腕を組んでいるエンジニア

これからの時代を生きていく上で英語は必須、といわれることも多いですが、フリーランスエンジニアにとって語学スキルは必要でしょうか。

プログラミング言語などの専門スキルより重要度は下がるものの、英語を身につけることはフリーランスエンジニアにとって大きなメリットがあります。

そこで今回は、フリーランスエンジニアが英語を習得するメリットについて詳しく解説します。

フリーランスエンジニアが英語を習得するメリット

打ち合わせ中の女性たち

フリーランスエンジニアが英語を習得する主なメリットは以下の3点です。

  • ソースの読み書きが早くなる
  • 英語のドキュメントが読める
  • 海外のエンジニアとコミュニケーションが取れる

それぞれ詳しく解説していきます。

ソースの読み書きが早くなる

フリーランスエンジニアとして働いていると、少なからずプログラミング言語に触れる機会は多くなります。

プログラミング言語によって記述ルールに違いはあるものの、どの言語も英単語を使用することがほとんど。

クラスやメソッドなど、プログラマーが自由に名前を付ける関数も英語で記載することが多いです。

英語を習得しておくと、関数名を決めるときにわざわざ言葉の意味を調べる必要もなくなるため、開発効率があがります。

英語が読むことに抵抗がなければ、他人が書いたソースコードの意味を理解しやすくなるというメリットもあります。

コチラ

HTMLやCSSでも、classやlist-styleなど、英語が基準となっていますよね。

英語のドキュメントが読めるようになる

書類をチェックしているスーツ姿の男性

プログラミング言語をはじめ、IT関連のドキュメント原文は英語で書かれているものがほとんどです。

特に新しい技術ほど日本語のドキュメントは用意されておらず、英語のドキュメントを読まなければなりません。

英語を習得していれば、いち早く新しい技術を習得できるチャンスが増えます。

これから需要が伸びるである新しい技術をマスターしておけば、最新技術の求められる案件を好条件で受注することもできるでしょう。

海外のエンジニアとコミュニケーションが取れる

大手企業にもなると、中国や台湾、シンガポールなどに業務を外注していることも少なくありません。

外注先の担当者が日本語を理解できれば苦労しませんが、細かいニュアンスが伝わりづらかったり、何かとストレスが発生します。

海外の外注先とやりとりする上でも、英語は必須スキルとなります。

英語が話せれば、外注先との仕様の打ち合わせで非常に役立ちます。

ビジネスレベルの英語をマスターしておけば、国内外を問わずに案件を探せるようになります。

メールやSkypeを通じて海外の依頼元とやりとりできるようになれば、フリーランスとして受注できる案件の幅も広がります。

ヤッター

ビジネスレベルの英語をマスターしているエンジニアは、開発現場でとても重宝されますよ。

エンジニアにおすすめの英語習得に役立つ勉強法

図書室で調べ物をしている女性

英語の必要性は言わずもがなですが、問題はどのように語学スキルを習得すべきかです。

TOEICの勉強をしたり、英会話スクールに通ってみたり、英語を学ぶためのサービスは世の中に溢れかえっています。

今回は費用をかけず、無料で学習できるサイトをピックアップしてご紹介します。

中学校英語学習サイト

ある程度英語に自信のある方は不要ですが、基礎から学び直したい方には中学校英語学習サイトがおすすめです。

毎日ソースコードは目にしていたとしても、英語の文章に触れていないと中学レベルの基礎すら忘れていることも多いです。

中学校英語学習サイトはすべてのコンテンツが無料で利用できるため、基礎からやり直すのに最適です。

練習問題も準備されているため、まずは自分の実力を測る意味でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ヤレヤレ

社会人になってから、まともに英語の勉強なんてしていない…という方も多いですよね。基礎から見直しましょう。

アルク

リスニングやライティングを鍛えたいならアルクもおすすめです。

アルクは英語の様々な学習ができる総合サイトで、普段から頻繁に利用している人も多いのではないでしょうか。

無料で利用可能なコンテンツが幅広く用意されているため、アルクを利用して英語の基礎を習得してみてはいかがでしょうか。

TOEIC対策講座など、有料プランを活用すればさらに学習スピードが早くなりますよ。

チャットサイト

自宅で楽しそうにパソコンを触る女性

ある程度英語の基礎力が身についている方は、英語のチャットサイトを利用してみましょう。

英語で世間話をするだけのサイトですが、日常会話を学ぶ上で非常に効果的です。

世界のどこかにいる誰かとチャット上でコミュニケーションできるため、自分の英語がどれだけ通じるか、また相手の英語をどれだけ理解できるかを体感できます。

チャットサイトで問題なくコミュニケーションができるようであれば、最低限仕事のやり取りを行える程度の英語が身についていると考えてもよいでしょう。

テヘペロ

咄嗟に英語が出てこないことって多いですが、チャットサイトで練習しておけば少しずつ克服できますよ。

英語を習得して受注できる案件の幅を広げよう

固く握手を交わすエンジニア

フリーランスエンジニアとして働いていくうえで、最も重要なのはエンジニアとしてのスキルと経験です。

英語はさっぱりわからない…という方も少なくありませんが、語学スキルを身につけることで受注できる案件の幅が広がりますし、収入アップにもつながります。

ビジネスレベルの英会話スキルがあれば、エンジニアとしての仕事がゼロになってしまったとしても、食べていくだけのお金は稼げるでしょう。

エンジニアとして必要なスキルをある程度習得した方は、さらなる飛躍を目指して英語の習得に励んでみてはいかがでしょうか。

人気のフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

オススメ度5.0
特徴業界TOPクラスの高単価
対応エリア首都圏のみ

midworks

オススメ度4.5
特徴社員並みの安定した生活
対応エリア首都圏のみ

ギークスジョブ

オススメ度3.5
特徴取引企業数3,000社
対応エリア主要都市のみ