仲の良さそうな親子

派遣エンジニアとして働くことを目指している方にとって、残業の存在は気になるテーマですね。

よく話題になるブラック企業も、システムエンジニアやプログラマーをはじめとしたエンジニア業界に多いのは事実です。

正社員のエンジニアとして働いていると、みなし残業として実質的なサービス残業を強いられている事例も少なくありません。

派遣エンジニアとして働く場合、残業はどうなるのか、サービス残業をさせられることはあるのか、詳しく解説していきます。

派遣エンジニアの残業代は基本的に全額支給

笑顔で仕事中の若い女性

派遣エンジニアとして働く場合、派遣会社と派遣先が契約を結んでいるため、基本的に残業代はすべてきっちりと支給されます。

残業代が全額支給されることは、派遣エンジニアとして働くことの大きなメリットです。

冒頭でもご説明した通り、正社員として働く場合、みなし残業を含めた形での雇用契約がとても多いです。

職種によって差はありますが、繁忙期には徹夜が続いたり、月の残業時間が200時間を超えることも少なくありません。

フリーランスエンジニアとして働く場合も請負契約が基本になるため、労働時間は青天井といっても過言ではありません。

どれだけ働くかは自分自身で管理していくことが求められます。

エンジニアの仕事は設計をはじめ、試行錯誤することも多くなります。

派遣エンジニアなら働いた時間分の時給が支払われますが、フリーランスの場合は無収入で働くことになってしまうこともあります。

ヤレヤレ

派遣も正社員もフリーランスも、それぞれメリットとデメリットがあるので難しいところですね。

派遣エンジニアなら残業ナシの案件も選べる

派遣会社には多くの企業からエンジニア募集の案件が入ってきます。

意外に思われるかもしれませんが、エンジニアの仕事でありながら残業のない案件も多いのです。

特に基本的なスキルを持っている場合、多くの業務内容から残業のない募集案件に応募できるようになります。

残業のない案件には以下のようなものが多いです。

  • ヘルプデスク
  • ネットワークエンジニア
  • システム管理

それぞれの業務内容を簡易ですが、ご紹介していきます。

ヘルプデスク

ヘルプデスク業務は派遣先でシステムの問い合わせに答えたり、ちょっとしたトラブルに対応したり、ベンダーのシステムエンジニアに問い合わせを行うことが主な仕事です。

未経験から応募できる案件も多く、システムの使用方法を熟知する必要はあるものの、残業がほとんどない案件も多いです。

ただし、システムエンジニアやプログラマーの案件と比較すると、時給は低めに設定されていることがほとんどです。

ヘルプデスクの仕事内容については、以下の記事でも詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、設計・構築・運用保守に仕事内容が分かれています。

専門的な知識が必要なエンジニアの中では、技術習得の難易度がプログラマーやシステムエンジニアに比べて低いことが特徴です。

ネットワークエンジニアは24時間のサポートを必要とする役割も多く、シフト勤務になっている職場も少なくありません。

夜勤で働くことはありますが、残業はほとんど発生しないことが多いです。

また、収入面に関しても専門知識が必要とされるため、派遣エンジニアとして働く場合でも安定していると言えます。

ネットワークエンジニアの詳しい仕事内容は、以下の記事を参考にしてみてください。

システム管理

ヘルプデスクと業務内容が似ている部分もありますが、主に派遣先の業務をサポート・管理するのが仕事です。

たとえば、サーバーに異常がないかのチェックを行ったり、ウィルスチェックなどの管理を行います。

ヘルプデスクに比べて、より高度な知識が必要になりますが、未経験の方で応募できる案件もあります。

ヘルプデスクで少し経験を積んでから、ステップアップするための仕事としてシステム管理を選ぶのもよいでしょう。

残業がほとんど発生しない職場も多いので、安心して働けます。

残業が嫌で派遣エンジニアの働き方を選ぶ人も

残業中で疲れている女性

エンジニアの仕事は好きでも労働時間の長さが耐えられなくて、派遣エンジニアとしての働き方を選んでいる人も多いです。

特に女性のエンジニアの場合、結婚や出産をきっかけに働き方を見直す方はとても多くなります。

独身のときに身に着けたスキルと経験を活かして、無理のないペースで派遣エンジニアとして働いている人も少なくありません。

一般的な派遣の仕事より時給も高いことがほとんどですし、クラウドソーシングを活用して在宅で働いている人もいます。

もちろん男性の方でも、労働時間の長さに嫌気がさして派遣エンジニアとして働いている人は多いです。

エンジニアの仕事は必ず残業がある、とイメージされる方も多いですが、派遣エンジニアとして働くなら残業のない案件はたくさんあります。

うーん

正社員でも残業の少ない会社はありますが、中途採用で入社するのは狭き門ですね。

派遣エンジニアで残業との向き合い方を考える

エンジニアの仕事に興味はあるけど、自由な時間がなくなってしまうのは嫌だ…とエンジニアになるのを諦めている方も多いですね。

繰り返しになりますが、派遣エンジニアであれば残業時間をはじめ柔軟な働き方ができるようになります。

エンジニアの仕事は日々勉強が必要ですが、一度体感すると他の仕事ではなかなか味わえない達成感、次々と進歩していく新しい技術を学べることの好奇心など、様々な魅力があります。

まずは残業時間の少ない派遣案件からエンジニアとして働きはじめることで、徐々に自分にあった労働時間の案件にシフトしていくことも可能です。

残業のない案件で経験を積みながら、新たなスキルを磨いたり、仕事に役立つ資格取得に向けて勉強していけば、より単価の高い案件で働けるようになっていきます。

エンジニアとしての将来を考えたときに、残業時間だけがネックになっているのなら、まずは派遣エンジニアとして仕事をはじめてみることをおすすめします。

テヘペロ

中にはたくさん残業してがっつり稼ぎたい!という派遣エンジニアもいますよ。

ITエンジニアの派遣求人を探すなら

説明を受けている若い女性

派遣エンジニアとして高収入案件や時給アップを狙うのであれば、派遣会社選びも重要です。

働きながらスキルアップできる案件や、自分の強みを伸ばせる案件を多く抱える派遣会社を選びましょう。

少なくともエンジニア派遣大手のリクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフには、登録しておいて損はありません。

高時給案件や残業無しで働けるプロジェクトなど、あなたの希望に合った求人がきっと見つかります。

大手派遣会社ほどサポート体制も充実しているので、はじめて派遣エンジニアとして働く人ほどおすすめです。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

ただし、派遣求人は日々変動しているため、タイミングによっては希望の求人がすべて募集終了となっていることも。

仕事選びで妥協しないように、あらかじめ2〜3社の派遣会社に登録してくことがコツですよ。

エンジニア求人に特化した派遣会社をうまく活用して、理想の働き方を実現しましょう。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国