仕事中の明るいオフィス

プログラマーの定年は30歳~35歳、という噂を聞いたことありませんか。

この話自体は都市伝説のようなもので、生涯プログラマーとして働き続けることは可能です。

ではなぜエンジニア35歳定年説のような都市伝説が生まれたのでしょうか。

日本ではプログラマーやシステムエンジニアの専門職とマネジャーなどの管理職を比べると、管理職の方が企業内の地位は高いと考えられています。

正社員のエンジニアが昇給や昇格を目指そうと思うと、管理職になるしか道がないのです。

専門職としてエンジニアとして働き続けるのか、管理職を目指していくのか、将来のことを考えていくことはとても大切です。

そこで今回は、管理職と専門職それぞれに向いているエンジニアについて、詳しく解説していきます。

管理職を目指すべきエンジニアの特徴

書類を眺めている中年男性

管理職を目指すべきエンジニアは、プログラマーやシステムエンジニアのような専門的な実務よりも、プロジェクト全体の進捗管理を行うことが好きな方が向いています。

また、エンジニアの業務を行うことよりも高い収入を得たり、役職がつくことにやりがいを感じられるタイプの方も管理職に向いているといえるでしょう。

自分のスキルを磨くことよりも、若手や部下を育てることに面白みを感じられるタイプの方も管理職として活躍できる素質があります。

コチラ

管理職として人の上に立つことになるため、周りからの人望も求められる職務です。

専門職を目指すべきエンジニアの特徴

オフィスでパソコン作業中の若い男性

専門職としてのエンジニアを目指すべき方は、収入や役職よりもプログラマーやエンジニアの仕事内容が好きな方が向いています。

プロジェクトのメンバーをマネジメントしたり、部下を育てることが苦手…という方にとっても、専門職として働き続けることは選択肢のひとつです。

管理職になったエンジニアが「こんなことをするために、この会社に入ったんじゃない…」と嘆いてフリーランスとして独立していく方も少なくありません。

ポイント!

プログラミングやエンジニアの仕事が好きな方、職人気質の方は専門職で活躍できる可能性が高いですね。

専門職として活躍するための選択肢

正社員として企業に所属している場合、いずれは専門職のエンジニアから管理職にならざるえない状態になります。

開発の仕事が好きで、現場で働き続けたい!と希望を出したところで、会社の意向に沿わなければ認めてもらえません。

管理職になることは避けられないのかというと、そうでもありません。

専門職のエンジニアとして働き続けるためには、いくつか方法があります。

正社員として転職を繰り返す

オフィスで雑談中の男女

ひとつの企業に長く所属していると、実力が着いてくるほど管理職を任されることになりがちです。

どうしても管理職になりたくないなら、職場を変えるしかありません。

専門職として働ける会社へ転職しましょう。

とはいえ実務経験が豊富だとしても、正社員として転職する場合、年齢を重ねる毎に採用されるハードルは上がっていきます。

年齢だけに限らず、短期間で企業を転々としている場合、書類審査で不合格にされる可能性も高くなってしまいます。

卓越したスキルと実績があれば、職務経歴は問われないこともありますが、積極的におすすめはできません。

ダメー!

少なくともひとつの職場で1〜2年は勤務してから転職を考えたいですね。1〜2ヶ月で辞めるのは印象がよくありませんよ。

フリーランスエンジニアになる

私服で勤務中の若い男性

フリーランスエンジニアとして独立すれば、管理職の役割を任されることはなくなります。

専門職のエンジニアとしての業務を続けたり、自分の好きな仕事を選んだり、自由に休むこともできます。

もちろんフリーランスエンジニアになるためには、独立前に専門的なスキルを幅広く習得して、人脈を作っておく必要があります。

また、フリーランスエンジニアになったとしても、専門職の仕事だけに集中できる訳ではありません。

仕事を受注できなければ収入がゼロになってしまうため、あまり興味のない仕事をしないといけないときもあるでしょう。

人脈の有無や自分の持っているスキルによって違いはありますが、少なからず営業活動も必要になります。

確定申告や請求書作成などの事務的な作業も、フリーランスとして働くためには必須の作業になります。

ヤレヤレ

仕事の選択や休みの自由、高額収入を得られるチャンスがある分、リスクもあることは理解しておきましょう。

派遣エンジニアとして働く

キーボードを操作する青い服の女性

最後にご紹介するのは、派遣エンジニアとして働くという選択肢。

派遣エンジニアなら専門職としての業務に集中することができます。

様々なプロジェクトに参加することもできますし、専門職エンジニアにとってスキルを磨くには最高の環境といえます。

さらに派遣エンジニアなら派遣先を数ヶ月単位で変えることもできるので、正社員で転職を繰り返す際に問題となった職務経歴の粗さも問題になりません。

年齢に関しても、派遣先が正社員登用を前提とした案件などで年齢制限を設けている場合以外は、それほど大きな問題にはなりません。

フリーランスエンジニアほどリスクを背負うこともなく、事務作業などに時間を奪われることもないため、業務に集中したい方にはぴったりの働き方です。

ヤッター

実力があれば高い時給の案件に就くこともできるので、正社員と同等以上の年収を稼ぐこともできますよ。

管理職か専門職かじっくり考えて判断を

資料の置かれたデスク

管理職として組織を動かす立場に上がるか、専門職のエンジニアとして現場で働き続けるかは、エンジニアにとって大きな選択です。

専門職エンジニアを続けると決めた場合も、フリーランスになるか派遣エンジニアを目指すかで将来に違いが出てきます。

現在、エンジニアとして活躍している方も、これからエンジニアになろうとしている方も、5年後、10年後のキャリアプランを見据えて、どのような選択をすべきか考えてみましょう。

今後のキャリアで迷ったときは、先輩エンジニアに色々と話を聞いてみることをおすすめします。

じっくり考えて、後悔しない選択をしましょう。