カフェでパソコンを眺めている若い女性

派遣エンジニアには将来様々な選択肢があります。

派遣先で正社員として登用されることもあれば、派遣エンジニアからフリーランスエンジニアとして独立することもできます。

今回は、実際に派遣エンジニアから独立はできるのか?また独立するのであれば、派遣エンジニアのうちに何をすべきかについて解説します。

将来独立を目指している派遣エンジニアの方や、これから派遣エンジニアとして働く予定の方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

派遣エンジニアで経験を積めば独立も可能

私服で勤務中の若い男性

結論を先にお伝えすると、派遣エンジニアから独立することは可能です。

実のところ、この記事を担当しているライターである私も派遣エンジニアから独立してフリーランスとして、現在収入を得ています。

独立するという意味だけであれば、経験やスキルがなくてもお住まいの地域を管轄する税務署に開業届を提出すれば、その日からフリーランスにになれますが、それでは生計を立てることができませんね。

何よりも様々なスキルを身に着けることが第一です。

フリーランスとして飛躍するためには、エンジニアとしての実績も必要です。

派遣エンジニアとして、様々なプロジェクトの経験を積んでおく必要があります。

他にも、各派遣先で多くの人脈を作ることにより、独立した後に仕事を任せてもらえる可能性もあります。

独立して安定した収入を確保したり、大幅な年収アップをを目指すのであれば、派遣エンジニア時代に独立に向けた努力をする必要があります。

ポイント!

エンジニアの世界は実力主義。独立を目指すなら、それなりの知識とスキルを身に着けておきましょうね。

独立を目指す上で役立つスキルや経験

独立するのに役立つスキルや経験は、エンジニアの中でもメインとする業務によって違いがでてきます。

しかし独立すると最初のうちはまず収入を得ることが大事なので、案件の多い種類のスキルを身に着けておくと役立ちます。

特に以下の経験やスキルがあると、少なくとも独立してすぐに生活に困ることはありません。

  • プログラミング
  • HTML・CSS
  • タスク管理
  • 大手企業のプロジェクト経験

それぞれを詳しく解説していきます。

プログラミング

人脈を生かしてフリーランスとして仕事をする場合も、クラウドソーシングを通じて仕事を請け負う場合にも、プログラミング技術や経験があると受けられる案件の幅が非常に多くなります。

特にネット経由で仕事を請ける場合は、PHPなどのWebアプリケーションのプログラミング言語のスキルがあると、安定して仕事を請け負うことができます。

コチラ

クラウドソーシングを活用して、在宅で仕事をしているフリーランスエンジニアもたくさんいますよ。

HTML・CSS

明るいオフィスで仕事中の女性

HTMLやCSSもフリーランスエンジニアとして活躍する上で重要なスキルになります。

Webデザインの仕事はプログラミング同様に人脈経由で仕事をもらう上でも、クラウドソーシング上でも多くの案件があり、PHPなどの案件を受ける際にも必須となるスキルです。

特にWebサイトの保守・運用案件であれば、毎月安定的に収入が入ってくることになります。

案件としての面白みには欠けるかもしれませんが、フリーランスエンジニアにとって毎月の固定収入というのはとても貴重です。

タスク管理

派遣エンジニアとして現場に行っていれば、進捗報告などを行うときに自然と行えていますが、独立すると複数の案件を一人で管理しないといけません。

独立して一人で案件をこなすのと、プロジェクトにアサインされて業務をこなすのでは様々な違いがあります。

独立に備えてタスク管理ツールの使用に慣れておいたり、プロジェクトのマネージメントの補助などを経験しておくことで、効率のよいスケジュールを立てられるようになります。

ダメー!

請求書の発行や入出金の確認など、重要なタスクが漏れていると大きなトラブルになることもありますよ。

大手企業のプロジェクト経験

独立後に仕事を取ってくるためには、クライアントから信頼を得る必要があります。

派遣エンジニア時代に大手企業のプロジェクトを経験していれば、信頼を得られる要素のひとつになります。

また、大きなプロジェクトの経験はクライアントだけでなく自分の自信にもつながります。

大手企業の案件に強い派遣会社も多いため、独立する前に積極的に経験しておくようにしましょう。

ヤッター

プロジェクトを選べるのは派遣エンジニアのメリット。いくつかの大手企業の開発現場を経験しておきましょう。

フリーランスとして独立前に準備すべきこと

資料を見ながらパソコンを操作する男性

独立してから資本となるのは、自分の体と今まで身に着けたスキルです。

スキルや経験がなければ、そもそも独立してもうまくいきません。

他に準備すべき重要なことは、確定申告など独立後に行わなければいけない手続きの勉強になります。

特に確定申告時に有効な税金対策や制度しっかり事前に学習しておかないと、翌年の税負担が大きくなってしまうことも。

それなりに収入がある場合、節税対策をしっかり行えば、実収入で100万円近くの差がでることもあります。

フリーランスエンジニアには企業年金もないため、若いうちに保険や年金の見直しを行っておくこともおすすめです。

独立すると今まで所属していた企業や派遣会社に任せていた部分を自分で行わなければなりません。

青色申告など独立の手続きを行う前に対応しておかなければならない手続きも多いので、しっかり準備を進めておきましょう。

テヘペロ

毎月数万円の費用はかかりますが、税理士に依頼してしまうという手もありますよ。

メリットとデメリットを理解しておく

派遣エンジニアからフリーランスエンジニアとして独立することは、決して不可能ではありません。

独立することのデメリットもあるため、必ずしも全ての人に独立をおすすめできる訳ではありません。

もちろんデメリットだけではなく、高額収入を目指せたり、柔軟な働き方ができるという大きなメリットもあります。

派遣からフリーランスエンジニアへのキャリアアップを目指す方は、積極的にスキルを磨いていきましょう。

派遣エンジニアとフリーランスエンジニアのメリットとデメリットについては、以下の記事でも詳しく解説しているので、よろしければご覧ください。

独立を目指すエンジニアにおすすめの派遣会社

男性コーディネーターと面談

いずれは派遣エンジニアからフリーランスとして独立したいと考えている方にとっては、派遣会社選びも重要です。

働きながらスキルアップできる案件や、自分の強みを伸ばせる案件を多く抱える派遣会社を選びましょう。

少なくともエンジニア派遣大手のリクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフには、登録しておいて損はありません。

大手企業の案件や最先端の技術を学べるプロジェクトなど、あなたの希望に合った求人がきっと見つかります。

大手派遣会社ほど幅広い案件を保有しているので、いずれ独立を考えている人にこそおすすめです。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

ただし、派遣求人は日々変動しているため、タイミングによっては希望の求人がすべて募集終了となっていることも。

仕事選びで妥協しないように、あらかじめ2〜3社の派遣会社に登録してくことがコツですよ。

エンジニア求人に特化した派遣会社をうまく活用して、独立を実現しましょう。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国