未経験から派遣エンジニアになる

派遣エンジニアになるためには、特別な資格は何も必要ありません。

エンジニア派遣を行っている派遣会社に登録すれば、実務経験がゼロだとしても、すぐに派遣先を探すことができます。

とはいえエンジニアとして働くことに変わりはないのですから、前もって準備できることは早めに進めておくことに越したことはありません。

実務経験がない場合、どのようなスキルを身につけたらよいか、何から始めればいいか迷ってしまうこともあるでしょう。

このページでは、未経験者が早めに身につけるべきスキルは何か、またどうやって身につけるべきかについてご説明します。

プログラミング未経験でパソコンも得意でない場合

ブラインドタッチ

時給の高い派遣エンジニアとして働いてみたいけれど、実はパソコンがあまり得意ではない…という方も少なくありません。

安心してください。

パソコンが得意ではなかった人も、ゼロからスタートして高収入エンジニアになった方はたくさんいらっしゃいます。

パソコンに苦手意識がある方は、まずはITリテラシー(ITと呼ばれるものを見て理解し使用できる能力)を身につけることから始めましょう。

ポイント!

まずは苦手意識を失くすことからです。あきらめずに続けていけば、必ずスキルは身についていきますよ。

パソコンの基本的なアプリケーションの操作に慣れる

パソコン自体が苦手という方は、まずは意識的にパソコンに慣れ親しむところから始めましょう。

パソコンに入っている以下のソフトウェアを開いてみて、それぞれの操作方法をつかんでいきましょう。

  • アウトルック
  • ワード
  • エクセル
  • パワーポイント
  • メモ帳 など

これらのソフトウェアは、派遣エンジニアに限らず、どのような仕事でも多用します。

もしこれらがパソコンに入っていなければ、まずは入っているものだけでよいので実際にさわってみましょう。

モリモリ

ワードやエクセル、パワーポイントはオフィスワーク系の仕事では必須です。基本的な操作は早めにマスターしましょう。

ブラインドタッチの練習をしよう

派遣エンジニアになると、仕事の大部分はパソコンのキーボードを打ち込む作業になります。

ですので早い段階からブラインドタッチができるようになっていると、仕事のスピードが格段に早くなります。

ブラインドタッチの練習は、タイピングソフトを入手して使用すると効率がよいです。

以下のような無料で利用できるタイピング練習サイトもあるので、ぜひ高得点を目指して頑張ってみてください。

インターネットでタイピング練習 イータイピング
https://www.e-typing.ne.jp/

コチラ

タイピングは練習すればするほど早く正確になっていくものです。コツコツ努力を続けていきましょう。

ビジネスマナーを知っておこう

ビジネスマナー

正社員から派遣エンジニアになられた方や、第二新卒の方であれば、基本的なビジネスマナーは理解していると思いますので特に問題はありません。

今までにビジネスマナー研修などを受けたことがない方、正社員としての就業経験がほとんどない方は、仕事を探すことと同時に最低限のビジネスマナーは身につけておきましょう。

ビジネスマナーの勉強は、書店で本を購入して読んでみるか、もしくはインターネット上でもたくさん情報がありますので探してみましょう。

研修制度のある派遣会社に登録しよう

研修制度のある派遣会社

自分で勉強するだけでは不安…という方は、研修制度が充実している派遣会社に登録してみることをおすすめします。

派遣会社によって、どういった研修を受けられるかは様々ですが、基本的なビジネスマナーからエンジニア向けの基礎スキルまで、丁寧に教えてもらえます。

複数の派遣会社に登録して、無料で受けられる研修をいくつか受けてみる、というのも一つです。

注意!

派遣会社によっては、研修の受講が有料になっていることもあります。登録の際によく確認しておきましょうね。

基本的なITリテラシーが身についているなら

ITパスポート

それなりに社会人経験があったり、パソコン操作に苦手意識のない方は、少しハードルをあげて以下のような実践的なトレーニングに挑戦してみましょう。

ITパスポート取得の勉強をしてみる

ITパスポートとは、社会人であればどのような場であっても比較的役立つ内容を盛り込んでいる、IT関連で最も基本的な国家資格です。

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

具体的には、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。

ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできる“IT力”が身につきます。

ITパスポートはどちらかというと「ITを使用する人」目線の資格なので、取得できたからといってエンジニアのスキルが十分に身につくというわけではありません。

しかしITパスポートの勉強をすることで、エンジニアにとっても重要な、情報システムの基礎の部分の理解が深まります。

コチラ

新入社員研修の一環として、ITパスポートの資格取得に取り組んでいる会社もありますね。

プログラミングの学習をしてみる

書店に行くとズラりとプログラミングの本が並んでいるので、まずは一冊買って勉強してみましょう。

色んな言語があるため、どれから勉強すればいいのか悩んでしまう人も多いですね。

プログラミングの世界では、ひとつのプログラミング言語を使用できるようになれば他のものもすぐに使えるようになります。

まずはどのプログラミング言語から学習をスタートしても大丈夫です。

プログラミング独学に挫折したなら

基本的なアプリケーションをさわってみる

プログラミング学習をしてみたけど、挫折した経験をお持ちの方も少なくないと思います。

特にパソコンをあまり触ったことのない方にとっては、書籍だけの独学の場合は、プログラミング言語によっては、開発環境を作成するだけで挫折してしまう方も少なくありません。

プログラミングを書籍で学習している方に多いのが、思うように学習が進まず「自分にはプログラマーは向いていない!」と思うことです。

意外と学習方法を変えるだけで、プログラミングが簡単に習得できるようになることもあります。

プログラミング学習には、書籍以外にも以下のような学習方法があります。

  • eラーニング
  • プログラミングスクール

それぞれの学習方法について、解説をしていきます

eラーニング

eラーニングはインターネットのサイトを利用した学習方法で、プログラミングの学習であれば、以下のサイトがおすすめです。

  • ドットインストール
  • Paizaラーニング
  • Aidemy
  • Progate

それぞれのサイトについて、解説をしていきますがどちらも基本部分は無料で利用できるので、両方試して自分にあったものを選ぶと良いです。

ドットインストール

ドットインストール

ドットインストールはプログラミング言語を学習することができるeラーニングのひとつ。

ドットインストールの特徴は、本と同じテキスト型のeラーニングではなく、動画を視聴しながら学習できること。

1動画約3分で構成されており、空いた時間に視聴することができます。

また学習できるプログラミング言語の種類も多く、基礎になる部分であれば無料で視聴することができます。

月額料金が必要なプレミアム会員登録をすると、応用スキルが学べる動画の視聴が可能になったり、動画を文字起こししてくれたり、ソースコードの閲覧サービスなどが受けられますよ。

新しくプログラミング言語を覚えて応募できる案件を増やしたい方は、是非利用することをおすすめします。

paizaラーニング

paizaラーニング

paizaラーニングも動画を視聴しながら学習することができるサイト

基礎的なスキルは無料で視聴することができ、更に動画を視聴しながらサイト上で実行環境が用意されているので、未経験の方でも気軽に学習をすることができます。

1ヶ月600円〜と費用が手頃なのもうれしいですね。

動画1つの時間が5分未満と短いことも、通勤中なども視聴できるためおすすめです。

動画終了後に問題も出題されるので、基礎がしっかりと身につきます。

eラーニングのサイトは、プログラミングやIT技術がまったくない初心者でも理解しやすいように作成されているので、未経験の方はまずpaizaラーニングを使用することをおすすめします。

また同サイトでプログラミングを使用したゲームなどもあるため、勉強に飽きやすい人にもおすすめです。

Aidemy

Aidemy

Aidemyはpaizaラーニングやドットインストールとは違い、テキストベースのeラーニングです。

受講できるコースも11種類とそれ程多くはありませんが、全て無料で学習できるという大きなメリットがあります。

特に最近需要が高まりつつある、Pythonを無料で学習できるのがおすすめです。

また、paizaラーニングと同様に初心者の方がつまづきがちな環境構築をする必要がありません。

Aidemyのサイト上でソースコードを書いて学習することができるため、初心者の方も安心です。

プレミアムプランでスキルを磨ける

無料で学習できるAidemyですが、本格的にスキルアップを目指すならプレミアムプランもおすすめ。

8週間のマンツーマン特訓を経て、最先端のAIエンジニアを目指すことができますよ。

「機械学習のことは気になってるけど、なかなか一歩を踏み出せない・・・」

「有料プランはさすがに高いんでしょ・・・」

と感じている方は、まずは無料のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

これからの時代、フリーランスで稼いでいくなら機械学習のスキルは必須ですよ。

Progate

Progate

ProgateもAidemyと同様に、動画視聴ではなくテキストベースのeラーニングです。

複数の有名なプログラミング言語学習に対応しており、イラストなどが多用されて初心者でも学習しやすいサービスになっていることが特徴です。

無料会員登録でも15レッスンを学習することができ、月額980円の有料プランでは64レッスンを受講可能。

HTMLなど、WEB開発に必要になる知識は無料会員登録で学習できるものも多いです。

Progateに興味がある方は、まず無料で受講できるレッスンを学習した後に有料プランを検討することをおすすめします。

プログラミングスクール

プログラミングを習得する方法のひとつに、プログラミングスクールに通う方法があります。

数年前からプログラミングスクールの数も増えており、利用がしやすくなっています。

プログラミングスクールのメリットは、現役のプログラマーや元プログラマーが講師を行っていることが多いので、詰まりやすいところやプロならではのアドバイスを受けられること。

他の学習方法に比べて、習得するのに費用がかかってしまいますが、派遣エンジニアとして最初からプログラマーとして活躍したい方にはおすすめですよ。

お住まいの地域にプログラミングスクールがない場合も、ビデオチャットを利用したオンラインのプログラミングスクールも多く存在するため、プログラミングスクールに通うのが厳しい場合も諦める必要はありません。

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp

CodeCampは数あるプログラミングスクールの中でも有名で、とても評判の良いオンラインプログラミングスクールです。

オンライン型のプログラミングスクールはチャットやメールでわからないところを質問をするところも多いですが、CodeCampではビデオチャットを採用。

受講生が学習している画面を講師側にも確認してもらいながら学習できるため、リアルタイムに質問への回答をもらえるという特徴があります。

受講時間も24時まで対応可能となっており、社会人の方も仕事と両立しながら学習を進めていくことができます。

通学型のプログラミングスクールが近所にない、という方にもおすすめですね。

CodeCampの料金体系

受講内容によって複数のコースがありますが、プランとしては1ヶ月約15万円のプランか6ヶ月で約30万円のプランがあります。

基礎からじっくり学びたい方は6ヶ月プランがおすすめです。

既にある程度プログラミングの基礎知識があり、集中して短期間にプログラミングスキルを習得したい方は1ヶ月プランがおすすめです。

基礎知識がない場合、1ヶ月では習得しきれない可能性もあるため、受講前に相談するのがおすすめです。

無料体験も可能なので、興味がある方はまずは無料体験を申し込んでみましょう。

CodeCampの就職・転職サポート

CodeCampには就職・転職をサポートしてもらえるサービスがあります。

実践的なスキルを身に着けて、そのまま仕事探しもサポートしてもらえるのはうれしいですね。

就職が決まった際にはお祝い金として10万円をもらえるという特典もあります。

未経験からエンジニアとして転職したい人には特におすすめです。

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy

TechAcademyはCodeCampと比較されることの多いプログラミングスクールで、CodeCampに負けないくらい人気の高いプログラミングスクールです。

TechAcademyも通学型ではなく、オンラインで受講するプログラミングスクールです。

TechAcademyの料金体系

CodeCampとは受講コースとプランが大きく異なります。

どちらもWEB系開発向けまたはスマホアプリ開発ですが、習得できるスキルにそれぞれ差があります。

各コースのプランは4週間プランで約13万円、8週間プランで約18万円、12週間で約23万円、16週間でプラン約28万円のプランが準備されています。

短期間であれば、他のプログラミングスクールよりも安い金額で受講可能です。

また、学生の方には学割を適用してくれるのもうれしいポイントです。

質問はチャットで行いますが、レスポンスの早さには定評があります。

回数は決まっているものの、ビデオチャットにも対応してくれます。

TechAcademy就職・転職サポート

TechAcademyにも就職・転職サポートがあり、スキルを磨きながら仕事探しもできます。

エンジニアとしてキャリアを築いていきたい方は、積極的に利用しましょう。

TECH BOOST

TECHBOOST

TECH BOOSTは通学型+オンラインで受講できるプログラミングスクールです。

CodeCampやTechAcademyと比べると、習得できるスキルが限定的ですが、その分最新技術にも特化しています。

TECH BOOSTの料金体系

TECH BOOSTで習得できる言語はRubyがメインになっています。

最新技術であるブロックチェーン、AI、IoTについても学習できるのが特徴です。

料金体系としては、3ヶ月コースで約30万円となっています。

1ヶ月あたりの受講料として考えると、比較的安い方ですね。

AIなどの最新技術を学びたい方におすすめのプログラミングスクールです。

TECH BOOST就職・転職サポート

TECH BOOSTには就職や転職のサポートはありません。

習得できるプログラミング言語もRubyが基本となるため、仕事でRubyの使用を前提としている方でなければ、他のプログラミングスクールを検討するのをおすすめします。

実務で役立つスキルを磨くために

自分でサーバを立ててみる

自宅サーバ

書店に行くと、サーバ関連の本もたくさん置いてあります。

実際のところ、インフラエンジニアにならない限りは、仕事でご自分でサーバを立てることは稀かと思います。

しかし派遣エンジニアとして良いプログラミングをするためには、サーバに関する知識は必要不可欠です。

自分でサーバを立ててみることによって、世の中のオンラインシステムがどのような仕組みで動いているのか、理解できるようになります。

ワークショップやフォーラムに参加してみる

フォーラム

プログラミングの勉強をしていると、分からないところを誰かに質問したり、最前線の情報を集めてみたくなってくることもあるでしょう。

そんな時は、エンジニア向けのワークショップ(勉強会)に参加してみることをおすすめします。

同じ嗜好を持った人たちとの輪を広げるチャンスにもなります。

ワークショップは少しハードルが高そう…という方は、フォーラム(インターネット上にある特定トピックに関する掲示板のようなもの)に参加してみましょう。

比較的気軽に、プログラミングなどに関する質問を投げかけることができます。

はじめての現場はプログラミング案件またはテスト案件へ

テスト案件

実際に仕事をスタートするときは、まずはプログラミング案件もしくはテスト案件を選ぶことをおすすめします。

実務未経験であっても比較的仕事に入りやすく、OJT(実際に仕事を進めながら先輩などが仕事の仕方を教えてくれるトレーニング方法)によって、派遣エンジニアとして必要な基本スキルを学ぶこともできます。

同じ派遣会社から来ている先輩がいる職場なら、質問なども気軽にしやすくなるのでなおよしです。

登録先の派遣会社の担当者と相談して、今の自分のレベルでも活躍できる求人を探してもらうのも一つです。

ヤッター

身の丈にあった案件をこなしていきながら、徐々にスキルアップを目指していきましょう。

ここまでくればもう立派なエンジニア

立派なエンジニア

実務未経験から派遣エンジニアとして活躍することを目指す方は、すぐに始められるものから早速着手してみてください。

もちろん今回ご紹介したすべてをこなす必要はありません。

いきなり現場に入ってみても、意外と何とかなったりするものです。

時には派遣先や派遣会社に迷惑をかけてしまうこともあるかもしれませんが…

スキルを身に着けて、損をすることはありません。

あなたにとって理想の働き方を実現できるように、コツコツと努力を続けていきましょう。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国