ノートPCを持っている私服の男性

突然ですが、皆さんはフリーランスエンジニアの年収についてご存知ですか?

フリーランスエンジニアは、エンジニアとして働く人の将来の選択肢の1つです。

これからエンジニアを目指す方も、現役のエンジニアの方も一度はフリーランスエンジニアに憧れたことがあるのではないでしょうか。

今回はフリーランスエンジニアの収入について、詳しく解説していきます。

フリーランスエンジニアの年収について

パソコンで作業中の人たち

フリーランスエンジニアの年収や収入についてですが、正社員や派遣エンジニアとは異なり収入の幅が非常に広いです。

平均年収としては約600万円台の方が多いですが、雇用されている訳ではないため、時給や月給などの給与で収入を得られるわけではありません。

基本的に、仕事を仕上げた分だけ収入が貰える出来高制です。

夢や目標を持ってフリーランスエンジニアとして独立しても、準備を怠ったり、独立後の努力を続けなければ、年収が250万円以下になってしまうこともあります。

また、仕事自体を受注することができなければ、収入はゼロになってしまいます。

うーん

フリーランスの働き方は自由度が高い分、すべての責任が自分に降り掛かってきてしまいますね。

フリーランスエンジニアになる前に準備すべきこと

フリーランスエンジニアとして稼げるようになるためには、いくつか準備すべきものがあります。

代表的なものは以下になります。

  • スキル
  • 仕事受注ルート
  • 確定申告・事務

それぞれの項目について、順を追って解説していきます。

スキル

フリーランスエンジニアとして仕事をするためには、多くのスキルがなければ仕事を受注することができません。

フリーランスエンジニアとして活躍できるためにも、独立する前に正社員や派遣エンジニアとしてスキルと実務経験を積むことが重要になります。

注意!

どんなスキルを活かしてフリーランスエンジニアとして働いていくのか、独立前にきちんと考えておくことが大切ですよ。

仕事受注ルート

パソコンの前で打ち合わせ中の男女

フリーランスエンジニアとして独立しても、仕事を受注できるルートがなければ収入を得られません。

在宅を基本とするフリーランスエンジニアを目指すのであれば、クラウドワークスやランサーズと言ったフリーランスエンジニア向けの仕事を受注できるサイトもあります。

今までのエンジニア経験を生かして開発現場で仕事をしたい場合は、独立前に人脈を広げておく必要もあります。

テヘペロ

今はフリーランスエンジニア向けの案件紹介サービも増えてきていますので、うまく活用しましょう。

確定申告・事務

フリーランスエンジニアとして稼いでいくためには、確定申告や事務作業は避けては通ることができません。

企業に所属していれば、収入の報告は所属企業が行ってくれますが、フリーランスエンジニアはすべて自分で行わなければなりません。

確定申告の作業も最初は大変ですが、青色申告など確定申告で税金を抑えることができる勉強をしておくことで、収入に大きく影響がでます。

モリモリ

安定的にお金を稼げるようになってきたら、節税についても少しずつ勉強していきましょうね。

フリーランスエンジニアが収入をアップさせる方法

夜中まで仕事中のエンジニア

フリーランスエンジニアが収入をアップさせるためには、当然のことなら相応の仕事を受注しなければなりません。

しかし仕事を受注するためには、スキルが必要不可欠です。

逆を言ってしまえば、スキルがあれば仕事を受注できる幅が広がり、難しいスキルを求められる仕事であれば報酬も高額になります。

先ほどもご説明した通り、フリーランスエンジニアの収入は出来高制が多いです。

スキルアップすることで時間当たりに対応できる仕事量が増えれば、それが収入アップに直結します。

スキルアップ以外にも業務効率を上げることができるツールなどの情報を把握しておくことでも、収入を上げることができます。

コチラ

収入を上げるためにも、常に新しい技術を学んだり、コツコツ努力を続けていくことが大切です。

年収1,000万円以上を目指すためには

スキルの幅を広げていくことで、仕事数を増やしたり、効率を上げられることを紹介しましたが、年収1,000万円を超えるためには習得するスキルもプログラミング言語など難易度の高いものが必要になります。

また、良くも悪くもフリーランスエンジニアには就業規則や36協定などがないため、1年間休みなしで働くこともできます。

プライベートの時間を優先するか、収入を優先するかは人によって様々ですが、プログラミング技術を習得して、1年間休みなしで働けば年収1,000万を超えることもできるでしょう。

もちろん経験を積んで仕事の効率があがり、仕事を探さなくても依頼が来るようになれば、しっかり休みを取っても年収1,000万を超えられるようになってきます。

フリーランスエンジニアは独立するまでも努力が必要ですが、独立したあとも努力をし続けることで高額収入を得られるようになります。

ヤッター

リスクのある働き方ではありますが、頑張った分収入に反映されるというのは夢があっていいですよね。

年収を上げられるかどうかは自分の努力次第

自宅で作業中のエンジニアの男性

今回はフリーランスエンジニアの収入について、解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

フリーランスエンジニアは自由に仕事が選べるため、休みなども自由に決められる立場です。

エンジニアの仕事が好きな人や嫌いな人でも違いはありますが、正社員や派遣エンジニアよりもしっかりとした自制心がなければサボってしまうこともあります。

フリーランスエンジニアになることを目標にしている方も多いですが、フリーランスエンジニアになってからの方が努力が必要なことも沢山あることは知っておいてください。

努力を続けていけば年収1,000万円を超えることもできるので、年収アップを目指したい方はコツコツ頑張っていきましょう。

人気のフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

オススメ度5.0
特徴業界TOPクラスの高単価
対応エリア首都圏のみ

midworks

オススメ度4.5
特徴社員並みの安定した生活
対応エリア首都圏のみ

ギークスジョブ

オススメ度3.5
特徴取引企業数3,000社
対応エリア主要都市のみ