オフィスで勤務中の私服の男性

フリーランスエンジニアとして独立する際に、どんな準備が必要かご存知ですか?

プログラミングスキルや案件を紹介してもらうために人脈が必要になることはご存知な方も多いですが、開業届や青色申告など、諸手続きも必要になってきます。

そこで今回は、フリーランスエンジニアとして独立する前に準備すべきことをご紹介していきます。

フリーランスとして独立する前に準備すべきこと

資料を見ながら仕事中のビジネスパーソン

開業届

まず初めに準備すべきは開業届です。

開業届は営業開始から一ヶ月以内に管轄の税務署へ提出するルールとなっているため、独立前から準備しておきましょう。

勘違いされている方も多いのですが、フリーランスエンジニアとして独立する場合、開業届の提出は必須ではありません。

国が決めているルールとして、開業届は義務ではなく任意です。

しかしながら開業届を出すことで多くのメリットを得られるため、早めに提出することをおすすめします。

ちなみに、開業届は以下のリンクからPDFデータをダウンロードできます。

注意!

フリーランスエンジニアとしてがっつり稼いでいくつもりなら、開業届はきちんと提出しておきましょうね。

屋号

開業届を出すことで屋号を公的に得ることができます。

屋号は会社名と同じです。

先入観の問題かもしれませんが、フリーランスエンジニアとして働く場合も、屋号はある方が信頼を得やすかったりします。

たとえば屋号がない場合、自己紹介は「山田太郎です」になりますが、屋号があれば「○○システムの山田太郎です」と言えます。

実際はフリーランスエンジニアのひとりでも、顧客に与える印象は変わってきます。

また、開業届に屋号を記載して申請することで、屋号名義で銀行口座を作ることもできます。

フリーランスエンジニアとして得た収入と日常的に使用している口座を分けて管理できるため、確定申告の際に整理しやすくなります。

印鑑の作成

屋号を決めたら印鑑も作成しておきましょう。

屋号名義で銀行口座を作る際や、契約書を結ぶ際に印鑑が必要になってきます。

個人の実印でも対応できないことはないですが、仕事用の印鑑と個人用の印鑑は分けておいたほうが何かと安心です。

うーん

会社名やお店の名前を決めるようなものなので、どんな屋号にすべきか悩んじゃいますね。

青色申告

明るいオフィスで仕事中の女性

開業届を提出するメリットのひとつが、青色申告を受けられる点にあります。

フリーランスエンジニアとして収入を得た場合、年に1回、確定申告が必要になります。

確定申告には白色申告と青色申告の2種類の方法があるのですが、青色申告なら65万円を控除することができます。

複式簿記で記載するのは大変ですが、フリーランスエンジニアは基本的には売る物が技術だけなので、そこまで複雑になりません。

また青色申告であれは、専従者控除も受けられるため最大で86万円控除することができます。

青色申告の専従者控除とは、生計を共にしている配偶者、またはその他の親族が、青色申告事業納税者が経営する会社で働いている場合、支払う給与を必要経費として計上することができます。

青色申告の専従者控除とは – 青色申告の基礎知識

控除をうまく活用して申告時の収入を減らすことができれば、国民健康保険の保険料を抑えられたり、お子さんがいらっしゃる場合は保育園代も安くなります。

青色申告はメリットが多いので、フリーランスエンジニアとして独立するならぜひ活用しましょう。

青色申告の申請書は以下のリンクからダウンロードできます。

ポイント!

開業届を提出するときに一緒に青色申告の申請書も提出すれば効率的ですよ。

フリーランスは給与所得控除の適用外

フリーランスとして独立すると、会社員時代に適用されていた給与所得控除が適用外になります。

給与所得控除とは、給与等の収入金額に応じて控除金額が決定します。

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
1,800,000円以下収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円〜3,600,000円以下収入金額×30%+180,000円
3,600,000円〜6,600,000円以下収入金額×20%+540,000円
6,600,000円〜10,000,000円以下収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円〜2,200,000円(上限)

給与所得控除とは – 国税庁

ざっくりとご説明するなら、会社員時代は面倒な手続きをしなくても税金を勝手に安くしてもらえていたのです。

フリーランスエンジニアの場合、年間で100万円以上の経費を使うということは現実的ではないため、少なくとも青色申告で65万円の控除を受けたほうがお得なのです。

テヘペロ

税金をたくさん納めて国に貢献したい!という方は控除なんて気にしなくてもいいかもしれません。

振込時期の確認

フリーランスエンジニアとして独立する前に知っておきたいのが報酬の振込時期。

案件や契約内容によって違いはありますが、正社員や派遣社員として働いていたときよりも報酬の振込まれるタイミングは遅くなります。

独立後すぐに業務に着手しても、2ヶ月後の月末まで報酬が振り込まれないことも少なくありません。

そのため、開業するときには数ヶ月分の生活資金を確保しておくようにしましょう。

また、フリーランスエンジニアは請負業務となるため、最終納品が半年先となる場合、報酬が振り込まれるのも半年先となります。

案件を受注する際には、報酬をいつ受け取れるか、必ず確認する習慣を身につけることが大切です。

会社員時代のように毎月決まったお金が入ってくる生活ではなくなるため、適切にお金を管理していきましょう。

ヤレヤレ

報酬の支払いタイミングは企業によって様々なので、手元のお金がなくなってしまわないように気をつけましょうね。

請求書の準備

ノートパソコンで仕事をしている男性

小さなことですが、請求書も事前に準備することをおすすめします。

正社員や派遣エンジニアとして働いていたときとは異なり、納品が完了している場合、月末に請求書を発行しなければなりません。

日報や勤怠と違って、対会社の手続きになるため、企業側の締日までに請求書を発行していなければ、報酬を受け取るまでの期間が延びてしまいます。

報酬が振り込まれるまで時間がかかっても気にしない、ということであれば問題ありませんが、独立後に最初の報酬が振り込まれるまで期間が空いてしまうのは少なからず不安になります。

業務に着手してからだと何かと忙しくなるため、必要なものはあらかじめ準備しておきましょう。

エクセルで請求書を作成される方も多いですが、ミソカというサービスを使えば簡単に綺麗な請求書を作成できます。

月5通までなら無料で作成できるので便利ですよ。

年金・保険などの見直し

年金や健康保険など、毎月固定で費用がかかるものは、事前に見直しをしておくことも大事です。

フリーランスの場合、雇用保険には入れませんので、あらかじめ保険を手厚くしておくことをおすすめします。

年金も国民年金だけになるため、余裕のある方は個人年金にも加入しておくと良いでしょう。

また、会社員から独立した場合、最大2年間は健康保険を任意継続できるため、国民健康保険の金額と比較してお得な方を利用しましょう。

独立前にそこそこ稼いでいて、お子さんもいらっしゃる場合、国保に加入するより任意継続した方が保険料を安くできる可能性は高いです。

以下の記事で健康保険の任意継続について詳しく解説しているので、よろしければご覧ください。

審査が必要なもの

クレジットカードと硬貨

クレジットカードや家を購入するときのローンなどは、独立前に手続きをしておきましょう。

フリーランスや個人事業主は、クレジットカードやローンの審査が通りにくくなりがちです。

特に独立直後は、専業主婦より審査が通りづらいともいわれています。

クレジットカードを何枚も発行する必要はありませんが、1〜2枚持っておけば急な支払いが発生したときにも対応できます。

個人事業主用のビジネスカードなどもあるため、個人で使うクレジットカードと仕事用のカードを分けて使う、といったことも可能です。

1枚もクレジットカードを持っていない方は、独立する前に発行しておきましょう。

ヤッター

年会費無料のカードなら費用の負担もありませんし、ポイントの貯まるカードなら何かとお得ですよね。

万全の準備でフリーランスエンジニアとして独立を

パソコンを持っている青いシャツの男性

フリーランスエンジニアとして独立する前に準備すべきことについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

一つひとつ丁寧に進めていこうとすると意外と時間もかかるため、独立を決意したなら早めに準備を進めていきましょう。

ある程度仕事が軌道に乗ってきたら、節税対策についても勉強していくと良いでしょう。

住民税や所得税の負担を抑えられたり、健康保険料を安くできたりとメリットがたくさんあります。

フリーランスはすべて自分で管理しないといけないため、必要な知識を持っているかどうかで、手元に残るお金が大きく変わってきます。

万全の準備をした上でフリーランスエンジニアとして独立しましょう。

人気のフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

オススメ度5.0
特徴業界TOPクラスの高単価
対応エリア首都圏のみ

midworks

オススメ度4.5
特徴社員並みの安定した生活
対応エリア首都圏のみ

ギークスジョブ

オススメ度3.5
特徴取引企業数3,000社
対応エリア主要都市のみ