オフィスでの打ち合わせ風景

専門性があり出来る人が少なく重宝されるため、機械設計エンジニアの仕事をしてみたいと思っている人は多いですね。

とはいえ機会設計の仕事内容について知らないと、どのようなスキルを身につけておけば良いかわかりません。

そこで今回は、実際の機械設計エンジニアの仕事内容やどのようなスキルが求められているかを詳しくご説明いたします。

機械設計エンジニアの仕事内容とは

仕事中の明るいオフィス

機械設計エンジニアは主として製品開発での機械部品の設計と評価、量産した製品の生産およびユーザーからのクレームに対する設計変更などの対応を行います。

機械部品は、板金、加工品、樹脂などの成型品、モータなどの購入品など様々な部品があります。

製品開発では以下のような仕事があります

  • 設計仕様の作成
  • 設計とレビュー
  • 図面化
  • 試作手配、組立
  • 試作機の検証

それぞれについて順を追ってご説明します。

設計仕様の作成

開発する製品の企画検討し、性能やサイズ、原価などの製品仕様が決まります。

製品仕様を満たすためにどのような設計をするかを机上で考え、設計に対する合否基準を設定するのが設計仕様の作成です。

設計とレビュー

設計仕様が決まると、実際に設計を行います。

設計ツールである3次元CADなどを用いて各部品の配置、形状を決め、レビューを行います。

レビューとは、上司や製品開発のリーダー、ユーザークレームの窓口になる品質保証課、生産クレーム窓口になる品質技術課の担当者に設計内容を説明し、問題点や課題などの指摘をもらう会議です。

レビューの指摘を設計に反映し、再度レビューを行い、指摘がなくなるまで繰り返します。

図面化

レビューが完了すると、次は三次元モデルを部品を製造できる形態(二次元の図面)にします。

最近は、三次元モデルで部品を製作してもらえますが、寸法精度が必要な場所は二次元の図面にして記述します。

試作手配、組立

各部品を試作し、組立を行います。

品質技術課と一緒に組立を行い、作業性などのチェックおよび設計修正を行います。

試作機の検証

組立を行った試作機を使って、各設計仕様、製品仕様を満たすことを確認します。

たいていは課題が発生し、設計変更、再試作を行い、再度検証を行います。

新製品審査

検証が終わり、品質保証課のチェックも合格すると新製品として審査を受け合格すると、晴れて世の中に出すことができます。

機械設計エンジニアとして働くメリット

ネクタイをしめているスーツ姿の男性

機械設計エンジニアとして働くことの一番のやりがいは、自分で設計した部品を使った装置が世の中で役に立つことです。

一言に設計と言いますが、様々な選択肢(形状、製造方法、製造業者)があります。

それを自分の責任(設計)で決めることができます。

自分が設計し、評価した製品が世の中にでて役に立つことを考えるだけでもワクワクします。

評価は機械、電気、ソフトを結合させた状態で行うことが多く、その中で難しい課題にぶつかったときには、原因がどこにあるのか探求に苦しみます。

ときには機械が原因だと思っていたものの、電気が原因だったということもあります。

難しい課題は解決に手間がかかることも多いですが、それを乗り越えたときの充実感は最高です。

デメリットや注意すべき点

機械設計エンジニアだからといって、機械部品のことだけを考えるというのは危険です。

たとえば、電気部品の形状との兼ね合いやソフトの作りやすさへも影響するので、まわりと連携しながら設計を進める必要があります。

また、装置に求められていることを正確に把握できていないと、違う視点で評価を行う品質保証課、製品を使ったユーザーからクレームがでることもあるので注意が必要です。

特にユーザーからは、仕様は満たしているけど昔の製品より性能が悪くなっている!とクレームが入ると、会社の技術力を疑われることになり、今後購入してもらえなくなるリスクがあります。

派遣社員に求められるスキルや経験

資料を見ながら仕事中のビジネスパーソン

装置固有のことはわからなくとも、部品の設計および設計ツール操作のプロになる必要があります。

設計ツールであるCAD(特に三次元CAD)は形状作成だけでなく、強度計算、熱計算もできると幅が広がります。

機械設計エンジニアは、設計だけでなく、評価やクレーム対応を行う必要があります。

評価や検討を行いながら設計を行うのは困難なので、役割分担を行います。

エンジニアは検討結果を設計仕様まで展開し、派遣スタッフの人に説明します。

派遣の人は、その設計仕様をもとに新しい部品を設計したり、設計変更、図面化して試作する作業を行います。

このような場合、設計能力はもちろん、設計スピードも非常に重要になります。

どんなに設計能力が高くても遅ければ、依頼が減ります。

逆にどんなに設計スピードが速くても、不正確であれば、依頼が減ります。

そのため、常日頃から、速く正確にを心がけて設計業務を経験することをおすすめします。

時間に余裕があるときも、「一旦スピードも重視した設計を行い、完了後じっくり見直し問題点を探す」を繰り返します。

問題点が見つからなければ良いですし、問題が見つかる場合は、その問題の傾向をつかんでおくと良いですよ。

派遣の機械設計エンジニアに向いている人

会社によって設計ツールが異なるので、早く操作に慣れる人が向いているといえます。

与えられた設計仕様に対して、速く正確に設計ができ、自分の設計した内容に根拠を持もてる人。

緊急度合いなど無茶な要求をされることも多々あるので、忍耐力がある人も活躍できます。

特に自分よりはるかに若い人から自分が行った設計に対する修正を言われて、イライラしない人は適正があるといえるでしょう。

機械設計エンジニアの派遣求人を探すなら

面談中のコーディネーター

エンジニア派遣を専門に手がける会社はたくさんありますが、機械設計となると扱っている求人数がどうしても少なくなりがちです。

おすすめは、大手派遣会社のパーソルテクノロジースタッフ(旧インテリジェンス)や、平均年収585万円という業界トップクラスの給与水準が魅力のリツアンSTC。

特にリツアンSTCについては、募集中の求人が公開されているため、お住いの地域で希望に合った求人があるかどうかをすぐ確認できます。

気になる求人を見つけたなら、早速登録を申し込んでみましょう。

絶対的な求人数の少ない職種ということもあり、待遇の良い魅了的な求人には応募が殺到しがちです。

他の人で募集が埋まってしまわないように、少しでも気になる求人を見つけたらすぐに行動しましょう。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

機械・電気・化学系エンジニアの仕事を探すなら

スタッフサービス・エンジニアリング

スタッフサービス・エンジニアリング
オススメ度5.0
特徴業界トップクラスの案件数
対応エリア沖縄以外全国