ジャケパンスタイルで喜んでいる男性

正社員として転職を考えるときや、派遣エンジニアとして好条件の案件で働けるように、資格を取得しておくと有利になることは多いです。

ではフリーランスエンジニアにとって、資格を持っていることはプラスになるのでしょうか。

また、どういった資格を取得すれば仕事をしていく上で有利になるのでしょうか。

今回はフリーランスエンジニアにおすすめの資格について、詳しく解説します。

フリーランスエンジニアに資格は必要か

パソコン作業中の若い男性

大前提として、フリーランスエンジニアは資格を取得する必要があるのかというと、最低限のお金を稼ぐにはそれ程重要ではありません。

フリーランスエンジニアは看護師や弁護士のように資格が必要な職業ではありませんし、無資格で活躍しているエンジニアもたくさんいます。

しかしながら、少しでも多く稼ぎたい方やフリーランスエンジニアとして年収1,000万以上を目指す場合は、資格を取得しておくとプラスになることも多いです。

コチラ

医師や薬剤師などは業務独占資格と言われていて、資格を持っていないと働くことができません。

資格を取得するメリット

フリーランスエンジニアが資格を取得するメリットとしては、仕事の受注率アップにつながることです。

レバテックやランサーズといった案件紹介サービスを使用するときには、資格を取得しておくことが受注のきっかけになることも少なくないのです。

クラウドワークスなどを利用して企業の案件に応募する際、まずメッセージの内容とプロフィールだけで合否を判断されることが多くなります。

案件にマッチした資格を取得していたり、難易度の高い資格を取得しておくと、依頼する企業の目に付きやすいので有利になるのです。

また、案件によっては指定の資格を取得しておかなければ応募できないこともあります。

需要の高い資格を取得しておくだけでも、仕事の受注率に大きく影響を与えます。

仕事の受注率の違いは、フリーランスエンジニアにとってそのまま収入に直結するため、高収入を目指すなら資格取得はメリットが大きいといえます。

テヘペロ

実際に業務に入ってしまえば、資格取得者よりスキルのある方のほうが重宝されがちですね。

フリーランスエンジニアにおすすめの資格

資格を持つことのメリットは理解できたとしても、どのような資格取得を目指せばいいのか迷ってしまう人も多いです。

ここからはフリーランスエンジニアとして働く上で、取得しておくと役立つおすすめの資格をご紹介します。

PHP技術者認定上級試験

デスクでパソコン作業中

フリーランス向けの案件にはWEBの開発案件も多いです。

中でも最近人気のプログラミング言語であるPHPの資格は、応募条件にも指定されていることもあっておすすめです。

初級は資格取得難易度は高くありませんが、上級は現役PHPプログラマーでも試験対策を行っていなければ取得が難しいです。

資格試験の中でも実践的な問題が多く出題されるため、PHPのスキルを磨きたい方にもおすすめです。

出題範囲や参考サイトのURLが公式サイトに掲載されているため、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ポイント!

WordPressでサイトを構築するときも、PHPをマスターしておくと役立つ場面が多くなりますよ。

応用技術者試験(AP)

応用技術者試験(AP)は国家資格であり、取得難易度の高い資格です。

ITエンジニアとしてのレベルアップを図るには、応用情報技術者試験がおすすめです。技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力が身に付き、システム開発、IT基盤構築などの局面で、高いパフォーマンスを発揮することができます。

応用情報技術者試験(AP) – 情報処理推進機構

基本技術者試験(FE)を取得している方はたくさんいますが、応用技術者試験(AP)になると取得者はかなり減ります。

特定の分野で有利になるといった資格ではありませんが、他の応募者と差別化するのに役に立つ資格といえます。

情報処理安全支援士(SC)

世界に広がるネットワーク

情報処理安全支援士(SC)は2017年に新しく作られた国家資格です。

サイバー攻撃の急激な増加により、サイバーセキュリティ対策の重要性が高まる一方、対策を担う実践的な能力を有する人材は不足しています。そこで、サイバーセキュリティに関する実践的な知識・技能を有する人材の育成と確保を目指して、国家資格「情報処理安全確保支援士」制度が創設されました。

情報処理安全確保支援士とは – 情報処理推進機構

セキュリティーに関する資格で実践的な問題も多く出題されるため、スキルアップも含めて勉強することができます。

近年、情報セキュリティーの重要性が高まっており、情報処理安全支援士(SC)を習得しておくことで、情報管理に注力している企業へ応募する際に有利になります。

新しい資格ということもあり、取得者も少ないため目を引きます。

モリモリ

希少性の高い資格を持っていると、それだけで他のエンジニアとの差別化になりますよ。

AWS認定試験

AWS(Amazon Web Services)認定は、日本国内での知名度はまだ低いですが、今後重要度が増していくと考えられている資格です。

AWS 認定は、技術的な専門知識を実証し、キャリアを高め、高いスキルを備えたクラウド専門家を雇用者が見つけるのに役立ちます。

AWS 認定

AWS認定を習得しているエンジニアがまだ少なく、資格保有者を早めに囲い込もうとする企業も増えてきています。

今までサーバー構築はインフラエンジニアの仕事と認識されていましたが、AWSのスキルがあればシステムエンジニアやプログラマーもサーバー構築が可能になります。

AWS関連の案件は今後も増え続けていくことが予想されるため、フリーランスエンジニアとして仕事の幅を広げたいなら取得を目指してみましょう。

難易度は2段階

AWS認定の難易度は2段階に分かれています。

アソシエイトとプロフェッショナルの2種類で、順番に取得する必要があります。

最終的にはプロフェッショナルを目指すことが、エンジニアとして働く上で最大の効果を発揮します。

有効期間は2年

AWS認定には有効期限が設けられており、認定から2年間のみ有効になります。

そのため、認定から2年が経過すると再認定のために試験を受ける必要があります。

ポイント!

AWSのアカウントを開設するだけなら無料なので、時間があるときに触ってみましょう。

簿記3級

意外に思われるかもしれませんが、簿記3級もフリーランスエンジニアにおすすめです。

確定申告などで必要になる知識は、簿記3級の勉強しておくと理解が深まって役立ちます。

簿記2級となると難易度が一気にありますが、簿記3級はそれほど難易度も高くありません。

案件への応募時に役立つ資格ではありませんが、勉強しておくことで節税対策への理解も深まり、結果的に収入アップにつながります。

ダメー!

フリーランスエンジニアにとって節税の知識は大切ですが、脱税は絶対に駄目ですよ。

中小企業診断士

書類をチェックしているスーツ姿の男性

中小企業診断士もエンジニア技術に関する資格ではありませんが、取得しておくことでITコンサルタントなどの案件を得られるきっかけになります。

経営の総合的な知識が求められるため取得難易度はかなり高いです。

中小企業診断士の資格とプログラミングスキルさえあれば、お金に困ることはほとんどなくなると言っても過言ではありません。

企業からの信頼も得やすい資格のため、高額な案件でもスムーズに受注へ進められる可能性が高まります。

将来的なキャリアアップを考えるなら、取得に向けてコツコツと努力を積み重ねてみましょう。

資格取得で案件の受注率アップを

コーヒーを持ちながら歩いている女性

今回はフリーランスエンジニアにおすすめの資格について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

エンジニアとして活躍している方の中には、資格なんて持っていても意味がないと言う方もいます。

実務レベルで見れば、資格の有無よりもスキルや経験が重視されるのは事実です。

しかし仕事の受注率という点で見ると、資格の取得にメリットがないとはいい切れません。

フリーランスエンジニアにとって、資格取得は収入増加につながるともいえます。

より条件の良い案件を獲得するためにも、興味のある分野で資格の取得を目指してみましょう。

人気のフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

オススメ度5.0
特徴業界TOPクラスの高単価
対応エリア首都圏のみ

midworks

オススメ度4.5
特徴社員並みの安定した生活
対応エリア首都圏のみ

ギークスジョブ

オススメ度3.5
特徴取引企業数3,000社
対応エリア主要都市のみ