ノートパソコンで仕事中の女性

専門的な知識を求められるネットワークエンジニアの仕事は、未経験から挑むのはハードルが高く思えますね。

新卒採用ならまだしも、社会人経験のある方が未経験からネットワークエンジニアを目指す場合、まずは派遣エンジニアとして働くことをおすすめします。

今回は、未経験の方がネットワークエンジニアとして働くために必要なことや、派遣エンジニアとして働くメリットについて詳しく解説していきます。

未経験からネットワークエンジニアになるために必要なこと

重要な資料を持ち運ぶ社会人

未経験から一人前のネットワークエンジニアとして活躍できるようになるためには、知識とスキル、そして経験のすべてが必要です。

まず知識とスキルについては、書籍を購入して独学で学んだり、プログラミングスクールやeラーニングを活用することで身につけられます。

加えて、以下のような資格取得を目指すこともおすすめです。

  • シスコ社の認定試験
  • ネットワークスペシャリスト
  • ITパスポート

ネットワークエンジニアは、プログラマーなどと違って覚えることが比較的限定です。

上記資格を取得することで、ネットワークエンジニアとしての実力を証明することができますし、何よりも自信を持つことができるようになります。

それぞれの資格について、ポイントを解説していきます。

ポイント!

正社員を目指す上でも、資格を取得しておくとプラスの評価につながることは多いですね。

シスコ社の認定試験

シスコ社の認定試験はネットワークエンジニアの資格の中でとても有名です。

シスコ技術者認定プログラムには、エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、そして本プログラムにおける最高水準の認定 アーキテクトの5つのレベルがあります。

シスコ技術者認定

シスコ社の資格を取得しておくと、ネットワークエンジニアとしての実力を証明できます。

難易度は5段階に分かれおり、未経験者の方はまず一番難易度の低いCCENTを取得することを目標にしましょう。

CCENTはネットワークの基礎やLANスイッチなどの知識が出題され、基礎的な業務を覚える上でも必要になるため、学習もしやすいです。

CCENTを取得後は難易度を上げて行き、最難易度のCCIEを取得するとことで、ネットワークエンジニアとしての選択肢も大きく広がります。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストもシスコ認定試験と同じくらい知名度が高く、取得しておくことで実力を証明できる国家資格です。

ネットワークの固有技術からサービス動向まで幅広く精通し、目的に適合した大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築し運用できるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す方に最適です。

ネットワークスペシャリスト試験(NW)とは – 独立行政法人情報処理推進機構

シスコ認定試験と違い、1度取得すれば資格更新は必要ないという点も魅力です。

しかしながらネットワークスペシャリストはシスコ認定試験と違い難易度が分かれていません。

実務未経験者にとって、いきなり取得を目指すのは難易度が高く、相当な勉強が必要になります。

それでも資格を取得することでネットワークエンジニアとしてのキャリアアップにはつながるため、努力してみる価値はあります。

ITパスポート

タイピング中の手

ITパスポートはネットワークを含むIT関係の基礎知識を習得したことを証明する資格です。

ITを利活用するすべての社会人が備えておくべきITに関する基礎的な知識を証明できる国家試験です。ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできる“IT力”が身につきます。

ITパスポート試験とは

ITパスポートはネットワークエンジニアに特化した資格ではありません。

プログラマーやシステムエンジニアなど、様々なエンジニアと一緒に仕事をするときにITパスポートで得られる知識が役立ちます。

可能であればITパスポートの上位にあたる基本情報技術者を取得したいところですが、難易度は少し高めです。

まずはITパスポート試験をクリアして、実務を経験しながらより上位の資格取得を目指すのがよいでしょう。

テヘペロ

ITの知識に自信がない方は、まずはITパスポートの資格を取得して、そこから専門的な資格取得を目指すのがおすすめです。

派遣エンジニアなら幅広い実務経験を積める

キレイに整頓されたオフィスフロア

ネットワークエンジニアに必要な知識とスキルは、eラーニングや資格取得の勉強で身につけられたとして、問題は実務経験です。

正社員の募集で未経験者歓迎の求人は少ないため、まずは派遣社員として経験を積むことをおすすめします。

派遣エンジニアとして働く最大のメリットは、複数の現場で経験を積めることです。

複数のプロジェクトに参加することで幅広い経験を積むことができ、より条件の良い案件で働くことができたり、正社員にキャリアアップすることもできるでしょう。

モリモリ

派遣会社のコーディネーターと相談しながら、経験の浅い人でも挑戦できる仕事を探してもらいましょう。

実務経験ゼロで働ける案件もある

未経験者に派遣エンジニアの働き方をおすすめする理由のひとつに、実務経験ゼロで働ける案件も多いという点があります。

基礎的な知識やスキルは求められますが、経験がなくてもネットワークエンジニアとして働くことができます。

派遣なら2〜3ヶ月単位で職場を変えることもできるため、ある程度経験を積めたと感じたら、より高度なスキルが求められる職場へ挑戦しましょう。

スキルアップは時給アップに直結

派遣エンジニアとして働く場合、スキルアップは時給アップに直結します。

正社員とは異なり、派遣エンジニアに定期的な昇給はありません。

先ほどもご紹介した資格取得でスキルアップすることや、いくつかの現場で経験を積んで高評価をもらえていれば、より時給の高い仕事に就くこともできるでしょう。

スキルと経験が豊富になれば、派遣社員から正社員に転職することもできますし、フリーランスエンジニアとして働いていくことも不可能ではなくなります。

ネットワークエンジニアの詳しい仕事内容については、以下の記事で解説しているので、よろしければご覧ください。

派遣求人を探すなら大手派遣会社

会議室でスマホを操作している男性

派遣エンジニアとして働いていく上では、派遣会社選びも重要です。

経験が浅くても挑戦できる案件や、働きながらスキルアップできる案件など、幅広い求人を抱える派遣会社を選びましょう。

少なくともエンジニア派遣大手のリクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフには、登録しておいて損はありません。

大手派遣会社ほどサポート体制も充実しているので、エンジニアとしての経験が浅い方ほどおすすめです。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

ただし、派遣求人は日々変動しているため、タイミングによっては希望の求人が募集終了となっていることも。

仕事選びで妥協しないように、あらかじめ2〜3社の派遣会社に登録してくことがコツですよ。

ヤッター

大手派遣会社は求人数が豊富なことに加えて、福利厚生も充実しているのがうれしいですね。

ネットワークエンジニア未経験者ほど派遣で経験を積むべき

大量のLANケーブル

ネットワークエンジニアは将来性があるため、これからネットワークエンジニアを目指すのはとてもおすすめです。

基礎的な知識とスキルを身に着けたら、まずは派遣エンジニアとして経験を積んでいきましょう。

ネットワークエンジニアとして実務経験を積んでいけば、選択肢は大きく広がります。

派遣エンジニアとして働き続ける場合でも、経験豊富なエンジニアは時給3,000円などの高額案件に就くこともできます。

実力を認めてもらえれば派遣先で正社員登用の声がかかることも少なくありませんし、フリーランスエンジニアとして独立すれば年収1,000万以上も夢ではありません。

理想の働き方を実現するためにも、まずは派遣エンジニアとしてネットワークエンジニアに必要な実務経験とスキルを身につけましょう。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国