キレイに整頓された明るいオフィス

プログラマーやシステムエンジニア、ネットワークエンジニアなど、理系出身でないとITエンジニアになれないと思っている方は多いですね。

エンジニアという言葉自体、理系のイメージが強いのは仕方のないことです。

理系出身の方が多いのは事実ですが、実は文系出身の方もITエンジニアとして多く活躍しています。

そこで今回は、文系出身でもITエンジニアになれる理由について詳しく解説していきます。

文系出身でもITエンジニアとして働ける理由

私服で働く男性2名

結果からお伝えすると、文系出身でもITエンジニアになることは可能です。

プログラミングは理系の知識が必要だと思われている方も多いですが、プログラミングの基礎は文法から始めるため、文系出身者の方が有利だと思える点も少なくありません。

理系か文系かという点よりも、プログラミングに大事なことは論理的思考ができるかどうか。

学生時代にどのような学問を専攻していたかではなく、本人の資質に寄るところが大きいのです。

文系出身者が不利になる点としては、学生時代にプログラミングやエンジニアの基礎となる知識を学習できないため、スタートが遅れてしまうことくらい。

とはいえ社会人になってからでも、必要な知識やスキルを習得していくことでITエンジニアとして活躍することは十分に可能です。

ポイント!

あまり知られていないだけで、文系出身のエンジニアの方は意外と多いんですよ。

未経験からエンジニアになるために必要なこと

キレイなオフィスフロア

ITエンジニアの業界は常に人手不足状態ではあるものの、未経験者を正社員として採用している企業はほとんどありません。

新卒採用であれば経験は問われませんが、中途採用となると話は別です。

新卒の人材であれば育成する前提で採用されますが、社会人経験のある方で実務未経験者を育てようという会社は稀です。

ではどのようにしてITエンジニアを目指せばよいのかというと、必要な知識とスキルを身に着けて、実務経験を積むことが必要です。

まずはITエンジニアとして働く上で求められる知識とスキルを身につける方法についてご説明します。

独学やプログラミングスクールで学ぶ

プログラミングをはじめ、ITエンジニアに必要な知識とスキルを習得する方法は大きく分けると2つです。

  • 書籍やeラーニングを活用して独学で学ぶ
  • プログラミングスクールなどに通って学ぶ

どちらもメリットとデメリットがあるので、それぞれ詳しく解説します。

独学で学ぶメリットとデメリット

独学で学ぶメリットは、技術を習得するまでにかかる費用が安く済むという点に尽きます。

書籍であれば1冊2,000円前後、eラーニングも月額1,000円程度の出費でスキルを身に着けていくことができます。

空き時間や移動中など、自分の好きなタイミングで勉強を進めていけるという点もメリットのひとつですね。

デメリットとしては、わからないが出てきたときに質問できないことや、問題を解決できるまで時間がかかる点にあります。

eラーニングにはチャットで質問できるサービスもありますが、細かいニュアンスを口頭で伝えられないもどかしさがあります。

結果的にプログラミングを習得するまでに長い時間がかかってしまったり、最悪の場合エンジニアになることを諦めてしまう方も少なくありません。

うーん

費用は抑えられるものの、自力で技術を習得するための強い覚悟が求められるといえるでしょう。

スクールで学ぶメリットとデメリット

プログラミングスクールに通って学習するメリットは、スキルを習得するまでの期間が短いところです。

わからないことがあったり、壁にぶつかってしまったときも講師の方に教えてもらうことができるので、スムーズに学習を進めていけます。

また、プログラミングスクールに通っている生徒と知り合いになることで、学習のモチベーションを下げずにスキルを身に着けていけるというメリットもあります。

デメリットとしては独学での学習に比べて、習得までにかかる費用が高くなってしまうことです。

スクールによって差はありますが、3ヶ月で10〜15万円前後の出費は覚悟しておきましょう。

講座のスケジュールもスクール側で決められているため、自分のペースで学べないという点もあります。

費用はかかりますが、ひとりで勉強することが苦手な人にはおすすめです。

ITエンジニアに必要なスキルの勉強方法については、以下の記事でも詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

コチラ

ITエンジニアは常に新しい技術の勉強が必要です。自分に合った学習方法を見つけてくださいね。

派遣エンジニアとして実戦経験を積む

タイピング中の女性の手

独学やプログラミングスクールに通うなどの学習は、エンジニアとして生きて行く限り必要不可欠です。

基本的なスキルや知識を習得できれば、次のステップとしては実務経験を積んでいくことが大切です。

とはいえ先ほどもお伝えしたように、実務未経験者を正社員として採用してくれる企業は稀です。

特に文系出身の方は基礎知識が足らないと判断されがちなので、実績を増やすことがとても重要です。

未経験の状態から実務経験を積みたいなら、派遣エンジニアとして働くことをおすすめします。

派遣エンジニアなら未経験でも応募できる案件があります。

もちろん経験は問われずとも、最低限のスキルは求められるため、まずは技術を身に着けておく必要があります。

いきなりプログラマーやシステムエンジニアとして活躍することは現実的ではないため、ヘルプデスクなどの仕事で少しずつ経験を積んでいきましょう。

派遣会社のコーディネーターと相談しながら仕事を選べることも、派遣社員として働くことのメリットのひとつです。

派遣エンジニアとして実績を積みながら、プライベートの学習を続けていくことでITエンジニアとして着実に成長していくことができます。

モリモリ

経験が豊富になれば、時給3,000円などの高時給案件にも応募できるようになりますよ。

派遣求人を探すなら大手派遣会社

派遣エンジニアとして働くとなると、派遣会社選びも重要です。

経験が浅くても挑戦できる案件や、働きながらスキルアップできる案件など、幅広い求人を抱える派遣会社を選びましょう。

少なくともエンジニア派遣大手のリクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフには、登録しておいて損はありません。

大手派遣会社ほどサポート体制も充実しているので、経験の浅い方ほどおすすめです。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

ただし、派遣求人は日々変動しているため、タイミングによっては希望の求人が募集終了となっていることも。

仕事選びで妥協しないように、あらかじめ2〜3社の派遣会社に登録してくことがコツですよ。

ヤッター

大手派遣会社は求人数が豊富なことに加えて、福利厚生も充実しているのがうれしいですね。

派遣で経験を積んで正社員のITエンジニアへ

スーツ姿の若い女性社会人

文系出身の方も派遣エンジニアとして経験を重ねていけば、正社員のITエンジニアとして活躍することは十分可能です。

スキルさえ身につけてしまえば、文系か理系かどうかを気にする必要はなくなります。

新卒採用であれば専攻や学歴も影響しますが、一度エンジニアの世界に入ってしまえば完全な実力主義です。

派遣エンジニアとして様々なプロジェクトを経験していくことで、大手企業から正社員登用の声がかかることも少なくありません。

実力がついてくれば、派遣エンジニアからフリーランスエンジニアとして独立することもできるでしょう。

文系出身で実務経験のない方は、まずはスキルと知識を習得すること、そして派遣エンジニアとして経験を重ねていきましょう。