エンジニア派遣としての働き方に適性がある人

関われるプロジェクトを自由に選べることや、収入の高さ、柔軟に働くことができる点などに魅力を感じて、派遣社員としての働き方に魅力を感じる人は少なくありません。

いざエンジニア派遣に登録して仕事を探そう!と思っても、自分自身が派遣社員として働くことに向いているのか、またその世界でうまくやっていけるのか心配になりますよね。

今回は、すでに派遣社員として働いている方々の事例を交えながら、エンジニア派遣に向いている人、向いていない人がそれぞれどのような人達なのかご紹介していきます。

派遣エンジニアとして活躍できる人の特徴

エンジニア派遣に向いている人

自分のスキルアップを楽しめる人

九州の私立大学の経済学部を卒業したHさんは、上京して派遣エンジニアの道を選びました。

もともと大学時代からアルバイトでWEBサイト制作の手伝いをしていたため、そのときのスキルを生かしながら、まずは大手ソーシャルゲーム会社の仕事につきました。

2年後、驚くべきことにHさんは、すでに年間の報酬額が600万円に届くほどにクライアントから評価されていました。

そしてさらにその3年後には、別のクライアント先で年間報酬800万円をこえるほどの評価を受けるようになっていました。

文系出身のHさんが、どうしてそのような驚異的なスピードでエンジニアとして成長できたのでしょうか。

話を聞いてみると、彼は大学時代のアルバイトでプログラミングを少し学んでから、プログラミング技術を磨くのが楽しくて仕方なかったそうです。

本人としては給料アップのために一生懸命仕事をしていたというより、プログラミングが好きで自由に勉強をしているうちに、気づいたらそのような年収まで上がっていた、ということだったのです。

スキルが報酬に直結するエンジニア派遣であったからこそ、Hさんは自分のスキルアップを楽しみながら、自然に年収を上げることに成功したのです。

ヤッター

好きなことにとことん打ち込めるタイプの人は、エンジニア派遣の道でも活躍できる可能性が高いですよ。

新しいものが好きな人

東京の専門学校を出たAさんは学生自体に学んだ知識をそのまま生かし、大手SIerに就職しました。

新人研修を経てはじめてプロジェクトに参画し、上司の指導のもとクライアント先へ人事系システムを納入した際は、大きな達成感があったそうです。

しかし、それから数か月でAさんは突然会社を退職してしまいました。

その後は中堅のWEBサービス会社に就職し、とあるBtoCサービスの保守担当SEとしてしばらく過ごしましたが、その日々も長く続かず、1年半ほどで退職をしてしまいました。

Aさんの話を聞くと、大手SIerも中堅WEBサービス会社も、どちらも入社当時はやりがいに溢れていたそうです。

しかし一旦プロジェクトを終え、保守運用のフェーズに入ると、熟知したシステムや技術のみを使って仕事をし続けることに退屈さを感じてしまったそうです。

もともと新しいガジェットやサービスが大好きだったAさんはその後、契約単位で仕事を変えることができる、派遣エンジニアの道を選びました。

そして常に新しい案件や新技術にチャレンジし続け、今では正社員時代と比べて2割以上も多い報酬を受け取っています。

ポイント!

関われるプロジェクトを自由に選べることも、派遣社員として働くエンジニアの特権ですね。

自分の力で何かをやり遂げたい人

Iさんのご両親は神戸で自営業を営んでおり、そのご両親を見て育ったIさんもいつか自分の力で会社を経営したいと考えていました。

そんなIさんは大学を卒業して一旦大手メーカーに入社し、3年ほど正社員として勤めて貯金をした後に、個人事業主として独立しました。

そして当時ITバブルで成功していた先人たちの後を追うべく、小さな会員制ITサービス事業をはじめました。

しかし現実は厳しく、会員が集まらないどころかサービスをメンテナンスするコストがかさんでしまい、貯金を取り崩しながら事業と生活の両方を維持しなければならない状況に陥りました。

当然ながらそのような状況が長続きするはずもなく、すぐに事業を閉鎖せざるを得ない状況になりました。

何が失敗の原因だったのか、Iさんは考えました。

ひとつはITサービスの開発や、保守にかかるコストを甘く見ていたこと。

そしてもうひとつは、ITサービスにおける集客方法などの運営ノウハウを十分に持っていなかったということに思いあたりました。

これらの課題を一度に解決するため、Iさんは自分自身が派遣エンジニアになる道を選択しました。

派遣エンジニアであれば、ITサービスを自分自身で開発できるようになるスキルを身につけられます。

また様々なプロジェクトに参画できるため、色々なITサービスの運営ノウハウを学ぶことができると考えたのです。

Iさんはいつかもう一度ご自身で事業を起こすために、現在も派遣エンジニアの仕事を続けています。

また派遣エンジニアであれば税金の支払いや確定申告を自分で行うこともあるため、経営に必須となる経理の基本も副次的に学んでいます。

モリモリ

数ヶ月単位で様々なプロジェクトを経験できたり、人脈を増やせることは、将来独立を考えている人にとってメリットがたくさんありますよ。

派遣エンジニアに向いていない人の特徴

エンジニア派遣に向いていない人

大企業ブランドを求める人

高校を卒業してすぐに派遣エンジニアになったBさんは、4年半ほど働いた後にクライアント先で正規雇用となりました。

もともとBさんは、高校を卒業する時点では別段つきたい仕事もなく、ひとまず比較的収入の多い派遣エンジニアの道を選択しました。

未経験で入ってから数年かけて様々なエンジニアスキルを身につけたものの、大手企業であるクライアントが新聞記事に載っている様などを見ているうちに、いつしか大企業勤めに憧れを抱くようになりました。

実力を認められていたこともあり、当時のクライアントのマネージャーに誘われ、晴れて大企業の正社員として採用されました。

派遣社員としての働き方にこだわりもなかったため、今もBさんは正社員のエンジニアとして活躍をしています。

コチラ

エンジニア派遣は正社員登用のチャンスも多いため、いずれは正社員として働きたい人にもおすすめです。

派遣エンジニアで活躍できるかは人それぞれ

働き方の適正は人それぞれ

以上のように、最初に派遣エンジニアを選んだ方であっても、自分の求めるものが違うと思えば、そこから正社員への道を選択することもできます。

また反対に、正社員としての働き方が合わなかったがために、実力勝負の派遣エンジニアに転向する方もたくさんいます。

あなたは派遣社員として働くことに適性があるでしょうか。

それとも正社員として働くことで強みを発揮できるタイプでしょうか。

自分自身にとって理想の働き方はどういうものなのか、一度じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

あなたらしく仕事ができる働き方と出会えることを願っています。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国