は日々変動しているため、タイミングによっては希望の求人が募集終了となっていることも。

仕事選びで妥協しないように、あらかじめ2〜3社の派遣会社に登録してくことがコツですよ。

ヤッター

大手派遣会社は求人数が豊富なことに加えて、福利厚生も充実しているのがうれしいですね。

派遣でスキルを磨いて在宅エンジニアへ

パソコンを操作している手

在宅エンジニアは才能のある人だけがなれるものではなく、エンジニアとして下積みをしてきた方ならどなたでも目指せます。

スキルを身につけるだけなら独学でも何とかなりますが、自宅で勉強しているだけでは一人前のエンジニアにはなれません。

在宅エンジニアとして生活できる程度にお金を稼ごうと考えるなら、まずは派遣エンジニアとして働いてみることをおすすめします。

スキルと経験を積み重ねて、人脈を作っていくことができれば、在宅で仕事を始めてからも役立ちますよ。

理想の働き方を実現できるように、ひとつひとつ前に進んでいきましょう。