夜中まで仕事中のエンジニア

フリーランスエンジニアは残業が多いと言う噂を聞いたことはありますか?

将来フリーランスエンジニアになろうと考えている方、にとっては、特に現役エンジニアの方はこれ以上残業が増えるのか非常に気になりますよね。

今回はフリーランスエンジニアの残業が多いのは本当か、それとも嘘なのか詳しく解説していきます。

フリーランスエンジニアの労働時間は契約次第

まずは噂の真相からですが、フリーランスエンジニアの残業は必ずしも多い訳ではありません。

そもそもフリーランスエンジニアは正社員や派遣エンジニアと違って決まった労働時間が必ずある訳ではありません。

もちろん1ヶ月○時間の様な契約を結んでいれば、残業という形になることもあります。

結局のところ案件の種類や契約内容によって残業時間に差があります。

出勤型の案件は残業が多くなりがち

疲れてソファに倒れ込む中年男性

フリーランスエンジニアが契約する案件の中でも、出勤型の案件は残業多い傾向にあります。

出勤型の案件は時間/月で契約を行うことが多いため、出勤先の勤務スケジュールやプロジェクトメンバーの残業に合わせることになりやすいです。

そのため契約している時間よりも労働時間が増え、結果残業が増えていきます。

更にデスマーチ状態のプロジェクトにアサインされている場合は、フリーランスエンジニアは他の正社員や派遣エンジニアより残業が増える可能性が高いです。

理由としては、フリーランスエンジニアの場合良くも悪くも労働組合に所属することはなく、また労働基準法で定められている残業時間について、対象外になります。

労働基準法が適用される正社員や派遣エンジニアは残業ができなくなってしまい、お金だけ支払うだけで自由に残業ができるフリーランスエンジニアに残業の依頼が来ることが多く、結果としてこの流れが残業が多いと噂される理由です。

もちろん契約している時間以上の労働になるため、改めて案件の契約を結ぶことになり、それを受注するかどうかはフリーランスエンジニア本人が選ぶことができます。

最初から残業が発生する可能性があり、残業を含めて受注する場合は契約時に記載するのも方法の1つです。

保守要員募集の案件は比較的残業が少なめ

レストランで食事を楽しむカップル

独立してフリーランスエンジニアになった方の中にも、残業が嫌いない人も少なくありません。

そこで出勤型の案件でも残業が少ない案件は存在します。

出勤型で残業が少ない案件は、保守要員募集の案件です。

プロジェクトメンバーと違って保守要員であれば、トラブルが発生しない限りは残業はほとんど発生しません。

保守要員の案件の中でも特にネットワークエンジニア職種は、24時間体制で保守を行うため、シフト勤務になり残業は更に発生しにいので残業が嫌いな方には非常におすすめです。

在宅型のフリーランスエンジニアは働く時間を自分で決められる
フリーランスエンジニアが取扱う案件の中でも、在宅型の案件であれば、時間ではなく出来高制が基本です。

仕事のタスク管理をしっかりできる方であれば、複数の案件を受注することで時間を気にせずに働き続けることも可能です。

もちろん複数の案件を受注できるだけのスキルや働き続ける体力やメンタルが必要ですが、努力次第で年収1,000万も決して夢ではありません。

契約内容を見直して残業で収入アップを実現

書類をチェックしている男性エンジニア

残業が発生することで、時間が増えるため必然的に収入は増えます。

しかし残業をしても時間単価が増えなければ、睡眠時間や休日を削って仕事をする価値が少ないです。

そこで重要になるのが、契約内容です。

例えば契約時に160〜180時間/月は60万円、180時間を超えた場合は4,400円/時間ごとに追加で報酬が発生する旨を記載するのがおすすめです。

基本報酬となる60万円を平均の170時間で割った1時間単価約3500円を1.25倍にした金額です。

事前に契約内容に記載しておくことで、トラブルになるのを避けられ、収入アップにもなります。

出来高制の案件を複数受注するときの注意点

ショックを受けている若い女性

特にフリーランスエンジニア初心者に多いのですが、ぎりぎりのスケジュールで複数の案件を受注してしまわないように注意が必要です。

順調に仕事を対応できていれば、問題ありませんが、仕事で1つトラブルが発生したり、病気や事故などで仕事ができなくなったときに大きな問題になってしまいます。

ある程度余裕を持って案件を受注することも重要です。

フリーランスエンジニアは残業も自分で要判断

ベランダでコーヒーを飲んでいる中年男性

今回はフリーランスエンジニアの残業事情について、解説してきましたが、いかがでしたか?

残業ばかりという話は真実ではありませんが、働き方をある程度自分で決められるフリーランスエンジニアにとっては、自ら望んで残業ばかりの働き方をすることもできます。

働く時間や働く場所はスキルに影響することも多いため、より自分にあった働き方をしたい方は独立後もスキルを磨くことも重要です。

人気のフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

オススメ度5.0
特徴業界TOPクラスの高単価
対応エリア首都圏のみ

midworks

オススメ度4.5
特徴社員並みの安定した生活
対応エリア首都圏のみ

ギークスジョブ

オススメ度3.5
特徴取引企業数3,000社
対応エリア主要都市のみ