設計図を見ながら仕事中の男性

機械設計の派遣エンジニアはいわゆる製造業(メーカー)と呼ばれる業種全般に関わるチャンスがあり、その中で様々な分野の開発業務に関わることができます。

とはいえ一言に機械設計といっても、基本的な板金や加工品の部品設計だけでなく、光学設計や熱設計などもあり、様々な分野にまたがります。

今回は、機械設計の派遣エンジニアはどのような業種の開発案件に関われるのかについて、詳しく紹介いたします。

機械設計の派遣エンジニアが関われる主な開発案件

清潔感のあるオフィスフロア

大前提として、機械設計の派遣エンジニアは設計をするのが仕事になります。

一言で設計といっても、以下のように大きく分けることができます。

  • 部品形状や材質、製造方法などをなにもない状態から考える新規設計
  • すでにある部品を改善させるための設計変更
  • 設計した部品を製造できるようにする図面化
  • 製品の組み立て方を説明する組立図の作成 など

新製品開発の過程では新規設計が多いですが、製品の大筋を決める構想設計、細部まで決める詳細設計、図面化、組立図の作成、生産用の工具、機械を設計するなど多様な業務に関わることができます。

また、生産時の不具合や生産現場からの改善要求に対する検討を行ったり、ユーザーが使用している中で問題になった部位を修正する設計変更業務も行います。

通常は、企業に採用されてからしばらくは設計変更や図面化、組立図の作成業務が中心になります。

その間に、設計ツールの使い方やその企業のルールを学び、関わる人の設計方針を確認しながら設計変更を行います。

その企業についてある程度理解できると新製品開発での新規設計の業務を行うことになります。

新規設計の業務はアイデアやスピードが必要で非常に困難になることが多いですが、その分やりがいがあり、設計した部品が最先端製品に採用されたときは大きな喜びを得ることができます。

ヤッター

大手企業で新製品の開発に関われるのは、とても魅力的ですよね。大変なことが多い分、やりがいもたくさん感じられます。

技術と経験があれば最先端の開発に関われるチャンスも

会議室で打ち合わせ中の男女

新製品開発は基本的に最先端製品の開発になります。

その中でどのような役割を任されるかは、持っている技術と経験によります。

持っている技術や経験が十分と判断された場合は、最先端の製品開発の中核(主として新規設計)を任されます。

製品や部品の機能の説明を受け、それを自分なりの部品という形に変換します。

ここでは、ほとんどの部品がオリジナルになります。

自分が決めた部品が採用されたら、最先端製品に搭載されます。

自分の関わった製品がユーザーから評価される喜び

新製品として世の中に販売され、ユーザーからの評判が良ければ、なんともいえない満足感に浸れます。

まるで自分の産んだ子供がほめられるような喜びを得ることができます。

反対に技術が不十分と判断されると、技術が身に着くまでは他人が設計した部品を図面化するなど、一般的に誰でもできる業務を任されることになります。

もちろん、最初から技術や経験は持てませんので、簡単な設計変更時でも元々の部品の設計意図を学び、他人の設計を理解していくと知識、経験はどんどん増えていきます。

その知識、経験を捨てずに蓄積していけると、将来は最先端の開発に関われるようになります。

単に言われたことをするだけではなく、なぜそのような設計になっているかを考えながら経験を積む方が効率良く早く新製品の開発に関われるようになります。

モリモリ

いきなり最先端の開発に関われることは滅多にありません。経験を積んでいきながら、コツコツ頑張っていきましょう。

機械設計の派遣エンジニアは幅広い業種で働ける

都会の空

機械設計の派遣エンジニアは製造業(モノづくり業界)全般で関わることができます。

具体的には、自動車業界や家電業界、輸送機器や分析機器および医療機器など製品全般で機械設計は必要です。

特に大きい企業になればなるほど、作業分担をする傾向があるので、派遣エンジニアを採用しているところが多いです。

幅広い業種で共通する設計の例としては、筺体があります。

世の中には、家電製品など製品を動かす動力源として電気を使う製品が多いです。

電気基板をむき出しにして製品として世の中に出すと、ユーザーが基板を触って感電する恐れがあるため、必ず筺体(箱)にいれます。

筺体も単純な箱から、デザイン性に優れた形状まで幅が広いです。

良いデザインを実現するための機械設計という仕事

どの業界でも、見栄えの良い商品の方がユーザー受け良く、売り上げにつながる可能性も高いです。

そして良いデザインは、たいてい複雑な形状になるので調整する機械設計業務が発生します。

上記は一般的な案件になりますが、その他にも色々と関われる仕事があります。

  • 分光光度計や照明などの光学設計(紫外域から赤外域まで)
  • 装置の発熱をおさえたり、効率良く排熱するなど熱の移動をコントロールする熱設計
  • 製品の振動やファンによる騒音をおさえる音設計
  • 液体や気体の流れをコントロールする流体設計 など

業界によって、また開発する製品によって要求される設計内容は異なります。

設計情報を知っていると知らないでは大きな違いです。

浅くても知っていれば、そこから参考書などを使って深く掘り下げることができます。

広く浅くでも情報を持っていることが重要で、そのような人材は多様な業界で重宝され、最先端の開発に関われる機会が増えます。

ポイント!

常に学ぶ姿勢を忘れず、努力を積み重ねていける人ほど、最先端の開発に関われるチャンスが増えるものです。頑張りましょう。

機械設計エンジニアの派遣求人を探すなら

会議室でスマホを操作している男性

エンジニア派遣を専門に手がける会社はたくさんありますが、機械設計となると扱っている求人数がどうしても少なくなりがちです。

登録するなら、派遣会社大手のパーソルテクノロジースタッフ(旧インテリジェンス)や、平均年収585万円という業界トップクラスの給与水準が魅力のリツアンSTCがおすすめ。

特にリツアンSTCについては、募集中の求人が公開されているため、お住いの地域で希望に合った求人があるかどうかをすぐ確認できます。

気になる求人を見つけたなら、早速登録を申し込んでみましょう。

絶対的な求人数の少ない職種ということもあり、待遇の良い魅力的な求人には応募が殺到しがちです。

他の人で募集が埋まってしまわないように、少しでも気になる求人を見つけたらすぐに行動しましょう。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

機械・電気・化学系エンジニアの仕事を探すなら

スタッフサービス・エンジニアリング

スタッフサービス・エンジニアリング
オススメ度5.0
特徴業界トップクラスの案件数
対応エリア沖縄以外全国