エンジニアの仕事に就くメリットとデメリット

昨今、ITエンジニアの需要は右肩上がりで伸びており、現在は少しでもエンジニアのスキルがある方なら、正社員に限らず柔軟に働き方を選択できる時代です。

そのような中、あえて派遣エンジニアという働き方を選ぶメリットとは何でしょうか。

どのような働き方もメリットとデメリットがある中、派遣エンジニアに向いている人は一体どんな人なのでしょうか。

順を追って詳しく解説していきます。

派遣エンジニアとして働くメリット

派遣社員エンジニアとして働くメリット

正社員より高い報酬を得られることも

派遣エンジニアとして働く最も大きなメリットは、なんと言ってもスキル次第でどこまでも高額な報酬が受け取れるという点でしょう。

日本国内の企業における正社員のエンジニアの年収は高くて800万円ほどと言われています。

これ以上の給与を正社員で目指す場合は管理職となるか、もしくは入社時点から研究職を目指しておくかといった選択が必要となります。

一方、派遣エンジニアの場合、スキルと経験が豊富な方なら年収1,000万円を狙うことも可能です。

正社員エンジニアではどんなに頑張っても手の届かない年収を、派遣エンジニアであれば若いうちから狙うことも可能なのです。

実際に派遣エンジニアの時給相場は2,000円を越えており、時給3,000円以上の案件で活躍しているエンジニアも多いです。

派遣エンジニアの時給相場については、以下の記事でも詳しく解説しているので、よろしければご覧ください。

ヤッター

専門的なスキルと経験が求められる仕事ですが、高い年収を目指せるのは夢があっていいですよね。

自分の判断でまとまった休日が取れる

自由な時間

無期雇用が前提の正社員とは異なり、派遣エンジニアは多くの場合数ヶ月単位で契約更新をすることになります。

半年間必死に働いて1年間生活できるだけの収入を得たら、残りの半年は働かずに自由に過ごすといったことも不可能ではありません。

「仕事は太く短くがっつりと、それ以外の時間は趣味や家族と過ごす時間に充てていきたい!」

そんな風に考えている方にとっては、まさに理想的とも言えるライフスタイルを実現できます。

半年休むというのは少々極端ではあるものの、一つの案件が落ち着いたタイミングで海外旅行を楽しんでいるエンジニアも少なくありません。

正社員として働いていると、なかなかまとまった休みを取りづらいですが、派遣エンジニアなら仕事と休日を自分で決められます。

ポイント!

海外旅行が安くなるオフシーズンに合わせて長期休暇を取ることもできますよ。

常に新しい案件にチャレンジできる

開発現場に入って1年ほど経ってくると、似たような仕事ばかりでマンネリ化してしまい、だんだんとモチベーションが下がってきてしまう、といった方は意外なほど多いです。

仕事へのモチベーション低下は正社員として働いているエンジニアにとって死活問題。

興味のある案件にアサインしてもらえなかったり、異動の願いを聞いてもらえなかったり。

やる気の出ないまま、惰性で仕事を続けている…というエンジニアは少なくありません。

実際に仕事へのマンネリから、転職を考え始めるエンジニアはとても多いのです。

派遣エンジニアであれば、必要な職務さえ果たせばすぐに次の案件を探すことができます。

案件によって求められるスキルや経験は異なりますが、条件さえ満たしていれば自由に案件を選べるのです。

常にフレッシュな気持ちで仕事に挑み、モチベーションを保ち続けることができるのはうれしいですね。

経験を積んで独立することも可能

経営者へのキャリアパスも

派遣エンジニアとして年収が1,000万円を越えたあたりで、クライアントから「もっとエンジニアを紹介してほしい」といった話が自然と集まってくるようになります。

新任のエンジニアを指導したり、エンジニアを紹介したことによる手数料収入を得たりなど、エンジニアとしての業務を越えて、組織をマネジメントする立場としての仕事を任されることも。

派遣エンジニアとして複数の案件で経験を積んでいけば、自ずと人脈も増えていきます。

派遣会社から仕事を紹介してもらわずとも、「うちの案件を手伝って欲しい」「直接契約させてほしい」といった声がかかることも増えていきます。

派遣エンジニアとして働き続けることもひとつですが、フリーランスとして独立したり、会社を立ち上げるという選択肢も選べるようになります。

独立後は自分で仕事を取りに行くことが必要ですが、豊富な人脈があれば困ることは少ないでしょう。

また、今はフリーランスエンジニア向けの案件紹介サイトも豊富です。

派遣会社から業務委託として仕事を紹介してもらえることもあります。

独立して安定的に仕事ができれば、派遣エンジニアよりずっと高収入を実現できますよ。

モリモリ

経営者として独立することは大変なことですが、うまく軌道に乗せられたら更に年収を上げていくこともできますね。

派遣エンジニアとして働くデメリット

派遣社員エンジニアとして働く場合の注意点(デメリット)

実力主義の世界で収入が二極化しやすい

派遣エンジニアの収入は本人のスキルや実績に大きく依存します。

経験豊富で実力のあるエンジニアと、駆け出しのエンジニアでは年収も大きな差が開きます。

実力主義の世界なので、年収の高い方と低い方に二極化しがちです。

経験が浅いうちは研修制度の整った会社で正社員として働き、ある程度スキルが身についてから派遣エンジニアになる方も多いです。

未経験から派遣エンジニアを目指す方は、まずは案件の数をこなしてスキルを身につけることが大切です。

センスのある方なら基本的なスキルは比較的すぐに身につきます。

とにかくいろいろな案件にチャレンジしたり、自主的に勉強することが年収アップへの近道です。

注意!

仕事が休みの日に積極的に勉強したり、常に学ぶことが求められる仕事ですよ。

社会保険や税金は自分で管理が必要

社会保険や年金、税金などは自分で確認

派遣エンジニアの場合、年金や保険、税金の徴収、福利厚生などは派遣元の会社によって対応にバラつきがあります。

派遣会社の細かい条件を把握しておかないと、思わぬところでご自身の人生設計に影響をおよぼす場合があります。

たとえば、派遣元の会社が源泉徴収をしていなければ、自分で確定申告をして税金を支払わなければなりません。

所得税や住民税など、たくさん稼いだ人ほどまとまった出費が発生します。

計画的にお金を使わないと、社会保険や税金の支払いで生活が苦しくなってしまうということも。

また、多くの派遣会社はボーナスや退職金制度がありません。

毎月たくさんのお金が入ってくるからといって、使い過ぎは禁物です。

将来に備えた預貯金は、自分自身で計画してコツコツと積み立てていく必要があります。

ダメー!

時給の高いエンジニアの仕事ですが、無計画に使いこんでしまうと社会保険や税金の支払いで苦しむことになってしまいますよ。

同じ派遣先で働けるのは最長3年まで

2015年の労働者派遣法の改正により、派遣エンジニアは慣れ親しんだ職場であっても3年までしか働けなくなりました。

派遣労働者を、同じ派遣先に派遣できる期間は3年が限度となります。派遣元で無期雇用されているスタッフや、60歳以上のスタッフは例外となります。

派遣労働者個人単位の期間制限 – 厚生労働省

この法改正自体は雇用の安定化をひとつの目的としているため、長期的な安定収入を目指す方にとってはありがたい話です。

しかし、高収入を求めて派遣エンジニアになった方にとっては、ひいきにしているクライアントから3年で離れないといけなくなります。

引き続き同じ職場で働くことを希望するなら、フリーランスエンジニアとして直接契約するか、社員登用を検討するかの選択を迫られます。

常に新しい案件にチャレンジしたいと思っているエンジニアにとっては、最長3年で職場を変えられることが法律で保障されているともいえます。

派遣法の改正はメリットとデメリット表裏一体です

派遣エンジニアに向いている人とは

自宅でスマホを操作している若い女性

派遣エンジニアのメリットとデメリットをご紹介しましたが、では派遣エンジニアに向いている人とはどんな人なのでしょうか。

実際に派遣エンジニアとして活躍している人を参考に、以下にまとめてみました。

  • 正社員で働くことに不満を感じている方
  • いずれフリーランスとして独立したい方
  • 未経験からエンジニアを目指したい方 など

それぞれについて簡単に解説していきます。

正社員で働くことに不満を感じている方

正社員のエンジニアとして働くことに不満を感じている人は多いですね。

興味のない案件ばかりアサインされたり、同じ作業の繰り返しで成長が見込めなかったり。

エンジニアとしてもっと成長したい、興味のあるプロジェクトで頑張りたい!といった理由から派遣エンジニアの働き方を選ぶ方は多いです。

フリーランスとして独立するほどのスキルや勇気はないけど、もっと自由度の高い働き方がしたい!というきっかけで派遣エンジニアになった方もいます。

うーん

年功序列の人事制度でどれだけ頑張っても一定の評価しかされない、給料が上がらないといった声もよく聞かれますね。

いずれフリーランスとして独立したい方

独立に向けた修行期間として、派遣エンジニアの働き方を選択する人もいます。

自分の強みを発揮できる案件を積極的に選んでスキルを磨いたり、各派遣先でエンジニアの人脈を構築したり。

高時給案件でがっつり稼いで、開業資金に充てるという人もいますね。

特に派遣先で実力を認めてもらえれば、独立後に直接契約を打診される可能性は高いので、営業活動の一環として派遣エンジニアで顔を売っておくのは効果的です。

モリモリ

エンジニアの世界は人づてで仕事を紹介されることも多いです。実力のあるエンジニアとは良好な関係を築きたいですね。

未経験からエンジニアを目指したい方

新卒採用であればまだしも、中途採用で未経験の方をエンジニアとして採用している企業は少ないです。

未経験からエンジニアを目指す方にとって、派遣エンジニアは実務経験を積める貴重な場です。

eラーニングなどで基礎的な知識を身に着けて、難易度の高くない案件で実務経験を積んでいけば、生活費を稼ぎながらスキルアップができます。

テストエンジニアやヘルプデスクの仕事も、派遣エンジニアなら多数の求人があるのでおすすめです。

ヤッター

今は便利なeラーニングがたくさんあるので、自宅にいながらエンジニアとしてスキルアップできますよ。

派遣エンジニアの求人を探すなら

会議室でスマホを操作している男性

派遣エンジニアとして働くことが向いているかどうかは人それぞれです。

派遣のメリットとデメリット、どちらも理解した上であなた自身にとってベストな働き方を見つけましょう。

派遣エンジニアとして働いてみたい!ということであれば、まずは大手派遣会社に登録することをおすすめします。

リクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフなど、大手ほど抱えている求人数が多く、スタッフのサポート体制も充実しています。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

派遣求人は日々変動しているため、希望の案件を見つけるためには複数の派遣会社に登録しておくことがポイントです。

スキルと経験があれば高収入も期待できて、自由度の高い働き方もできる派遣エンジニア。

経験を積んでいくことでキャリアアップもできるので、興味のある方はぜひ一歩踏み出してみてください。

あなたにとって理想の働き方を実現できることを願っています。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国