ノートパソコンで仕事中の男性

プログラマーは専門的な知識であるプログラミング言語を使用して、高収入を得られる職種です。

手に職がつくことやスキルさえあれば在宅でも働けることなど、プログラマーの仕事に憧れている人も多いですね。

とはいえ新卒採用であれば未経験でも採用されることは多いですが、中途採用となると未経験で採用してくれる企業はほとんどありません。

中途採用に求められているのは即戦力であることが多く、実務経験のない方を採用して育てるほど余裕のない企業も少なくありません。

社会人経験のある方が今からプログラマーを目指すのであれば、まずは派遣エンジニアとして働くことをおすすめします。

今回はプログラマー未経験の方に派遣エンジニアをおすすめする理由について、詳しく解説していきます。

未経験からプログラマーとして働くために必要なこと

笑顔でパソコンを操作している女性

未経験からプログラマーになるためには、実務経験も大切ですが、大前提として基本的なスキルや知識を身につける必要があります。

一人前のプログラマーになるためには、まずは以下のスキルを身につけることを目標に考えてみましょう。

  • プログラミング
  • SQL
  • 仕様書作成

これらのスキルを身につけることで、派遣エンジニアとして働くときも選べる案件が増えますし、契約を結びやすくなっていきます。

それぞれのスキルについて、順を追って詳しくご説明していきます。

プログラミング

当然ではありますが、プログラミングはプログラマーにとって必須の知識です。

プログラマーとして働きたいなら、やはりプログラミングの基礎を身に着けないことには前に進めません。

未経験の方にとってはハードルが高いと感じてしまうかもしれませんが、コツコツ努力を続けていけば自然と理解を深めていけるものです。

どのようなシステムを作るかによって、学習するプログラミング言語に違いがありますが、以下のプログラミング言語は比較的需要が高く、未経験の方が習得するのにおすすめです。

  • Java
  • PHP

それぞれの特徴について、簡単に解説します。

Java

Javaはプログラミングの勉強を既に始めている方はもちろん、これから勉強しようとしている方も名前を聞いたことはあると思います。

Javaの特徴は実行環境に影響されず、どんなOSでも使用することができます。

現在では基本となっているオブジェクト指向を広めたプログラミング言語です。

Javaを習得することで、他のプログラミング言語を学習するときもスムーズに習得できるようになうでしょう。

また、Javaは派遣エンジニアの案件でも募集が多いため、身につけておくことで仕事の幅が広がります。

PHP

PHPは数年前から需要が増えているプログラミング言語のひとつで、主にWebサービスの開発に使用されます。

比較的習得難易度が低いこともあり、プログラミング未経験者が最初に学習する言語としてもおすすめです。

多くのWebサイトで使用されているWord Press(Webサイトやブログを簡単に作れる機能)でもPHPが使用されており、まだまだ将来性のあるプログラミング言語です。

また、将来フリーランスエンジニアとして独立を考えている方にとっても、案件の多さではベスト5に入るほど需要があります。

PHPをマスターしておけば、独立してからも安定的に仕事を見つけていけるでしょう。

テヘペロ

クラウドソーシングなどでもPHPの開発案件は人気がありますね。

SQL

清潔感のあるオフィスフロア

SQLはデータベースを操作するためのコマンドです。

ほとんどのシステムでデータベースは使用されており、プログラマーがプログラミングを行う場合は、ソースコード上でSQLを実行します。

あらゆるプログラミング案件を請けていく上で、SQLは必要なスキルのひとつです。

SQL自体はプログラミングと違って覚えることがそこまで多くないので、書籍やeラーニングを活用して短期間で基礎を身につけられるでしょう。

ポイント!

WordpressでWebサイトを運用するときもSQLの知識を身に着けておくと役立ちますよ。

仕様書作成

プログラマーと聞くと、プログラミングだけを行っているイメージを持たれる方も多いかもしれません。

実はプログラミング以外にも仕様書作成など、ドキュメントを作成する時間も多いのです。

MicroSoft OfficeのExcelやWord、PowerPoint、Accessなどを使用することが多くなります。

スムーズに仕様書を作れるように、事前に習得しておくことをおすすめします。

コチラ

オフィスソフトの基本操作を覚えておくと、あらゆる仕事で役立ちます。早めに習得しておきましょうね。

効果的にスキルを磨けるプログラミング学習方法

自宅で勉強中の女性

ここまでプログラマーとして働く上で必要なスキルについてご紹介しましたが、何よりも大切なのはプログラミングのスキル。

プログラミングのスキルを磨かないことには、一人前のプログラマーとして活躍することはできません。

ではどのようにしてプログラミングのスキルを磨いていけばよいのでしょうか。

効率的にスキルを習得できるおすすめの学習方法は以下の通りです。

  • eラーニングを使って独学で学ぶ
  • 勉強会やセミナーに参加して学ぶ
  • プログラミング教室に通って学ぶ

それぞれの学習方法を詳しく解説していきます。

eラーニングを使って独学で学ぶ

eラーニングを使用した学習方法の最大のメリットは、インターネット環境さえあれば、どこでも好きなときに学習できる点です。

スマホさえあれば電車の中でプログラミングの勉強を進めていくこともできます。

デメリットとしては、プログラミング言語の習得は簡単ではないため、習得に時間がかかったり挫折する可能性があることです。

最近はプログラミングを学べるWebサービスも増えてきましたが、代表的なeラーニングをご紹介します。

テヘペロ

書籍で勉強する方法もありますが、eラーニングを活用すれば効率的にスキルを習得できますよ。

ドットインストール

ドットインストール

ドットインストールは動画を視聴しながら、プログラミング言語を学習できるサイトです。

3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイトです。HTML, CSS, JavaScript, PHP, Rubyをはじめ、iPhoneやAndroidアプリの作り方も学べます。

ドットインストール

おすすめする理由は、無料で視聴できるプログラミング言語の種類が豊富で、開発環境の構築についても動画で説明されている点です。

開発環境を構築するのは未経験者にとって難易度が高く、プログラミングの勉強を始める前に挫折してしまう方も少なくありません。

ドットインストールなら習得したいプログラミング言語の動画を視聴して、着実に基礎を身に着けていくことができます。

動画を見ながら、説明されているプログラミングコードを自分でも書きながら学んでいくことをおすすめします。

ひとつの動画は3分から5分程度と短いため、通勤中など空いた時間に繰り返し視聴する習慣をつけるとしっかりとした基礎を身につけられます。

Paizaラーニング

paizaラーニング

Paizaラーニングも基本的にはドットインストールと同じようなeラーニングのサイトです。

paizaラーニングは、オンラインでプログラミングしながらスキルアップできる、プログラミング入門学習コンテンツです。

paizaラーニング

Paizaラーニングの場合、サイト上にプログラムコードを書いて実行できる環境が用意されています。

ただし、詳しい開発環境を構築するための動画は存在しません。

ドットインストールで一通り学習を終えた後、もしくはドットインストールの動画で理解できなかったところをPaizaラーニングで学んでいくという活用法もあります。

Paizaラーニングの魅力は、練習問題が豊富に用意されている点です。

ドットインストールで基礎を学んでから、Paizaラーニングの練習問題を解いて実力をつけるのがおすすめです。

練習問題で壁にぶつかったときは、ドットインストールやPaizaラーニングの動画を視聴して復習しましょう。

ほとんどの練習問題が解けるようになっていれば、プログラマーとして現場に立てる最低限のレベルには到達しているでしょう。

Aidemy

Aidemy

Pythonや機械学習に興味があるならAidemyがおすすめ。

paizaラーニングやドットインストールとは違い、テキストベースのeラーニングです。

受講できるコースも11種類とそれ程多くはありませんが、全て無料で学習できるという大きなメリットがあります。

また、paizaラーニングと同様に初心者の方がつまづきがちな環境構築をする必要がありません。

有料コースのプレミアムプランなら、8週間のマンツーマンサポートを受けられて、最先端のAIエンジニアを目指すことができます。

これからの時代、エンジニアとして稼いでいくなら機械学習のスキルを身に着けておいて損はしませんよ。

勉強会やセミナーに参加して学ぶ

手帳にメモを取る女性

eラーニングを活用した学習方法はどうしても独学が中心になります。

プログラミングについては、全国各地で勉強会やセミナーも開催されているため、積極的に足を運んでみることをおすすめします。

特にプログラミング言語の学習を目的とした勉強会は多く開催されています。

勉強会には現役のプログラマーも多く集まるため、独学で学ぶより習得の時間を短縮できます。

参加費用が無料~数千円程度なのも魅力のひとつです。

プログラミングの勉強会を探す場合は、Doorkeeperのようなサイトを利用すると見つけやすいですよ。

イベント主催者は、人を集め、仲間やビジネスパートナーとの新たな出会いを作り、コミュニティを築いていきます。Doorkeeperは、そんなコミュニティを支え、あなたの素晴らしいイベントをサポートします。

Doorkeeperについて

ただしお住いの地域によっては開催数が少なかったり、人見知りしてしまう方は勉強会に参加するメリットが薄れてしまうリスクもあります。

ポイント!

勉強会やセミナーはエンジニアとしての人脈を増やせる貴重な場ですよ。

プログラミング教室に通って学ぶ

2020年からプログラミングが義務教育に取り入れられることもあり、ここ数年でプログラミング教室の数が増加しています。

プログラミングのスクールに通って学習するメリットは、マンツーマンや少人数での授業になるため、質問などがしやすく効率よく学習することができる点です。

デメリットとしては、他の勉強法と比較して何倍もの費用がかかってしまう点です。

スクールによって差はありますが、3ヶ月で10万円〜15万円前後といったところが多いですね。

モリモリ

お金と時間はかかりますが、最も着実にスキルを身につけられるのが魅力ですよ。

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp

CodeCampは数あるプログラミングスクールの中でも有名で、とても評判の良いオンラインプログラミングスクールです。

オンライン型のプログラミングスクールはチャットやメールでわからないところを質問をするところも多いですが、CodeCampではビデオチャットを採用。

受講生が学習している画面を講師側にも確認してもらいながら学習できるため、リアルタイムに質問への回答をもらえるという特徴があります。

受講時間も24時まで対応可能となっており、社会人の方も仕事と両立しながら学習を進めていくことができます。

通学型のプログラミングスクールが近所にない、という方にもおすすめですね。

CodeCampの料金体系

受講内容によって複数のコースがありますが、プランとしては1ヶ月約15万円のプランか6ヶ月で約30万円のプランがあります。

基礎からじっくり学びたい方は6ヶ月プランがおすすめです。

既にある程度プログラミングの基礎知識があり、集中して短期間にプログラミングスキルを習得したい方は1ヶ月プランがおすすめです。

基礎知識がない場合、1ヶ月では習得しきれない可能性もあるため、受講前に相談するのがおすすめです。

無料体験も可能なので、興味がある方はまずは無料体験を申し込んでみましょう。

CodeCampの就職・転職サポート

CodeCampには就職・転職をサポートしてもらえるサービスがあります。

実践的なスキルを身に着けて、そのまま仕事探しもサポートしてもらえるのはうれしいですね。

就職が決まった際にはお祝い金として10万円をもらえるという特典もあります。

未経験からエンジニアとして転職したい人には特におすすめです。

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy

TechAcademyはCodeCampと比較されることの多いプログラミングスクールで、CodeCampに負けないくらい人気の高いプログラミングスクールです。

TechAcademyも通学型ではなく、オンラインで受講するプログラミングスクールです。

TechAcademyの料金体系

CodeCampとは受講コースとプランが大きく異なります。

どちらもWEB系開発向けまたはスマホアプリ開発ですが、習得できるスキルにそれぞれ差があります。

各コースのプランは4週間プランで約13万円、8週間プランで約18万円、12週間で約23万円、16週間でプラン約28万円のプランが準備されています。

短期間であれば、他のプログラミングスクールよりも安い金額で受講可能です。

また、学生の方には学割を適用してくれるのもうれしいポイントです。

質問はチャットで行いますが、レスポンスの早さには定評があります。

回数は決まっているものの、ビデオチャットにも対応してくれます。

TechAcademy就職・転職サポート

TechAcademyにも就職・転職サポートがあり、スキルを磨きながら仕事探しもできます。

エンジニアとしてキャリアを築いていきたい方は、積極的に利用しましょう。

TECH BOOST

TECHBOOST

TECH BOOSTは通学型+オンラインで受講できるプログラミングスクールです。

CodeCampやTechAcademyと比べると、習得できるスキルが限定的ですが、その分最新技術にも特化しています。

TECH BOOSTの料金体系

TECH BOOSTで習得できる言語はRubyがメインになっています。

最新技術であるブロックチェーン、AI、IoTについても学習できるのが特徴です。

料金体系としては、3ヶ月コースで約30万円となっています。

1ヶ月あたりの受講料として考えると、比較的安い方ですね。

AIなどの最新技術を学びたい方におすすめのプログラミングスクールです。

TECH BOOST就職・転職サポート

TECH BOOSTには就職や転職のサポートはありません。

習得できるプログラミング言語もRubyが基本となるため、仕事でRubyの使用を前提としている方でなければ、他のプログラミングスクールを検討するのをおすすめします。

派遣エンジニアなら複数の現場で実務経験を積める

整頓された綺麗なオフィス

eラーニングなどを活用してプログラミングの基礎スキルを身につけられたら、実務経験を積んでいくことを最優先に考えていきましょう。

新卒採用でもない限り、いきなり正社員を目指すのはハードルが高いためおすすめしません。

実務経験のない方は、まずは派遣エンジニアとして働くことを考えてみましょう。

派遣エンジニアなら、数ヶ月単位で様々な企業やプロジェクトに参加することができます。

プログラマーの世界は実力主義なので、派遣社員として幅広い経験やスキルを身につけておくと、正社員を目指す上でも有利になります。

実務経験ゼロで働ける案件もある

派遣エンジニアの案件は幅が広く、実務経験のない方が働ける案件も少なくありません。

基本的なスキルさえ身に着けていれば、難易度の高くない案件から着実に実務経験を積んでいくことができます。

プログラマーとしてではなく、テストエンジニアやヘルプデスクといった職種で下積みをしてからステップアップを目指す、という働き方も可能です。

派遣会社のコーディネーターと相談しながら、どのような案件に挑戦していくかを考えていきましょう。

スキルアップは時給アップに直結

派遣エンジニアとして働く場合、スキルアップは時給アップに直結します。

たとえば、ヘルプデスクの仕事は初心者の方にもおすすめの仕事ですが、システムエンジニアやプログラマーと比較すると時給は低めに設定されていることがほとんど。

少しずつ実務経験を積んでスキルを磨いていけば、プログラマーとしての案件に応募できるようになりますし、数百円単位で時給が上がることもあります。

実力を認めてもらえれば、高時給の案件を優先的に紹介されるようになることも。

より条件の良い案件で働けるように、プログラマーとして働いていくなら常にスキルを磨くことを心がけましょう。

派遣求人を探すなら大手派遣会社

固く握手を交わす男性

派遣エンジニアとして働いていく上では、派遣会社選びも重要です。

経験が浅くても挑戦できる案件や、働きながらスキルアップできる案件など、幅広い求人を抱える派遣会社を選びましょう。

少なくともエンジニア派遣大手のリクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフには、登録しておいて損はありません。

大手派遣会社ほどサポート体制も充実しているので、プログラマーとしての経験が浅い方ほどおすすめです。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

ただし、派遣求人は日々変動しているため、タイミングによっては希望の求人が募集終了となっていることも。

仕事選びで妥協しないように、あらかじめ2〜3社の派遣会社に登録してくことがコツですよ。

ヤッター

大手派遣会社は求人数が豊富なことに加えて、福利厚生も充実しているのがうれしいですね。

プログラマー未経験者ほど派遣で経験を積むべき

私服で仕事中の男女

未経験からプログラマーを目指す方は、まずは派遣エンジニアとして経験を積むことがおすすめです。

様々な現場で経験を積んでいけば、自信を持って転職活動に挑めるでしょうし、派遣先の企業から正社員登用の声がかかることもあります。

スキルに自信があれば、フリーランスエンジニアとして独立するという選択肢も考えられるようになるでしょう。

プログラマーとして活躍したい方は、ぜひ派遣エンジニアの仕事をうまく活用してみてください。

あなたの理想の働き方を実現できることを願っています。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国