近未来的な仕事風景

普段はなかなか知る機会がない、機械設計の派遣エンジニアの収入はどれくらいなのか?

興味があったとしても、あまり一般的な仕事ではないので情報を得る機会は少ないですね。

実際にメーカーでエンジニアとして仕事をした経験と、公開されている情報から派遣エンジニアの年収を探ります。

機械設計の派遣エンジニアの年収はどれくらいか

社会を支えるエンジニアリング

機械設計の派遣エンジニアといっても、実際の仕事内容は多種多様です。

たとえば、業務委託者が考えている部品の構想図をもらって三次元モデルを作成したり、図面化作業を専門的に行うCADオペレーター。

仕様を伝えれば設計まで任せることができる設計者。

両者では得られる収入も大きく異なります。

CADオペレーターの平均年収

CADオペレーターも特殊で専門性の高い仕事ですので、一般的な派遣の仕事と比べて収入は良いです。

もちろん仕事をこなすスピードが早ければ、年収にも差が出てきます。

CADオペレーターの平均年収は300万円〜400万円台となっていますが、経験や技術によっては年収500万円以上の人も少なくありません。

コチラ

CADオペレーターの求人は実務経験が必須なことも多いです。ハードルは高いですが、その分待遇はいいですね。

設計者の平均年収

キレイなオフィスで仕事をするビジネスパーソン

設計者としては、ある機械設計の派遣を中心に行っているM社の情報(モデル賃金)によると以下のようになっています。

  • 25歳:491万円(月収32万円)
  • 30歳:633万円(月収42万円、子ども1人扶養)
  • 35歳:691万円(月収46万円、子ども2人扶養)

大手企業で正社員として働く機械設計エンジニアの年収は、モデル年収は以下のようになっています。

  • 20代:400~500万円
  • 30代:500~600万円
  • 40代:600~700万円

派遣エンジニアでも正社員と遜色ないことがわかります。

基本給に差はあるかもしれませんが、派遣エンジニアの場合、残業代が全額支給となるので年収も高めになります。

残業で年収が高くなるという一面も

最近はサービス残業が減ってきたとはいえ、ゼロになったわけではありません。

派遣エンジニアは雇用契約上、働いた時間分きっちり給与が支給されるため、収入面で有利になることもあります。

また、企業は正社員の残業時間を制限する傾向があり、どうしても残業が必要なときに派遣エンジニアに業務を依頼するケースもあります。

労働時間が増えますが、その分年収も多くなります。

ヤッター

たくさん残業して年収アップを目指したい!という方にも機械設計の派遣エンジニアはおすすめです。

機械設計の派遣エンジニア求人の主な月給

資料を見ながら仕事中のビジネスパーソン

CADオペレーターの求人を抱えている派遣会社は多く、時給1,400円~3,000円と経験や技術によって大きな差があります。

設計者の求人は一般的な派遣会社ではなく、エンジニア専門の派遣会社が抱えていることがほとんど。

たとえば、エンジニア派遣大手のM社の求人は以下のような募集内容になっています。

  • 月給20万4050円以上
  • 能力や経験、年齢を考慮のうえ当社規定により優遇
  • 別途、残業代を全額支給

平均残業時間は月30時間を想定しており、モデル月収は25歳で31万円程度となっています。

設計者に特化した派遣会社では、汎用技術であるCADをはじめ、材料力学や製造方法技術など専門的な分野の教育も熱心に取り組んでいます。

ポイント!

仕事以外でもスキルアップをしながら高収入を目指すことができるので、大手派遣会社への登録はおすすめです。

技術と経験があれば待遇の良い案件に就ける

派遣の機械設計エンジニアは、CADのオペレーターからスタートすることが多いです。

CADの技術だけでなく、設計についても知識が増えると、設計者にステップアップできます。

CADオペレーターは設計者に比べて人数も多く、競争率も高いため比較的給与が安く設定されています。

また、任せてもらえる業務も限定的。

それに比べて、設計者になると、単純に人数が少ないため重宝されるだけでなく、任される業務も大きく広がります。

業務が広がると知識や経験が増え、さらにスキルアップすることができます。

経験豊富な設計者は企業から引く手数多の状態

男性コーディネーターと面談

設計者としてスキルアップできると、多くの企業から引く手数多の状態になれますし、当然待遇も良くなります。

極端な例でいうと、派遣会社からも「ぜひうちから派遣させてほしい!」とお願いされるような立場になります。

契約期間の延長を要望する場合は、派遣会社から時給アップの交渉もしてもらえますので、さらに高待遇になるチャンスが増えます。

勤務期間が長くなると、企業から直接雇用を打診されることも少なくありません。

派遣エンジニアとして働くことを続けるか、大手企業で正社員として働いていくか、双方のメリットとデメリットを比較しながら、あなたにとってベストな選択をしましょう。

テヘペロ

設計者として経験を積むことは簡単な道ではありませんが、努力に見合う明るい将来が待っていますよ。

機械設計の派遣エンジニアなら高年収も目指せる

パソコンを使って仕事中の男性

先ほども述べたように、自分の知識や持っている技術、経験によって収入は大きく変わります。

経験という意味では、大手企業のような年功序列に近い点もありますが、自分の知識や技術をいかに使って企業に認められるかが重要になります。

当然、契約更新のタイミングで定期的に企業から仕事内容に対する評価を受けます。

その結果が派遣会社内での評価につながり、次の仕事の内容や、派遣業者から売り込み度合いが決定します。

派遣エンジニアの評価は、すべて自分自身の実力で決まります。

その点では、大手企業で正社員として働くより実力成果主義といえます。

実力次第で仕事も継続できて年収も上がる

仕事のできる派遣エンジニアには、残業してでも設計業務の依頼が入ります。

残業代はきちっとつくので、単純に月収だけではなく年収で考えると、かなりの高年収を得ることもできます。

機械設計の技術者は、派遣エンジニアを低く見ている人も稀にいますが、それは実力次第で変えることができます。

一度エンジニアとして認められると、現場での必要性を訴えてもらうことができ、継続契約となると年収はどんどん増やすことができます。

ただし、給料に対する考え方は派遣会社によって異なるので、事前に契約がどのように変わっていくのか確認をしておくことをおすすめします。

機械設計エンジニアの派遣求人を探すなら

資料を見ながらパソコンを操作する男性

エンジニア派遣を専門に手がける会社はたくさんありますが、機械設計となると扱っている求人数がどうしても少なくなりがちです。

登録するなら、派遣会社大手のパーソルテクノロジースタッフ(旧インテリジェンス)や、平均年収585万円という業界トップクラスの給与水準が魅力のリツアンSTCがおすすめ。

特にリツアンSTCについては、募集中の求人が公開されているため、お住いの地域で希望に合った求人があるかどうかをすぐ確認できます。

気になる求人を見つけたなら、早速登録を申し込んでみましょう。

絶対的な求人数の少ない職種ということもあり、待遇の良い魅力的な求人には応募が殺到しがちです。

他の人で募集が埋まってしまわないように、少しでも気になる求人を見つけたらすぐに行動しましょう。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

機械・電気・化学系エンジニアの仕事を探すなら

スタッフサービス・エンジニアリング

スタッフサービス・エンジニアリング
オススメ度5.0
特徴業界トップクラスの案件数
対応エリア沖縄以外全国