派遣社員として働く人の中には、専門的なスキルを身に着けて収入アップにつなげたい、と考えている人も多いですね。

とはいえスキルや知識は、一朝一夕で身につくものでもありません。

たとえばシステムエンジニアやネットワークエンジニアは、数ある派遣求人の中でも高い時給を期待できる仕事ですが、相応のスキルが求められます。

そこで、仕事を通じて専門知識を身につけたい人におすすめしたいのが、ヘルプデスクという仕事です。

ヘルプデスクの仕事はどんなことを任されるのか、どのようなスキルが身につくのか、詳しくご説明します。

ヘルプデスクの仕事内容とは

ヘルプデスクとは、担当している製品やサービスに対してトラブル相談があったときに、マニュアルやデータベースを参照して、トラブルの対処方法をアドバイスする仕事です。

パソコン全般についてのトラブル相談を受ける場合もあれば、特定のソフトに対してのみ回答する場合もありますね。

どのような製品に対する問い合わせ窓口を担当するかは、派遣先によって様々です。

たとえば、会社内で使用しているパソコンが突然動かなくなったとします。

今の時代はパソコンが故障してしまうと、ほとんどの仕事が止まってしまうことになりますよね。

そこで、ヘルプデスクに相談の電話がかかってきます。

電話を受けた担当者は、過去に起きた似たような事例から対処方法を探し出し、的確に回答するのです。

コチラ

サポートセンターやお客様相談窓口など、派遣先によってヘルプデスクの名称も様々ですね。

ヘルプデスクの仕事に専門知識は不要

パソコンにはあまり詳しくないし、専門的な知識がないとダメなんじゃ…と心配される人も多いと思います。

ですが安心してください。

扱う製品やサービスについて、基礎的な内容を事前に教わってから仕事を行うことがほとんど。

全く知らない内容について、いきなり回答を求められることは滅多にありません。

仮にすぐに回答できないことがあっても、マニュアルやデータベースからトラブル対処方法を検索することができます。

製品によって差はありますが、大抵のことは過去に同様のトラブルが起きていて、対処方法がきちんと確立されています。

問い合わせ内容を正確に聞き取ることが大切

ヘルプデスクの業務内容として一番大事なことは、まずは問い合わせ内容を正確に聞き取ることです。

もちろん正しい解答を即答できるのが対応としてはベストです。

問い合わせ内容を正しく把握できていないと、電話を切った後に調べる方法がわからなかったり、派遣先の先輩に相談しても情報が不足していて回答に結びつかないことも。

きちんと聞き取れないことは、回答するヘルプデスクのメンバーと問い合わせ者の両方に迷惑がかかってしまいます。

テヘペロ

マニュアルに書かれていることを、そのまま依頼者へ回答すれば良いので、安心して仕事に望めますよ。

経験を積んでいくことで知識が身につく

知識が身についていく

マニュアルを駆使しても解決できない場合には、折り返し連絡として経験豊富な上司に相談して解決方法を一緒に探してもらうこともできます。

ハードウェアのトラブルであれば、ヘルプデスクの対処内容を超えてしまうため、問題の切り分けを行なった上でシステムエンジニアへ引き継ぎすればいいのです。

いきなりプログラミングを任される、なんてこともありえないので安心してください。

そして経験を積んでいく中で、徐々に専門知識は身についていくものです。

業務に慣れてしまえば対処方法に迷うこともなく、日々の仕事を楽に感じられるようになりますよ。

ヘルプデスクからステップアップできる

また大手企業のヘルプデスクの場合は、ヘルプデスクの中でも問い合わせ内容に応じて担当割を行っている場合もあります。

システムエンジニアやプログラマーを目指している方は、業務に慣れてきたらデータ抽出などの専門的な知識を必要とする担当になれるように積極的に立ち回るとよいでしょう。

ヘルプデスクとしてだけではなく、将来専門的な知識を必要とする職業のステップアップにつながります。

もちろん出来ることが増えることで派遣先を変更する前に、ヘルプデスクとして時給アップのチャンスにもつながります。

ポイント!

業務を始めたばかりのころは、慌ててしまう場面が多いかもしれませんね。でもすぐに慣れていきますよ。

怒っている人の対応が必要なときも

怒っている人の対応が必要なときも

ヘルプデスクの仕事にも、つらいと感じる場面は多々あります。

たとえば、具体的なトラブル対処方法が見つかっていない段階で、同じような問い合わせを大量に受けてしまうときがあります。

同じような質問を1日に何度も受けるのは、なかなか精神的に疲れます。

依頼者の中には怒って電話をかけてくる人もいますが、慌てずに派遣先の上司と相談して、指示を仰ぐことが必要です。

ほかにも、ソフトウェアに関するトラブルは、手順を1つ間違えるだけで本当のエラーを見落としてしまいかねないので、定められた手順を確実に依頼者に行なってもらう必要があります。

ハードウェア側のトラブルと判明して、システムエンジニアに引き継いでも、後から単純なソフトウェアエラーと判明すると厄介なことになることも。

常に落ち着いて、冷静さを保ちながら取り組むことが求められる仕事です。

ヘルプデスクの経験でコミュニケーション力を磨ける

ヘルプデスクの仕事を日々続けていくと、怒っている人を落ち着かせる話し方や怒らせない話し方なども身についてきます。

仕事に慣れていけば、精神的に疲れてくることも減ってきます。

ヘルプデスクに問い合わせをして来る人の多くは、IT関係の知識に苦手意識を持っている人も多いです。

分かりやすく例えて話すことを意識すれば、業務をスムーズに行うためのコミュニケーション力を身につけられます。

ヘルプデスク業務を行うことで身につくコミュニケーション力は、エンジニアはもちろん、さまざまな仕事で役立ちますよ。

ヤレヤレ

ヘルプデスクといえど、すべてに対処できるわけではない、ということは理解しておきましょう。

経験を積めばキャリアアップも期待できる

キャリアアップも期待できる

ヘルプデスクの仕事を続けていると、扱っている製品やソフトウェアについての専門知識が自然と身についていきます。

設計の似ているソフトウェアであれば、同じような対処方法を代用できることも多いですね。

ソフトウェア担当のヘルプデスクであっても、次第にハードウェアに興味関心を持つこともできるでしょう。

そしてハードウェアに興味を持ち始めると、システムエンジニアへステップアップすることも不可能ではなくなってきます。

もちろん業務時間外での自主的な勉強が必要ですが、ヘルプデスクでの経験は大いに役立つことでしょう。

資格取得で活躍の場を広げる

将来役に立つはず、という気持ちだけでは途中で心が折れてしまう方も少なくありません。

そんなときは専門的な知識が求められる派遣エンジニアとして働くうえで役に立つ、以下の資格取得を目標にするのもおすすめです。

  • ITパスポート
  • Oracle
  • シスコ認定試験

Oracleやシスコ認定試験は専門的な知識が必要なエンジニアになる上でも、専門的な知識が必要なエンジニアになった後にも役に立ちますが、取得には相当の勉強が必要です。

その点、ITパスポートであればヘルプデスクの業務で基礎を身につけられていれば、過去問の一夜漬けでも取得することができるでしょう。

エンジニアの世界は実力主義のため、資格取得の重要性はそこまで高いものではありません。

それでも派遣エンジニアとしてより条件の良い求人を紹介してもらったり、ステップアップするためには、資格取得は大きなアドバンテージになります。

資格を取得することで達成感を得られたり、自分に自信が持てるようになることもメリットのひとつです。

そういった意味でも取得難易度の高い資格に徐々にチャレンジすることは、将来の選択肢を広げることにつながるためおすすめです。

派遣エンジニアとして働く上で取得しておくと役立つ資格や検定については、以下の記事でも詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

モリモリ

いずれは専門スキルを身に着けてキャリアアップしたい方にとって、ヘルプデスクの仕事は下積みという意味でもおすすめです。

ヘルプデスクの派遣求人を探すなら

男性コーディネーターと面談

派遣エンジニアとして高収入案件や時給アップを狙うのであれば、派遣会社選びも重要です。

働きながらスキルアップできる案件や、自分の強みを伸ばせる案件を多く抱える派遣会社を選びましょう。

少なくともエンジニア派遣大手のリクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフには、登録しておいて損はありません。

高時給案件や残業無しで働けるプロジェクトなど、あなたの希望に合った求人がきっと見つかります。

大手派遣会社ほどサポート体制も充実しているので、はじめてヘルプデスクの仕事に就く人にもおすすめです。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

ただし、派遣求人は日々変動しているため、タイミングによっては希望の求人がすべて募集終了となっていることも。

仕事選びで妥協しないように、あらかじめ2〜3社の派遣会社に登録しておくことがコツですよ。

エンジニア求人に特化した派遣会社をうまく活用して、理想の働き方を実現しましょう。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国