資料を見ながら仕事中のビジネスパーソン

機械設計の派遣エンジニアは一般的な派遣の仕事と比べて、高収入が期待できるなど大きな魅力があります。

専門的な知識が求められる機械設計の仕事ですが、持っておくと有効な資格とはどんなものがあるのでしょうか。

仕事に役立つ資格の紹介、と資格を習得するメリットについて詳しく説明いたします。

なお、エンジニアにとって資格取得を目指すことは、資格を持つこと以上に資格を取るために勉強(経験)をすることに意味があります。

機械設計の派遣エンジニアに必要な資格とは

資料の上に置かれた黒縁メガネ

機械設計の資格で役立つ資格は、大きく分けると2つに分類されます。

それぞれについて順を追ってご説明します。

CADを使いこなすための資格

まず、一つ目はCADなどの設計ツールを使いこなせるかを判断する資格です。

これはCADオペレーターを目指す人に関連する資格です。

CADについては比較的多様な資格がありますが、採用される企業の分野によって求められる能力が全く異なるため、どの資格がおすすめ!と断言することはできません。

設計業務やCADを使った仕事の経験が全くなければ、資格はアピールすることに役立つので積極的に取得した方が良いです。

ただしCADについては資格よりも経験(ツールへの慣れの速さ、正確さ、スピードアップ)が何よりも重要です。

CADのスキルに関連する主な資格

CAD操作に関する資格は非常に多いです。

以下に主要といわれる資格の例をあげます。

資格名主催団体
CAD利用技術者試験日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会
3次元CAD利用技術者試験日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会
CADトレース技能審査中央職業能力開発協会
CAD実務キャリア認定制度コンピュータキャリア教育振興会
パソコン技能検定CAD試験全日本情報学習振興協会

著名な資格には「CAD利用技術者試験」や「CADトレース技能検査」などがありますが、これらの資格がないから採用されない、という話は聞いたことがありません。

とはいえCADについての知識を増やすという点で、資格取得を目指すことは有効です。

機械設計の仕事で求められる資格

カフェで仕事をしている眼鏡の女性

もう一つは機械設計に必要な知識(材料力学や電磁気学など)が備わっているかを確認するための資格です。

CADのオペレーターではなく、仕様をもらって部品の材料や形状、構造を設計する「設計者」になる人に有益な資格です。

こちらは、大きくわけて2種類(技術士と機械設計技術者試験)の資格があります。

詳細は次節で述べますが、どちらも難関ですが、取得するためには実践で使える知識を身につける必要があるため、取得できれば得られるものは大きいです。

技術士は国家資格なので、国の関係する部門でも採用されることがあります。

機械部品を設計するための資格

CAD以外で機械部品を設計するための資格は、主に下記の2種があります。

資格主催団体備考
技術士(機械部門)日本技術士会国家資格
機械設計技術者試験
1級、2級、3級
日本機械設計工業会

技術士は取得するには単に勉強だけではなく、実践的な教育を受けている必要があり、試験も複数日を使って行われます。

非常に難関な資格として有名で、大手企業でも技術士の資格を取得している人は少ないです。

取得すると相当な金額の資格手当がでる企業もあります。

機械設計技術者試験は、機械設計に必要な力学や電磁気学などをやや実践向けにした問題が多く、受験を推奨している企業は多いです。

3級はあまり評価の対象にはならず、2級から力をいれる企業が多いです。

1級を取得しようと思うと、2級の資格を持っている必要があります。

2級までは比較的取得しやすいですが、1級は小論文もありかなり難関です。

1級を取得すると資格手当を支給してくれる企業も多いため、経験を積みつつ収入が増えるというメリットがあります。

資格を取得すれば活躍の場が広がる

東京の町並みとよく晴れた青空

資格を取得するために勉強をし、知識を深めることで活躍の場は広がります。

CADの操作は使っていくうちに慣れることができるので、どちらかというと機械設計技術者試験に向けて勉強することをおすすめします。

まずは2級を取得するために勉強し、結果的に2級で終わったとしても、機械設計について知識を深めたことは伝わるので意味があります。

資格を取得して派遣エンジニアとして活躍を

エンジニアの業界では、「資格をもっているからえらい!」という風潮は全くありません。

しかしながら、自分に自信を付けるという意味でも資格を取得するメリットは大きいです。

また、派遣先の依頼者やその上司が設計について知識が乏しい時にフォローすることができます。

何も知らなければフォローもできないので、企業側にとっては採用するメリットがないだけでなく、自分の知識を深めることができないので、かなり損をします。

フォローすることで自分も知識を深めていけるので、他の設計者をどんどんフォローして知識を磨くことが先端装置の開発という輝かしい場所で活躍する機会につながります。

機械設計エンジニアの派遣求人を探すなら

自宅でパソコンを見ている若い男性

エンジニア派遣を専門に手がける会社はたくさんありますが、機械設計となると扱っている求人数がどうしても少なくなりがちです。

登録するなら、派遣会社大手のパーソルテクノロジースタッフ(旧インテリジェンス)や、平均年収585万円という業界トップクラスの給与水準が魅力のリツアンSTCがおすすめ。

特にリツアンSTCについては、募集中の求人が公開されているため、お住いの地域で希望に合った求人があるかどうかをすぐ確認できます。

気になる求人を見つけたなら、早速登録を申し込んでみましょう。

絶対的な求人数の少ない職種ということもあり、待遇の良い魅力的な求人には応募が殺到しがちです。

他の人で募集が埋まってしまわないように、少しでも気になる求人を見つけたらすぐに行動しましょう。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

機械・電気・化学系エンジニアの仕事を探すなら

スタッフサービス・エンジニアリング

スタッフサービス・エンジニアリング
オススメ度5.0
特徴業界トップクラスの案件数
対応エリア沖縄以外全国