電話をしながら遠くを見つめる中年男性

正社員や派遣エンジニアとして働いたことのある方なら、名刺交換をしたことがある方も多いと思います。

正社員や派遣エンジニアの場合は、会社から名刺が支給されます。

しかしフリーランスエンジニアは、自分の名刺は自分で作成する必要があります。

今回はフリーランスエンジニアとしての名刺の必要性についてご紹介します。

フリーランスエンジニアの名刺の必要性

キレイなデスクで仕事中

正社員や派遣エンジニアの場合でも名刺は非常に重要です。

名刺の役割は、どこに所属している誰々という名前を覚えてもらうことに使用するのが基本です。

しかしフリーランスエンジニアとして独立している場合は、営業活動も兼ねているため名刺の重要性は正社員に比べて非常に重要です。

名刺に記載すべき項目

歩きながら打ち合わせ中の男女

名刺は縦書きや横書きなど、企業または個人事業主それぞれに違いがあります。

必ず決まったフォーマットである必要はありませんが、仕事を行う上で記載しておいた方が良い項目もいくつかあります、

名刺に記載する代表的な項目は以下になります。

  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • 屋号

名刺作成する上で、必要なそれぞれの項目について、解説していきます。

氏名

名刺のため、氏名を載せるのは当然ですが、正社員として働く場合は本名を記載しますが、フリーランスエンジニアの場合は通名などの方もいらっしゃいます。

本名の方が信頼感が増すため、特別な理由で本名を記載したくない場合を除いて、本名または通名+本名がおすすめです。

住所

正社員の場合は、会社所在地を名刺に記載しています。

フリーランスエンジニアの場合も同じように記載をしておくと、名刺を受け取った側の信頼感に違いがでてきます。

しかしフリーランスエンジニアの場合は、自宅兼事業所としている方が多いため最終的に記載するかは、個人の判断になります。

連絡先

連絡先には、メールアドレス・電話番号(携帯電話含む)を記載しておくことが大事です。

更にFAXなどがある場合は、FAXも記載しておくことがおすすめです。

意外かもしれませんが、今でもFAXで連絡が送ってこられることはゼロではありません。

屋号

フリーランスエンジニアとして独立して、開業届けを提出することで、屋号を得る事ができます。

名刺にも屋号があることで、相手からの信頼感が違います。

例えば氏名の部分が「前田 太郎」の名刺と「○○システム 前田 太郎」ではどちらが、仕事を依頼する側では後者の方が安心できますよね。

実際は同一人物であれば、個人事業主のため差がないです。

しかし名刺を受け取った側は先入観だけの問題ですが、フリーランスエンジニア側の方からすると仕事を円滑に進められるため屋号を取得している方は記載することがおすすめです。

業務内容

肩書きとして書くこともありますが、名刺には自分の業務内容がわかるようにすることが大事です。

名刺は最初に自分を覚えてもらう役割もありますが、再度仕事の依頼を受けられるようにする役割もあります。

そのとき依頼者側があなたの名前を思い出せないこともあります。

名刺に業務内容がわかる情報があれば、そこから再度依頼を頂くきっかけになることもあります。

簡単に名刺を作成できる主なサービス

笑顔でパソコンを操作している女性

名刺は自宅で作成することもできますが、インクや名刺用紙など色々面倒です。

そんな方におすすめなのが、名刺を作成できるサービスです。

いくつか有名な名刺作成サービスをご紹介します。

プリントパック

プリントパックは名刺を大量印刷してくれるサービスです。

デザインのファイルをサイトにアップすることで、用紙選択・両面印刷・枚数などを指定することができます。

料金も安く、送料などの無料サービスもあるため、非常におすすめです。

ラクスル

ラクスルはプリントパック同様名刺を作成・印刷することができるサービスの1つです。

最安値の料金はわずかですが、プリントパックの方が安いです。

しかしラクスルには無料のテンプレートも豊富で、自分で1からデザインするのが苦手な人には非常におすすめです。

グラフィック

グラフィックも料金などに多少差はありますが、プリントパックやラクスルと同様の名刺作成・印刷が可能なサービスの1つです。

特徴としては10部からの依頼が行えるため、名刺を何パターンか作成して実物を見てから大量印刷を考えたい方におすすめです。

フリーランスエンジニアの名刺は自身を表すもの

ガッチリと握手を交わすエンジニア

今回はフリーランスエンジニアの名刺について、解説してきましたが、いかがでしたか?

企業に属しているときの名刺は、その企業を表し、そこに所属していることを表すものです。

しかしフリーランスエンジニアの場合は、個人事業主としての自分を表すものです。

名刺のデザインを自由にできる分、自分を表せる名刺にでなければいけません。

自分が満足のいく名刺を作成するようにしましょう。

また名刺には肩書きを印字することもできるため、名刺に書くために資格取得を意欲的に行うのもおすすめです。

人気のフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

オススメ度5.0
特徴業界TOPクラスの高単価
対応エリア首都圏のみ

midworks

オススメ度4.5
特徴社員並みの安定した生活
対応エリア首都圏のみ

ギークスジョブ

オススメ度3.5
特徴取引企業数3,000社
対応エリア主要都市のみ