ベンチでパソコンを触っている男性

フリーランスエンジニアはどうやって案件を獲得しているかご存知でしょうか。

フリーランスエンジニアとして独立すると、案件がなければ収入はゼロになってしまいます。

案件探しはフリーランスエンジニアにとって最重要ともいえるタスクですが、営業はちょっと苦手…という方も少なくありません。

そこで今回は営業が苦手なフリーランスエンジニアにおすすめの案件を探す方法について解説していきます。

フリーランスエンジニアが案件を探す方法

仕事中のオフィス風景

フリーランスエンジニアが案件を探す方法としては、大きく分けて2つあります。

  • 人脈を活かして案件を獲得する方法
  • 案件紹介サービスを利用する方法

営業力に自信のある方であれば、飛び込み営業や電話営業で直接案件を取りに行くこともできます。

しかしながら今までエンジニアとして技術を磨くことに集中してきた方の場合、営業に抵抗のある方も少なくありません。

それぞれの特徴を解説していきます。

うーん

営業ができる方なら直接大手企業に売り込みに行くこともできますが、簡単にできることではないですよね。

人脈を活かして案件を獲得する方法

まずは今まで築き上げてきた人脈を利用して案件を得る方法です。

メリットとしては、すでに形成されている人脈を利用するため、気兼ねなく話ができる点や自分から強く営業をかけなくても仕事を依頼してもらえる可能性があるところです。

正社員として勤務していた職場のつながりをはじめ、派遣エンジニアとして複数の企業に顔を売り込んでおけば仕事を紹介してもらえるチャンスは増えるでしょう。

デメリットとしては、人脈が少ない状態で独立した場合、仕事が見つからない可能性も高いということ。

タイミングよく仕事が見つかればよいのですが、希望に合った案件となかなか巡り会えない…というリスクがあることは理解しておきましょう。

ヤッター

派遣エンジニアなら複数の現場で働けるので、人脈は広げやすいですよね。

案件紹介サービスを利用する方法

営業は苦手で人脈もたくさんない…という方におすすめなのが、フリーランスエンジニア向けの案件紹介サービスを利用する方法。

基本的にはエンジニアを募集したい企業が案件を提示し、求められるスキルや条件を見ながらフリーランスエンジニアが応募するという形になります。

メリットとしては、スキル面や条件面で案件とマッチングできるため営業力や人脈の有無が問われません。

独立したばかりの方や、仕事の幅を広げてみたいと考えている場合は積極的に利用してみると良いでしょう。

デメリットとしては、サービスによって差はあるもののシステム手数料の負担があること。

提示されている金額の一部がシステム手数料として引かれてしまうのです。

手数料の負担はあるものの、サービスの特徴をきちんと理解して利用するなら、とても強い味方になります。

モリモリ

自力で案件を取ってこれるようになれば、手数料として取られていた分も自分の報酬になりますよ。

フリーランスにおすすめの案件紹介サービス

スマホを操作している私服の男性

フリーランスエンジニア向けの案件紹介サービスはたくさんあります。

今回はおすすめのサイトを3つピックアップしてご紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは案件探しに使われるサイトの中でも非常に有名です。

有名なだけあって案件数も多く、プログラミングからライティングなど案件の種類も豊富です。

また在宅で働ける案件や現場で作業を行う案件もあり、多くのフリーランスエンジニア方が利用しやすいサイトになっています。

デメリットとしては、システム手数料が比較的高い点です。

クラウドワークスのシステム手数料は以下になります。

  • 報酬額20万円超え:5%
  • 報酬額10万円超え20万円以下:10%
  • 報酬額10万円以下:20%

10万円の案件であれば、2万円がシステム手数料として引かれ、フリーランスエンジニアには8万円だけが支払われます。

またクラウドワークスから自身の口座に報酬を振り込む場合も手数料が発生する場合があります。

ランサーズ

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと同様に、フリーランスエンジニアが案件を探すのによく使用されるサービスです。

ランサーズはクラウドワークスに負けず劣らず案件数が多く、案件の種類だけで言えばランサーズの方がクラウドワークスよりも多いです。

デメリットはクラウドワークスと同じでシステム手数料が比較的高い点です。

システム手数料は以下になります。

  • 報酬額20万円超え:5%
  • 報酬額10万円超え20万円以下:10%
  • 報酬額10万円以下:20%

現時点ではクラウドワークスとまったく同じになっていますが、変動することがあるため、定期的に確認を行うことをおすすめします。

特にこだわりがなければ、クラウドワークスとランサーズの両方に登録しておくとよいでしょう。

レバテック

レバテック

レバテックも案件を探す上でとても便利なサービスですが、クラウドワークスやランサーズとは仕組みが異なります。

レバテックの場合、エンジニアが直接案件に応募するのではなく、レバテックの担当者が間に入って各種調整や交渉を行ってくれます。

案件を受注するにあたり、企業側と顔合わせを行う場合も担当者が同席してくれるなど、手厚いサポートを受けられます。

フォロー体制が整っているため、エンジニアとしての仕事に集中できることが大きな魅力です。

システム手数料は10%~20%で、クラウドワークスに比べるとシステム手数料の下限が高く設定されています。

しかし孫請けの案件は少ないと公言しているため、比較的報酬が高めの案件も多く、それほど大きな差は生まれません。

ポイント!

クラウドワークスもレバテックも、気になったサービスは実際に使ってみることが大切ですよ。

自分に合った案件の探し方を見つけましょう

スマホを操作している中年男性

営業が苦手なフリーランスエンジニアにおすすめの案件を探す方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

正社員や派遣エンジニアとして予め人脈を作っておけば、フリーランスエンジニアとして独立した後に仕事を依頼してもらえるチャンスは増えます。

しかしながら余程のスキルや経験がある方でない限り、継続的に仕事を依頼してもらえる保証はありません。

仕事が途切れてしまったときの収入源を防ぐためにも、案件紹介サービスをうまく活用するようにしましょう。

クラウドワークスやレバテックを利用したことがない方は、業務が落ち着いたときにでも登録してみることをおすすめします。

自分に合った案件の探し方を見つけましょう。

人気のフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

オススメ度5.0
特徴業界TOPクラスの高単価
対応エリア首都圏のみ

midworks

オススメ度4.5
特徴社員並みの安定した生活
対応エリア首都圏のみ

ギークスジョブ

オススメ度3.5
特徴取引企業数3,000社
対応エリア主要都市のみ