女性にこそおすすめしたい派遣エンジニア

日本のエンジニアの男女比率は男性8割、女性2割程度と、まだまだ女性エンジニアの進出は少ないと言えます。

しかしだからこそ、実はエンジニア派遣は女性にとってのメリットがあふれている職場とも言えます。

このページでは、なぜ派遣エンジニアが女性におすすめの職業なのか、また女性が派遣エンジニアとして働く際は何を意識するとよいか、見ていきたいと思います。

女性が派遣エンジニアに向いている理由

女性こそ派遣エンジニアに向いている

女性にとって派遣エンジニアを選択する最も大きなメリットは、ご自身のライフスタイルに合わせて時間を作れるという点が挙げられるでしょう。

派遣エンジニアは、正社員と比べて結果的に時間の融通がききやすくなります。

大きくはポイントが2つあり、1点目は残業の有無や時短勤務の選択などによる従業時間のコントロールがしやすい点。

2点目は、契約の切り替わりのタイミングでまとまった休みがとりやすいという点が挙げられます。

ワークライフバランスを考えた働き方ができる

ワークライフバランス

たとえば子育て中の方であれば、午前中に子どもを保育園に送ってから出社し、午後16時には退社して子供を迎えに行って夕飯の支度をする、といったことが可能です。

アフターファイブのプライベートの時間を大切にしたい方は、はじめから残業のない職場を選べば、終業後は友達との時間や趣味の時間にあてることができます。

残業無しや時短勤務といった労働条件は正社員でも不可能ではありませんが、認められるかどうかは勤務している会社次第と言えます。

そして万が一会社に認められなかった場合、転職をするしか道がなくなってしまい、その時点でかなりハードルが上がってしまいます。

しかし派遣社員であれば、そういった就労の仕方が可能な職場を自由に探して選択することができるので、正社員より融通が利きやすくなります。

ヤレヤレ

大企業であれば子育てに理解のある会社も多く、正社員として働く道も考えられますが、中小規模の会社だとなかなか難しいですね。

契約期間に合わせて長期休暇も取れる

長期休暇も取れる

また派遣社員であれば、基本的に3か月で契約の更新となりますので、この契約の切り替わりのタイミングに合わせて休みを取れば、柔軟に長期休暇を確保することができます。

ヨーロッパ旅行などの長期の旅行や、実家への帰省、自分のスキルアップのための勉強時間の確保、短期留学の時間すら柔軟に確保することが可能です。

正社員であれば、ほとんどの場合まとまった休みを取るためには、正月やお盆休み、シルバーウィークなどに合わせる必要があるでしょう。

当然そういったタイミングで遠出をしようとすれば、交通費や宿泊費が高くなり、またどこへ行っても混雑してしまいます。

しかし派遣社員であれば、契約の切り替えのタイミングをうまく活用することによって、そういったハイシーズンを避けて長期の旅行などに出かけることができるのです。

ヤッター

ハワイやヨーロッパなど、渡航費が安くなる時期に合わせて旅行に行けるのはうれしいですよね。

スキルが身につけば仕事には困らない

仕事には困らない

一旦スキルがついた方はもう「手に職がある」状態と言えますので、ご自身のライフスタイルに合った職場をかなり柔軟に選ぶことができます。

そういった方であれば、たとえば出産準備などで通勤が難しくなった場合でも、クライアントが許せば、自宅で作業をすることも可能です。

また昨今では企業から個人に直接仕事を発注するクラウドソーシングなどのサービスも普及してきた関係で、スキルさえあればご自身で直接お仕事を見つけて在宅で働くことも可能です。

つまり、ご自身の自由な働き方を実現するには、結局のところスキルを身につけてしまのが手っ取り早いといえるのです。

これから派遣エンジニアを目指す方であれば、「クライアントに求められるスキル」を磨くことを意識するようにしましょう。

モリモリ

エンジニアとして活躍している方の中には、子育てをしながら在宅で仕事を請けている人も少なくありませんよ。

エンジニア派遣を利用する際に意識すべきこと

意識すべきこと

上述の通り、派遣エンジニアは正社員より結果的に時間の融通をつけやすくなりますが、エンジニア派遣の求人のすべての職場・職種に当てはまるというわけではないので注意しましょう。

たとえば、運用業務やネットワーク監視業務、夜間のトラブル対応業務などでは夜勤を求められる場合があります(もちろん夜勤手当は支給されます)。

人の少ない夜中の職場で仕事をするのは誰だって不安ですよね。

そういった方は、夜勤業務などが含まれていないか、受け入れが確定する前に確認するようにしましょう。

うーん

夜のオフィスは人も少ないですし、お手洗いにいくだけでもちょっと怖いですよね…

希望通りの職場で働くには経験とスキルが必要

経験とスキルが必要

また、就労環境が自分に合っている職場を探すためには、狙った職場で受け入れてもらえるように、できる準備をしておくことに越したことはありません。

ある程度経験があり、スキルもある方なら特に問題はありません。

経験が浅く、スキルにも自信がない方の場合、経験を問わず歓迎してくれる職場に派遣先が絞られてしまいます。

経験やスキルの有無は仕方のないことですので、なるべく早く自由な選択肢を得るためのスキルを身につけられるよう、研修制度のある派遣会社へ行くか、同じ派遣会社から来ている先輩の多い職場を意識して選びましょう。

もしくはご自身でプログラミングスクールなどに登録して、一気に体系的に勉強してしまうのもひとつの手です。

ポイント!

エンジニアとして働くことを考えるなら、常に学んでいく姿勢が大切になりますよ。

男性の多い職場を楽しむ心構えで

男性の多い職場を楽しむ

最後に、冒頭の繰り返しとなりますがエンジニア派遣の職場はまだまだ男性が大きな比率を占めており、よくも悪くも「共学になったばかりの元男子校」にいるような環境になりがちです。

女性が多い職場とは違った独特な雰囲気の職場と感じられる方も多いかと思いますが、そういった環境に物怖じせず、むしろその環境を楽しむくらいの心構えでいると良いでしょう。

あなたにとって理想の働き方を見つけられることを願っています。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国