スマホをチェックしている中年男性

エンジニアと聞くと35歳定年説を思い浮かべる方も少なくありませんが、実態としては都市伝説のようなものです

20代でしっかりとスキルを身に着けて、30代でフリーランスエンジニアとして独立したのに、35歳で定年を迎えてしまっては意味がありません。

ではフリーランスエンジニアは何歳くらいまで現役で活躍できるものなのでしょうか。

今回はフリーランスエンジニアは何歳まで働けるのかについて詳しく解説します。

フリーランスエンジニアに定年はない

横断歩道を渡るビジネスマンたち

結論からお答えすると、フリーランスエンジニアに定年はありません。

35歳定年説をはじめ、エンジニアの定年は早いというイメージを持たれがちなのは、国内のエンジニアに対する評価があまり高くないのが理由として挙げられます。

近年、日本でもエンジニアの需要が上がり、評価も見直されつつあります。

それでもエンジニア職としては特定の地位までしか昇格できないことも多いです。

大手企業で勤めている場合は特に、30代後半からエンジニアの専門職からマネージメントがメインの管理職にならざる得ない状況にあります。

その点、フリーランスエンジニアは昇格とは無縁のため、生涯現役で働き続けることも不可能ではありません。

コチラ

エンジニアの仕事が好きで、フリーランスの働き方を選ぶ方も多いですね。

40代や50代のベテランエンジニアが多い

フリーランスエンジニアと聞くと、20代や30代といった若い方が多く活躍していると思われる方も多いですね。

実際のところ、フリーランスエンジニア人口の大半を占めるのは40代や50代です。

管理職になることを避けてフリーランスになる方や、スキルや人脈が豊富でフリーランスとして十分稼いでいける方が多い世代です。

20代だと身についているスキルが限定的だったり、経験が豊富とはいえないことも多いです。

その点、ベテランのエンジニアは数々の修羅場を乗り越えてきていますから、あらゆる状況にうまく対応できます。

ITエンジニアの世界は、良くも悪くも完全実力社会です。

スキルと経験、そして幅広い人脈があれば、年齢を問わずフリーランスエンジニアとして活躍できます。

テヘペロ

エンジニアの仕事に限りませんが、経験に勝るものはなかなかないですよね。

年齢を重ねるほど発生するデメリット

肩こりに悩んでいるエンジニア

フリーランスエンジニアに定年はないといっても、年齢を重ねていくことのデメリットがないわけではありません。

年齢が上がっていくことで、より不安になるポイントとして以下の3つが挙げられます。

  • 不十分な福利厚生
  • 収入の不安定さ
  • 新しい技術の習得

それぞれについて解説していきます。

不十分な福利厚生

フリーランスとして働く以上、正社員と比べて福利厚生面はどうしても不十分と言わざるを得ません。

老後のことを考えると、不安に感じてしまうことも多くなっていきます。

若い内から独立し、個人年金などを手厚くしていれば、ある程度回避は可能です。

独立するタイミングが30代後半や40代と遅かった場合、悩みの種になることが多いです。

ヤレヤレ

厚生年金と国民年金では、老後にもらえるお金に大きな差が出てしまいます。

収入の不安定さ

財布を見て驚いている中年男性

正社員として働き続けていれば、勤続年数に応じて年収も増えていったかもしれません。

フリーランスエンジニアの場合、年齢を重ねても収入が自動的に増えることは決してありません。

何歳になろうとも、案件を受注して成果物を納品していかなければ収入は安定しないままです。

体力の衰えを感じたり、健康面で問題が出てしまった場合、収入が途絶えてしまうリスクもあります。

仕事がゼロになっても、雇用保険に加入していない以上、失業手当を申請することはできません。

同世代の年収が上がっていくのを横目に見て、自信を失くしてしまう人も少なくありません。

注意!

フリーランスエンジニアとして長く活躍できるように、健康管理はとても大切ですよ。

新しい技術の習得

IT技術は日々進歩しています。

フリーランスエンジニアである限り、需要の高いスキルを習得し続けなければなりません。

若いうちは吸収力もあり、新しい技術の勉強も苦になりませんが、年齢を重ねていくごとにつらく感じるようになってくることも。

今まで積み重ねてきた技術だけでもそれなりに稼いでいくことはできますが、専門とする分野によっては年々仕事が減ってしまうリスクもあります。

新しい技術の習得に限界を感じてしまい、フリーランスエンジニアとして働き続けることを諦めてしまう人もいるのです。

フリーランスエンジニアとして長く活躍するコツ

オフィスで仕事中のエンジニアたち

フリーランスエンジニアとして長く活躍できるようにするには、どのようにすればよいのでしょうか。

プログラミング技術などのスキルは当然として、以下の2点も意識していくことが大切です。

  • コミュニケーション能力
  • 固定概念を捨てる
  • 稼げるスキルを磨く

細かく挙げていけばたくさんありますが、代表的な例として上記2つについて解説します。

コミュニケーション能力

プロジェクトにアサインされると、プロジェクトリーダーやマネジャーが自分よりも年下であることも多くなってきます。

年齢差を意識されて辺に気を使われたり、コミュニケーションが取りにくい関係性になってしまうと、次回から案件を受注できなくなる恐れがあります。

年齢や経験に大きな差があったとしても、柔軟にコミュニケーションを取れるように意識することが大切です。

現場で円滑なコミュニケーションが取れるようになれば、頼れる存在として継続的に仕事を依頼されることも増えるでしょう。

ダメー!

相手が年下だからと言って変に威張ってしまったり、上から目線な対応をしてしまうと仕事を失いますよ。

固定概念を捨てる

スマホを見つめる中年男性

IT業界は他の業種に比べて、進歩のスピードがとても早いです。

3年前まで一般的だったものが、今では通用しないということも少なくありません。

技術面についてもそうですが、プロジェクトの進め方や運用ルールも含めて日々変化しています。

いくつもの現場を乗り越えてきた経験はとても貴重ですが、今までの考え方に縛られてしまうのはよくありません。

仕事に対する考え方やプロジェクトの進め方については、固定概念を捨てて柔軟に対応できることが大切です。

柔軟な対応力こそ、フリーランスエンジニアとして活躍し続ける上で必要不可欠です。

ヤッター

固定概念を捨てて、変化に柔軟に適応できるエンジニアは年齢を重ねても長く活躍できますよ。

稼げるスキルを身につける

最後にもうひとつ、20代の頃のように体力勝負ができなくなっていく以上、効率的に稼ぐことの重要度が増していきます。

狙うべきポイントは、希少性の高いスキルや知識。

今で言えば機械学習や人工知能に関わるスキルを身に着けておけば、少なくともこの先10年は着実に食べていけるでしょう。

「機械学習は環境構築が大変だからなぁ・・・」

という方には環境構築不要で学べるAidemyがおすすめ。

Aidemy

Aidemyはテキストベースのeラーニングで、受講できるコースも11種類とそれ程多くはありませんが、無料で基礎知識を身につけられます。

また、有料コースのプレミアムプランなら、8週間のマンツーマンサポートを受けられて、最先端のAIエンジニアを目指せますよ。

これからもエンジニアとして活躍していきたいなら、今のうちに機械学習のスキルを身に着けておきましょう。

スキルを磨き続ければ年齢は関係ない

笑顔のベテランエンジニア

フリーランスエンジニアとして生涯働き続けるためには、技術の習得や高いコミュニケーション力が求められます。

年齢が上がるほど不安は増えていくものですが、あらゆる現場で柔軟に対応していけば、年齢を問わずいつまでも活躍することができます。

もちろんフリーランスの働き方に固執する必要もありません。

今までの経験を活かして正社員として転職したり、派遣エンジニアとして働くという選択肢もあります。

フリーランスエンジニアとしていくつもの現場を乗り越えてきた経験があれば、仕事を見つけることは決して難しくないでしょう。

自分自身が理想とする働き方を実現できるように、求められるスキルや技術をコツコツと磨いていきましょう。

人気のフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

オススメ度5.0
特徴業界TOPクラスの高単価
対応エリア首都圏のみ

midworks

オススメ度4.5
特徴社員並みの安定した生活
対応エリア首都圏のみ

ギークスジョブ

オススメ度3.5
特徴取引企業数3,000社
対応エリア主要都市のみ