タイピング中の女性の手

エンジニア職種の1つでインフラエンジニアという仕事があるのをご存知ですか。

プログラマーほどの知名度はありませんが、システムを運用する上で非常に重要な役割を行っています。

そもそもインフラというのは「下部工程」と呼ばれ、代表的な仕事の役割は主に設計・構築・運用保守になります。

ネットワークエンジニアもインフラエンジニアの一部として考えられることもありますね。

今回は、インフラエンジニアの仕事内容や派遣エンジニアに求められるスキルをご紹介していきます。

インフラエンジニアの仕事内容とは

ノートPCを持っている私服の男性

そもそもインフラという言葉には、基盤という意味があります。

インフラエンジニアはシステムの基盤となる部分のエンジニアで、大きく分けて以下の2種類になります。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア

それぞれの仕事内容や特徴を解説していきます。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークを安定して快適に使用できるようにすることが仕事です。

主な役割は設計・構築・運用保守に分かれていて、仕事内容がそれぞれ違いますが、所属する企業によってはひとりで全ての役割を行う場合もあります。

専門的なスキル使用するエンジニアの中では少ないですが、シフト勤務が多い職種です。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアはサーバーを最適で最大のパフォーマンスを出せるようにすることが仕事です。

サーバーエンジニアの役割はネットワークエンジニアと同じで、設計・構築・運用保守に分かれてります。

OSやセキュリティーなどの専門的な知識が必要です。

コチラ

サーバーの技術も日々進化していっているため、常に新しい知識を身に着けていくことが求められる仕事ですね。

インフラエンジニアのやりがい

背の高い男性とスーツ姿の女性

インフラエンジニアはOS、ネットワーク、セキュリティー、ハードなど様々な知識が必要になる為、経験を重ねるごとに非常に多くの技術や知識を得ることができます。

またエンジニアの中でも最新機器や最新技術に触れる機会が多いため、飽きることがありません。

インフラエンジニアの中での役割や年齢によっても収入に違いがありますが、平均年収は500万~800万と安定した収入を得ることもできます。

ヤッター

最新機器に触れられることが好きな人にとっては、やりがいを感じられる仕事ですよ。

AWSはインフラエンジニアの必須スキル

AWSはAmazon Web Servicesを略した呼び方で、Amazonが社内のノウハウから作り出したクラウドサービスのことです。

近年クラウド化の流行により、インフラエンジニアに必要な技術としてクラウドサーバーのスキルも求められるようになっています。

AWSでインフラエンジニアに深く関わる機能には以下のことがあげられます。

  • 仮想サーバ利用
  • オンライン上のストレージ利用

それぞれの機能を順を追って説明していきます。

仮想サーバ利用

AWSの提供するサービスの中に、仮想サーバを利用する機能があります。

仮想サーバをまず構築する必要がありますが、従来の物理サーバー構築と違ってAWS上で操作を行うだけで簡単にサーバーを構築できてしまいます。

AWS以外にも言えることですが、今までインフラエンジニアが構成設計を行って、数人のインフラエンジニアがサーバを構築していたのに対して、仮想サーバーは非常に簡単に構築したり構成を変えることができます。

サーバー構築はインフラエンジニアの主な仕事のひとつですが、AWSのような仮想サーバーの場合、システムエンジニアなどがサーバーを構築しているプロジェクトも増えてきています。

そのため、将来的には仮想サーバの構築ができるインフラエンジニアでなければ、どんどん需要が減ってきてしまいます。

オンラインストレージの利用

ディスク領域などの構成もインフラエンジニアが担当しているプロジェクトは多いですが、AWSを利用することで、従来のように運用上想定される容量にバッファーを持たした構成などが必要なくなります。

当然物理ディスクの追加や故障時の保守作業も失くなります。

AWSでは使用領域に応じた金額を支払うことで、オンラインストレージが利用できるため、導入費用が安くなるなどのメリットもあります。

IT技術の進歩により手間がかからなくなるのは素晴らしいことですが、インフラエンジニアにとっては仕事が減ってしまう原因にもつながります。

ポイント!

AWSのアカウント開設は無料でできるので、興味がある方は実際に動かしてみましょう。

AWSのスキルがあれば仕事の幅が広がる

今までインフラエンジニアが行っていた仕事は、クラウド化によりシステムエンジニアでも対応できることが増えてきています。

元々作業の境界線が不鮮明だった部分以外にも、明確にインフラエンジニアの仕事が減ってきている部分もあります。

本格的なクラウド化が進んでいる今、インフラエンジニアもクラウド化技術を身に付けなければ将来性が危ぶまれます。

幸いAWSをはじめとするクラウド化のサービスは、インフラエンジニアとしての下積みがあれば習得はそれ程難しくはありません。

AWSには認定試験もあるため、勉強も兼ねて認定試験を受けることをおすすめします。

AWS 認定は、技術的な専門知識を実証し、キャリアを高め、高いスキルを備えたクラウド専門家を雇用者が見つけるのに役立ちます。

AWS 認定

また、AWS以外にもCitrixなどクラウド化のサービスや仕組みがあります。

まずはメジャーなAWSを習得すれば、基本的な概念はどれも似ているため、それぞれのUIさえ習得すれば即戦力として活躍することもできます。

ヤッター

派遣求人でもAWSのスキルを持っている方は仕事を探しやすくなりますよ。

インフラエンジニアの大変さ

働きすぎで疲れ果てているエンジニア

インフラエンジニアを働くデメリットと注意点は役割によって違いがあります。

ネットワークエンジニアとサーバエンジニア、それぞれについて解説をしていきます。

ネットワークエンジニアのデメリット

ネットワークエンジニアは役割にもよりますが、シフト勤務になることが多いので睡眠時間などの調整が必要です。

万が一ネットワークのトラブルが発生したとき、迅速な対応が求められます。

派遣エンジニアに求められることは基本的にありませんが、正社員として働いているエンジニアの場合、休日でも緊急の呼び出しを受けることも少なくありません。

うーん

給料が高かったとしても、休日に呼び出されるのはちょっとつらいですね…

サーバーエンジニアのデメリット

サーバーエンジニアはネットワークエンジニアと比べて、年収が低めに設定されていることが多いです。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの明確を役割を分けている企業の場合は注意が必要です。

将来性について、サーバーエンジニアが必要なくなることは考えられません。

とはいえ、サーバーの仮想化などの技術が発展しており、物理的なサーバーはサーバーエンジニアが担当し、仮想サーバーの構築はシステムエンジニアが担当することも増えています。

将来的にサーバーエンジニアの人手不足が解消され、需要が減っていく可能性も考えておく必要があります。

派遣社員に求められるスキルや経験

私服で働く男女

派遣のインフラエンジニアとして求められるものは、幅広い知識と深い専門性です。

ネットワークやOSなどの基礎知識だけでも、派遣社員として応募できる案件はあります。

しかしそれぞれの専門知識や応用できる経験や知識が増えることで、より高い時給の仕事に就くこともできるようになります。

ネットワークエンジニアとしてシスコ認定資格を取得すると、応募できる案件も増えますし、さらに高い時給を得ることも可能になります。

サーバーエンジニアに関しても既存技術の基礎から応用までを習得し、最新のクラウド技術などを持っていると需要があがります。

高い収入を得られるようになるためにも、常に新しい技術を把握しておくことが重要です。

特にAWSのスキルは将来必須になる可能性があります。

派遣エンジニアが取得しておくと役立つ資格や検定については、以下の記事でも詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

モリモリ

正社員として転職するときや、独立を考えるときも資格を持っているとプラスになることが多いですよ。

インフラエンジニアに向いている人

派遣のインフラエンジニアに向いているのは論理的な思考が可能な方ですね。

インフラエンジニアに重要なのは、設計に関しても、トラブル解決にも論理的に考えられなければなりません。

新しい技術や新しい機器に触れる機会が多いため、新しいものが好きな人や、仕組みを理解することを楽しめる好奇心旺盛な方がインフラエンジニアに向いています。

特に派遣のインフラエンジニアは様々なプロジェクトに参加する機会が多いので、正社員よりも新しい技術や機器に触れられるチャンスがあります。

これから派遣エンジニアを目指している方や、以前正社員としてインフラエンジニアの経験をしていた方も、活躍できるチャンスはとてもたくさんありますよ。

インフラエンジニアの派遣求人の探し方

スマホをチェックしている男性

派遣エンジニアとして高収入案件や時給アップを狙うのであれば、派遣会社選びも重要です。

働きながらスキルアップできる案件や、自分の強みを伸ばせる案件を多く抱える派遣会社を選びましょう。

少なくともエンジニア派遣大手のリクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフには、登録しておいて損はありません。

高時給案件や残業無しで働けるプロジェクトなど、あなたの希望に合った求人がきっと見つかります。

大手派遣会社ほどサポート体制も充実しているので、はじめて派遣エンジニアとして働く人ほどおすすめです。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

ただし、派遣求人は日々変動しているため、タイミングによっては希望の求人がすべて募集終了となっていることも。

仕事選びで妥協しないように、あらかじめ2〜3社の派遣会社に登録してくことがコツですよ。

エンジニア求人に特化した派遣会社をうまく活用して、理想の働き方を実現しましょう。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国