今の時代、世界中すべての業種・業界で情報システムが活用されています。

そのためエンジニアとしてのスキルがあれば、すべての業種に関われるといっても過言ではありません。

しかしどの業界のプロジェクトに就いたとしても、エンジニアとして求められる職務に大きな違いはありません。

今回はエンジニア派遣の中でも人気の高い、システムエンジニアやプログラマーなどの代表的な職種について、それぞれの仕事内容、必要なスキルの違いについてご説明します。

エンジニア派遣で人気のある職種と仕事内容

エンジニア派遣

一言でエンジニアといっても、職種によって学べること、求められるスキルは大きく変わってきます。

エンジニア派遣としての働き方を検討している方は、どの仕事内容に興味があるか、どの職種であれば自分の強みを発揮できるかチェックしてみましょう。

システムエンジニア – 高額報酬の案件が多数

システムエンジニア

システムエンジニア(SE)はクライアントから要件を聞き、設計に落とし込む役割を担います。

要件をシステムとして実装するためには、プログラミングに精通しているだけではなく、クライアント業務知識や、設計方法論(例えばフローチャートやER図など)についても知識を持っている必要があります。

そのため、システムエンジニアはプログラマーの上級職として位置づけられることも多いですね。

近年ではシステム構築を補助するソフトウェア製品が発達してきたため、手作業でプログラミングをするよりも、そういった既成のソフトウェア製品を組み合わせてシステムの大部分を実装してしまおう、という発想が根付いてきました。

その際、どのソフトウェア製品をどう組み合わせるかによって、コストや保守性などに多大な影響を及ぼすため、この選定作業もシステムエンジニアの大切な業務となっています。

職務上、システムエンジニアはプロジェクトリーダーを兼ねることも多いため、募集されている案件には高額な報酬が設定されていることが多数あります。

システムエンジニアの仕事内容については、以下の記事でも詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。

ヤッター

高いレベルのスキルと経験を求められますが、同世代の平均年収をはるかに超える高い報酬も夢じゃないですよ。

プログラマー – エンジニア派遣の花形

まさにエンジニア派遣の花形ともいえるプログラマー職では、その名の通りプログラミングを担当します。

システム開発における設計の重要性が増してからは、システムエンジニア職よりも報酬が低めに設定されることが多くなりました。

しかしながら、近年ではアジャイル開発(クライアントと密にコミュニケーションを取りながら、試行と実装を繰り返す開発手法)が流行してきたこともあり、迅速なプログラミングができるプログラマーが再び脚光を浴びはじめました。

プログラミングはすべてのエンジニア職の基礎が詰まっているので、はじめてエンジニア派遣にチャレンジする方は、まずはプログラマーとして一人前になるところから目指す方も多いでしょう。

プログラミングの楽しさに目覚めた方の中には、ドキュメントが中心業務のシステムエンジニアにはあえてならずに、そのまま趣味と実益を兼ねた楽しいプログラマーを続ける方も多くいらっしゃいます。

プログラマーの仕事内容については、以下の記事でも詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。

コチラ

スキルと経験は豊富でもマネジメントに興味がない、という理由から派遣のプログラマーとして活躍されている方も多いです。

インフラエンジニア – 最新技術の集約

インフラエンジニア

一口にインフラエンジニアと言っても、ネットワークを専門にされている方もいれば、データベースを専門にされている方もいますし、またサーバ構築を専門にされている方もいます。

そしてそれぞれの専門領域ごとに業務内容は分かれているのですが、どのインフラエンジニア職についても共通して言えることは、必ずその分野の最新技術に精通しているということです。

例えばサーバ構築における代表的な最新技術は、クラウドを用いた仮想サーバです。

今は多くの企業が、かつてはデータセンターに置いていた物理的なサーバマシンを、Amazonのクラウド上や自社内で構築したプライベートクラウド上に置き換え、大幅なコスト削減を実現しようとしてます。

こうした企業の重要なIT戦略の実行を担うのも、インフラエンジニアの大きな役割と言えます。

テヘペロ

インフラエンジニアは絶対数が少ないということもあり、エンジニア派遣の中でも時給が高めに設定されていることが多いですよ。

テストエンジニア – ソフト品質の番人

派遣のお仕事相談

ソフトウェアが複雑化するにつれて、テストの重要性はますます増していきました。

エンジニア派遣で仕事に就くと、実にプロジェクト期間の3割から5割がテスト作業であることに驚かされるかと思います。

プロジェクトにおけるテスト作業の比率が高まるにつれ、テストを専門とするテストエンジニアの需要も大幅に高まりました。

システムエンジニアやプログラマーとは異なり、テストエンジニアはプログラミングなどの特殊スキルがなくとも即戦力になれます。

そのためプロジェクトの忙しい時期だけ、テストエンジニアを大量に雇用するクライアントも増えています。

しかしテストエンジニアの仕事の難易度や責任が、システムエンジニアやプログラマーよりも低いということではありません。

精緻にテストをするためには業務要件をしっかり理解する必要がありますし、多人数でチームを組んでテストをする際はチームワークが非常に重要になります。

最終的にシステムがエンドユーザにリリースされたときに、ユーザに満足される品質になっているかどうかは、テストエンジニアの手腕にかかっています。

モリモリ

テストエンジニアとしての実力を認められると、派遣先によってはシステムエンジニアやプログラマーより高い報酬を得られることもありますよ。

エンジニア派遣の活躍できる幅はとても広い

派遣のお仕事相談

以上が、エンジニア派遣で関わることのできる代表的な職種です。

どの仕事に就いても、それぞれのやりがいと楽しさがあるので、ぜひ自分に合っている職種を見つけてみてください。

ちなみに、派遣会社によっては特定業界へのコネクションが強い会社もあります。

エンジニアとして挑戦したいこと、関わりたいプロジェクトが明確に決まっている場合、そういった派遣会社を探してみるのもいいでしょう。

あなたの希望に合った仕事と出会えることを願っています。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国