書類を眺めている中年男性

これから派遣エンジニアとして働こうと考えている方や、すでに派遣エンジニアとして経験のある方の多くが気にしている年齢制限。

エンジニアの定年は35歳、という噂を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

この噂が事実であれば、派遣エンジニアを目指している20代後半~30代前半の方は、たった数年でエンジニアとしての人生が終わってしまうことになります。

今回はエンジニアの年齢制限の噂の実態について、詳しく解説をしていきます。

派遣エンジニアに年齢制限はありません

自宅でスマホをチェックしている女性

結論としては、派遣エンジニアに年齢制限はありません。

前提として、エンジニアの世界は年功序列なんて甘いものがありません。

スキルや経験が何よりも重視される実力社会です。

エンジニアはほとんどの現場で人手不足となっており、年齢よりも即戦力として働けることを重視している職場がほとんど。

とはいえ表向きは年齢不問となっている案件でも、派遣会社には「○歳以上はNG」と伝えられている案件も少なくありません。

実質的な年齢制限がされる理由は、大きく分けて以下の2つが考えられます。

  • プロジェクトチームの平均年齢
  • 未経験者の募集

それぞれの理由を詳しく解説していきます。

プロジェクトチームの平均年齢

年齢制限を定めている理由の1つ目は、派遣先のプロジェクトメンバーの年齢です。

エンジニアの平均年齢が若いのは事実で、平均年齢が30代前半のプロジェクトも少なくありません。

現場で指揮するリーダーの年齢が30前後であれば、40代以降は気を使ってしまい指示が出しづらいという事情もあります。

年齢の大きく離れていないメンバーの方がコミュニケーションも取りやすく、仕事が円滑に進みやすいという理由から、派遣会社に年齢制限を伝えている企業はまれにあります。

ヤレヤレ

年齢なんて関係ない!という企業があるのも事実です。どんな人を求めるかは企業によって様々ですね。

未経験者の募集

年齢制限を定めている理由の2つ目は、若い方の成長度の高さが挙げられます。

未経験可の案件は特に、若い方を求めていることが多いですね。

エンジニアの職種によって差はありますが、比較的覚えることの多い仕事です。

年齢が上がるほど、新しい知識やスキルを吸収する早さ、成長のスピードはどうしても鈍化してしまうもの。

30代後半や40代にもなると、仕事に対するプライドやこだわりを持っている方も多くなります。

素直に指示に従わず、プロジェクトの進行が遅れてしまうといったトラブルはよくある話です。

うーん

年相応のスキルや経験を求められるのは、エンジニアの世界に限った話ではありませんね。

エンジニア35歳定年説は都市伝説

東京の町並みとよく晴れた青空

エンジニア35歳定年説はただの都市伝説ですが、噂になる背景にはきちんとした理由もあります。

35歳が定年といわれる代表的な理由は以下の2つが考えられます。

  • エンジニアから管理職になる
  • 体力的な問題

順を追って詳しくご説明します。

エンジニアから管理職になる

これは主に日本のエンジニアに対する評価の低さが影響しています。

知らない方も多いかもしれませんが、欧米をはじめ諸外国と比べて日本のエンジニアの評価は非常に低く考えられています。

正社員のエンジニアが年収を上げるためには、エンジニアから管理職を目指す以外に選択肢がなく、それが30代後半から40代なのが噂の原因のひとつと考えられています。

管理職になると、自分の手を動かすよりもプロジェクトメンバーのマネジメントが主な仕事となります。

エンジニアの仕事が好きだった人からすると、マネジメントはつまらないという声も多く聞かれます。

現場でエンジニアとして働き続けたいから派遣社員として働くことを選んだ、というベテランエンジニアも少なくありません。

体力的な問題

システムエンジニアやプログラマーは、長時間労働も多い仕事です。

繁忙期やリリース時期になると、連日連夜終電間近まで働くというプロジェクトもありますね。

35歳くらいになると体力の低下を感じてきて、別の職種へ転職する人も増えてきます。

子どもが生まれたり、家庭環境の変化から仕事との向き合い方を考え直す人も多くなります。

ワークライフバランスの取れた働き方がしたい、という理由から35歳前後でエンジニアの仕事を離れる人が多いのも理由のひとつです。

コチラ

もちろん残業がほとんどないプロジェクトもありますよ。

派遣エンジニアなら年齢を気にせず働ける

遠くを眺めるスーツ姿の若い男女

先ほどもご説明したように、マネジメントに興味がないという理由から派遣エンジニアとして働いているベテランエンジニアはたくさんいます。

正社員として働いていると、自分の希望通りの働き方ができないことも多いですが、派遣エンジニアなら働き方を柔軟に選択できます。

年齢が上がるほど体力的な面はどうしても問題になりますが、エンジニアとしてスキルアップすることで作業効率を上げることはできます。

派遣エンジニアなら残業を断ることもできますし、徹夜や休日出勤は基本的にありえません。

社会全体としても働き方を見直す動きが主流となってきているため、今後エンジニアひとりの負担は徐々に軽減されていくものと考えられます。

一昔前まで、どれだけ徹夜できるかなどがエンジニアの採用現場で重視されていたのは事実です。

今は専門的なスキルや経験が何よりも重視される時代です。

経験豊富な派遣エンジニアなら、年齢を気にせずに興味のあるプロジェクトを選んで働いていくことができます。

年齢を気にせず働くための注意点

最後に注意すべき点として、年相応のスキルや経験がなければ応募できる案件が減ってしまうのは事実。

派遣エンジニアとして年齢を気にせず働けるのは、日々努力を怠らない方です。

30代後半から未経験でエンジニアを目指せるかというと、正直なところ難易度はかなり高いです。

またエンジニアとしての実務経験があったとしても、40歳を過ぎてヘルプデスク以外の経験がない場合、条件の良い案件には応募できない可能性もあります。

年齢を気にせず好きな仕事で働くためにも、常に自分を磨いていくことを心がけていきましょう。

モリモリ

今はエンジニア向けのeラーニングも豊富なので、必要に応じてうまく活用していきたいですね。

ITエンジニアの派遣求人を探すなら

窓際で固く握手をするビジネスパーソン

派遣エンジニアとして高収入案件や時給アップを狙うのであれば、派遣会社選びも重要です。

働きながらスキルアップできる案件や、自分の強みを伸ばせる案件を多く抱える派遣会社を選びましょう。

少なくともエンジニア派遣大手のリクルートスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフには、登録しておいて損はありません。

高時給案件や残業無しで働けるプロジェクトなど、あなたの希望に合った求人がきっと見つかります。

大手派遣会社ほどサポート体制も充実しているので、はじめて派遣エンジニアとして働く人にもおすすめです。

まだ登録していない方は、早めに申し込んでおきましょう。

ただし、派遣求人は日々変動しているため、タイミングによっては希望の求人がすべて募集終了となっていることも。

仕事選びで妥協しないように、あらかじめ2〜3社の派遣会社に登録してくことがコツですよ。

エンジニア求人に特化した派遣会社をうまく活用して、理想の働き方を実現しましょう。

あなたの仕事探しがうまくいくことを願っています。

エンジニア派遣の登録は安心の大手企業へ

パーソルテクノロジースタッフ

オススメ度5.0
特徴高時給・好条件求人が多い
対応エリア全国

エンジニアガイド

エンジニアガイド
オススメ度4.5
特徴最短2日で就業可能
対応エリア首都圏・近畿

リクルートスタッフィング

オススメ度3.5
特徴業界最大級の豊富な案件
対応エリア全国